FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

OSのアップデートとクリーンアップを繰り返す内に、パソコンの設定が開かなくなりました。
修復を諦めてOSをクリーンインストールするとして、そのついでにシステムのデバイスをHDDからSSDに変えてみました。

HDD・SSD
HDD・SSD
通信速度(HDD→SSD)
SSD速度
換装したSSDは KIOXIA 480GB SSD で、HDDの3.5インチベイに装着するためにマウンターを付けています。
TVとPCのHDD及びSDカードも東芝製は問題が起きていなかったので、東芝半導体の後継のKIOXIA製を選びました。
KIOXIA以外だとサンディスク SSD 480GB、及びCrucial SSD 500GB 等が評判がいいようです。

換装方法は30GBのキャッシュ用HDDを引き抜き、500GBの旧OSのHDDをそこに装着しました。
旧OSのHDDの空いた所へ新OS用のSSDを装着すれば、ハードウェアの準備は完了です。

SATAはBIOS上はマスター・スレーブがありますが、OSインストール時は関係ありません。
BIOSのプライマリーマスターにSSDを繋いでPC電源を入れても、旧OSが立ち上がります。

OSをインストールする前にMicrosoftのHPからWindows10のisoをダウンロードし、インストールディスクを作成しておきます。
インストールディスクを光学ドライブに入れて再起動すればインストールが始まるので、後はSSDを指定してインストールします。

一通りインストールが終わると最新版への更新が出ますが、数GB単位のダウンロードになり中々終わりません。
敢えて更新を選ばずに、出勤中や外出中にダウンロードした方がいいかもしれません。

取り合えずHDDからSSDに変えてアクセスの速度を測定したのが左写真です。
連続のシーケンシャルは2倍位にしかなっていませんが、ランダムアクセスは60倍位に跳ね上がっています。
上記の効果か画面が出るまでが90秒→30秒、ディスク使用率10%以下が480秒→60秒に短縮されました。

KIOXIAのSSDアクセスは550MB/Sが公式見解ですが、それはSATAⅢでのベストエフォートです。
マザーボードがSATAⅡなので、上記結果でも十分な結果だと思われます。

クリーンインストールしたので、手動で引っ越ししなくてはなりません。
旧OSの入っているHDDをデータデバイスとして再利用する場合、所有者が旧OSのAdministratorになっているので新OSのAdministratorにする必要があります。
上記の作業をしないと旧HDDに全くアクセスできないので、引っ越しや写真や動画のデータも読み込めません。

メーラーにThunderbirdを使っていた方はProfileデータをコピーすれば簡単に引っ越しできます。
 ①先ず、Thunderbirdを新OSへインストールします。
 ②(旧Cドライブ)\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles にある (8桁の英数字).defaultを、新Cドライブの同等の所へコピーします。
 ③Windowsの検索へ「Thunderbird.exe -p」と入力し、旧OSからコピーした (8桁の英数字).defaultを選択。
 ④Thunderbirdを起動すれば旧メールもフォルダ分けされた状態で起動し、新メールを受信できます。

ブラウザの方はChromeを日常ログインして使用しているならば、インストール後ログインしなおしでブックマークが復活します。
セキュリティーを上げていないならば、ログイン情報も保持されているようです。

不要なソフトや設定ファイルはクリーンインストールで一掃できたので、今の所は起動後も軽快に動いてくれています。
9年半使っているPCですが、Windows10でも32bitなら何とか動くので、もう少し使っていこうかと思います。
毎年お盆休みには北海道に行って夏を満喫するのですが、今年はコロナで外出も儘ならなくなりました。
やる事が無くて暇なので、家のIoT化を更に進める事にしました。

Amazon echo flex
AEF001
ダイソースピーカー
AEF002
時々やっているAmazon echoシリーズのセールですが、今回はFlexが単品2千円で売っていたので購入に至りました。
当初は短いウェイクワードなのでGoogle homeと入れ替える予定でしたが、何か想定と大幅に違っていました。

Google home miniとAmazon echo dotの両方が同じ部屋にあるのでクセは知っていましたが、Amazon echoの方が声の拾いが悪い感じです。
Google homeは「OK Google」の長いウェイクワードなので起動しにくく、その分声を拾いやすくなっている感じです。

スマートスピーカーホルダー自作でecho dot はPCのスピーカーとしても使用しているので、PCの前にいる限りは良く声を拾ってくれます。
echo flex はスマートリモコン連動として使用すると離れた場所に設置となるので、どうしてもウェイクワードの時点で起動せず、大声で叫び直すことになります。

結局居間での使用は困難と判断し、洗面所で音楽を流す機器に変更になりました。
有料会員でなくても、「〇〇の音楽流して」でお勧めのステーションを流してくれるので、BGMとして充分に使えます。

ただこのFlexですが、大昔の携帯ゲーム機の様に音が悪く、音を大きくすると音が割れます。
一方でUSBとAUXの出力端子が付いているので、外部スピーカーが使用することが可能です。

