FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

JRを利用して旅行する際に、えきねっと経由で予約をしていたらポイントが溜まっていました。
有効期限が年度末で切れるので、その前に交換してみる事にしました。

取り敢えず、えきねっとポイントが300ポイント溜まっていたのですが、商品・商品券には最低400ポイント必要です。
しかし、特定のSuicaを所有している人ならば、2ポイントからSuicaポイントに交換できます。
えきねっとポイントが今年度末で失効するとしても、Suicaポイントに変えれば翌年度末まで延命することができます。

実際に交換を試みたのですが、旧お役所仕事体質で繁文縟礼極まりないです。
大まかな流れは
①easyモバイルSuicaインストール
②Suicaポイントクラブ登録
③ポイント交換認証コード発行・登録
④えきねっとポイント→Suicaポイント→Suicaチャージ になります。

まず、チャージするSuicaですが、Suicaポイントクラブに登録できるSuicaでなければなりません。
私は年会費もデポジット料も取られないので、easyモバイルSuicaを選び、スマホにインストールしました。
easyモバイルSuicaはおサイフケータイの機能なので、おサイフケータイの無いiPhone等では使えません。

Suicaポイントクラブに会員登録し、easyモバイルSuicaとの紐付けをします。
しかし、このままではSuicaポイントとしてでしか使えないので、ポイント交換の為の認証コードを発行して貰います。
何故かこれが郵送で来るので、1~2週間程待ってください。

えきねっと
えきねっと
Suicaポイントクラブ
ポイントクラブ
Suicaポイントクラブの会員ページから認証コードを入力すれば、すぐに交換できるようになります。
えきねっとの会員ページからポイントを使うをクリックし、Suicaポイントへの交換を選択します。
上の写真の様に、えきねっと300ポイントがSuica750ポイントに交換されます。

Suicaポイントに交換できれば、TポイントやWAONポイントとも交換できるようになります。
しかし、提携ポイントは交換の際に目減りするので、Suicaチャージを選択することにしました。

Suicaポケット
スイカポケット
モバイルSuica
モバイルスイカ
Suicaチャージを選択すると、モバイルSuicaに登録したメールアドレスへ交換手続きのメールが来ます。
メールのURLをクリックすると、Suicaポケット経由でチャージが完了します。
最終的に、えきねっと300ポイントが750円分の電子マネーになりました。

Suicaにチャージできれば、駅まで行かなくても近所のコンビニで額面分使う事が出来ます。
一度登録すれば、次からは2回の手間でポイントが電子マネーに交換されます。
今迄ならば使う事も儘ならず失効させていただけのポイントも、商品券より使いやすい電子マネーに交換できるので、この点だけは高く評価したいものです。
折角北陸まで来たので、二泊目は金沢へ移動しビジホ泊です。
夜は地元の居酒屋で、地の肴で一献と行きました。

兼六園
兼六園2014
近江町市場
近江町市場
金沢へ来たので、三名園の一つである兼六園を散策。
冬に来ると雪の兼六園でしたが、今年は年末気温が高くなり、雪のない景色となりました。

兼六園と金沢駅の中間位に、金沢最大の市場である近江町市場があります。
正月の買い物で年末は大混雑となり、中央の通りは通勤時間帯の山手線の様になります。(特に大晦日)
地物を使った飲食店も沢山あるので、食事を摂りに足を向ける価値はあります。


今回の(゜Д゜)ウマー
富山ブラック
富山ブラック
ブリしゃぶ
ブリしゃぶ
海鮮丼
山さん寿司海鮮丼
カニずし
かにずし
富山にはご当地のラーメン、富山ブラックがあるので、富山駅前の大喜で小(並)を一杯。
かなりスープが濃いので、ライスと一緒に食べれば良い具合かもしれません。

夜の居酒屋で色々頼みましたが、そのうちの一つにブリしゃぶを戴