音を改善するためにダイソーへ行って300円のスピーカーを購入し、FlexへUSBとAUXを接続しました。
高価なスピーカーよりは劣りますが、Flex標準のスピーカーよりは大幅に音質が改善されました。

また、スピーカーを置く棚を100円で購入し、スピーカーの向きを風呂場のドア方向へ向けました。
当初はBluetoothスピーカーを浴室内に置くことも考えましたが、上記の設置で入浴中も音楽を聴けるようになりました。

一応設定すればスマートデバイスも操作できるので、出勤前に洗面所から家電の一括OFFも出来ます。
色々ありますが、当面この形で付き合っていこうかと思います。
AUの3G回線が2022年3月末に停波するにあたり、親の携帯電話が最終の更新期間となりました。
停波ギリギリまで粘ってMNPで移ると違約金が1万円位掛かるので、今の更新期間のタイミングで移る事にしました。

K004と903KC
MNP202007
ウチの親はストレス解消に長電話をしているので、ガラケーでの使い放題がベストの状態にあります。
今迄AUの3Gカケホで2420円/月でしたが、4Gになるだけで3278円/月に跳ね上がります。

D・A・Sの三大大手キャリアは、談合状態なので4Gガラホかけ放題はほぼ同額です。
それ以前に大手は儲かるスマホに注力しており、ガラケー(ガラホ)はやる気がないみたいです。
ワイモバイルは通話回線がソフトバンクで通話品質が良く、4Gガラホ使い放題2127円/月なのでワイモバイルに移る事にしました。

格安回線と言えばMVNOもありますが、殆どが3分や5分以内のかけ放題で無制限かけ放題はありません。
それにMVNOはスマホでかけ放題なので、重い端末でかけ放題は長電話がしにくいので選択肢から外れます。

ワイモバイルはソフトバンクの格安ブランドで、大手とMVNOの中間の様な位置づけです。
サポート電話が有料だったり、設定が自前だったりのコスト削減がありますが、その分維持費は安くなっています。
人件費の掛からないオンラインストアの方が店頭より安く、結構な頻度でキャンペーンもやっています。

今回購入したのがDIGNO3(903KC)の端末で、オンラインストアMNP転入で端末代1万円引きになり、事務手数料3千円が無料になります。
ワイモバイルはオンラインストアでSIMのみの契約も出来ますが、スマホSIMプランだけで、ケータイSIMプランは端末同時購入の時だけの様です。

スマホSIMプランで契約するとPayPay1万円分位が貰えたり、60歳以上は追加料金なしでかけ放題のメリットがあります。
しかし、先に書いたようにスマホで長電話はしにくいし、ケータイプラン変更で事務手数料と端末代がまた掛かるので、余計な事は考えずにケータイプランにMNP転入しました。

MNP転入の手順としては以下の通りです。
①AUのmyAUページでMNP番号予約→5~10分位で157からSMSで番号・有効期限が送られてくる。
②ワイモバイルオンラインストアからMNP転入で端末を購入。
③17時までに申し込み完了・書類不備無しで、翌々日に端末・SIMが届く(関東圏内)。
④指定番号に電話をして、開通手続きをすれば1~2時間ほどで切り替え完了。
⑤新端末に新SIMを挿して、電話帳を赤外線でコピーすれば前端末と同等に使える。

注意点は④の開通手続きですが、月を跨いで前契約のかけ放題が1日でも契約状態にあると2420円取られてしまいます。
回避するためには、MNP番号を発行する前に一番安い従量制プラン(プランEシンプル)に翌月から変更にすればいいだけです。
(MNP番号を発行するとプラン変更はできず、MNPキャンセルで変更になります。)

転入先のワイモバイルはかけ放題が日割りなので、特に問題はありません。
かけ放題を付け忘れても、マイページから翌日適用で使い放題にできます。

購入後6日間切り替え作業をユーザー側でやらないと、強制的にワイモバイルの方で切り替えが入ります。
逆に言うと6日間の猶予があるので、その6日間を月末を跨ぐようにし、月末にキャリア切り替えするのもアリです。

長々と書きましたが、また十年位この端末を使い続けると思います。

(2020.7.5 追記)
ワイモバイル回線に変えてから通話音声に無音部分が入ったり、反響音が聞こえてくる様になりました。
ワイモバイルの品質かと思ったのですが、VoLTE(4G)が原因の様です。
端末の設定から3G回線を選択し、3Gで通話する限りはクリアな音声で反響や遅延等が無く通話が出来ています。
ソフトバンクの3Gも2024年迄なので、それまでにVoLTE(4G)の通話が改善することを期待したいものです。
GW中、外出自粛で暇を余していたので自宅のスマート化を進めていました。
手持ちのスマートスピーカーとスマートリモコンの特性が分かってきたので、備忘録として記しておきます。

Google Home デバイス
Google Home 設定2020
Amazon Echoデバイス
Amazon Echo設定2020


ウチの場合は、居間はGoogle Home Mini のスマートスピーカーと、 ORVIBO MagicCube のスマートリモコン。
寝室はGoogle Home MiniとAmzon Echo Dotの2台のスマートスピーカーと、SWE製のSMRUFO01のスマートリモコンをセットで使っています。

スマートスピーカーの特性
・Googole Home Mini
 ◎手持ちの音楽を無料でスピーカーから流す事が出来る。
 〇検索エンジンからの派生なので検索機能が優秀。
 〇操作アプリが直感的で操作しやすい。
・Amazon Echo Dot
 ◎コツはいるがスマート家電を細かく設定することができる。
 〇BluetoothでPCのスピーカーとして使用できる。
 〇スキル使用により色々な拡張機能がある。

スマートリモコンの特性
・ORVIBO MagicCube
 登録した家電:Google homeはコンセント(スマートプラグ)、Amazon Echoはリモコン家電として認識される。
 〇Google Homeのルーティンにデバイスとして認識される。(ON・OFFのみなら充分)
 △細かい設定はシーン登録で可能なものもある。(できないのもある)
 △エアコンはTVで認識させ、OFFは電源、暖房・冷房とそれぞれの必要な温度を適当なボタンで認識させ、シーン登録すれば使用可能。
・SWE SMRUFO01
 登録した家電:Google HomeもAmazon Echoもリモコン家電として認識される。
 〇Amazon Echoでは特に追加設定なく「テレビ 5チャンネル」等で細かい操作が可。(Google Homeは電源のみ)
 △Amazon Echoではテレビとして認識させる事によりPCモニターのON・OFFも可。
  Google HomeはTV・モニター両方ON・OFFされるので、モニターは無所属のグループにする。
 ×三菱電機のTVは認識できない。


まとめると、毎月課金なしで音楽が聴きたいならGoogle Home、スマート家電(スマートホーム)を使いこなしたいならAmazon Echoの方が優れている様です。

スマートリモコンは使いこなせれば便利なのですが、廉価盤の物は大概中国製です。
対応家電は不明瞭なので運否天賦、マニュアルも不親切なので自力で且つ手探りで設定していくしかないようです。
前回のGoogle Home mp3再生&目覚まし時計化で、手持ちのmp3をGoogle Home Mini で再生できるようになりました。
今回は更に作業用BGMスピーカーとして使うために、リスト分けして初めの曲からシャッフルできるようにしました。

プレイリスト
プレイリスト
GoogleHome設定
GoogleHome設定
前回の設定ではPlay musicにアップロードした曲全部がシャッフル再生され、個人個人で聞きたい曲が選択できません。
そこでアップロードした曲をアーティストやジャンル別にプレイリスト分けします。
プレイリストは目次みたいなものなので、1つの曲を2つ3つのプレイリストに登録することが出来ます。

Google homeアプリの音楽設定で、音楽サービスでPlay Musicを選択します。
この選択でPlay Musicのプレイリストが優先的に選択されるようになります。
(音楽が見つからない時は、YouTube Musicのお勧めが再生されます。)

次にルーティンを設定する訳ですが、次の曲を再生ではなくアシスタントが行う動作を選択します。
カスタムコマンドを「〇〇(プレイリスト名)シャッフル」にすると、指定したプレイリストを初曲からシャッフル再生します。

「音楽かけて」のコマンドは親に譲り、一階のスピーカーで気に入った曲をシャッフル再生するように設定しました。
自室のスピーカーは「朝の音楽」でプレイリストを作り、目覚まし代わりの再設定をしています。

上記設定でプレイリストが優先選択になっているので、「〇〇(曲名)かけて」で聴きたい曲を直で指定する事ができます。
しかし前回も記した通りS-JISで作られたタイトルは文字化けするので、曲名指定でも見つかりませんの返答になります。

「△△(プレイリスト名)シャッフル」で、指定プレイリストを初曲からシャッフル再生しますが、これもちょっとクセがあります。
プレイリスト名が橋幸夫・朝の音楽・ミスチルは問題ないのですが、イエモンは相変わらずイエローモンキー(ザ無し)でないと再生しません。
あと90年代の音楽を適当に突っ込んでますが、「90年代シャッフル」でシャッフル再生されるものの、ルーティンのカスタムコマンドは入力しても順再生になります。

スマートプラグでもONはできてもOFFはできない単語とかあるので、うまく動くように自分で単語を変えていくしかないようです。
同じ曲を全てのスピーカーで流したり、スピーカーごとに別の曲を流したりできるので、家事や作業が捗ります。

(2021.2.23 追記)
明日(2021.2.24)を以って、Google play musicはサーバーからデータが消えてしまいます。
Youtube music でプレイリストは再生できませんが、アップロードした曲を1曲のみならピンポイントで再生できるようです。
BGMとしてランダム再生するなら広告付きで再生するか、オーディオプレイヤーをbluetoothで繋いで再生するしかないようです。
ブログパーツ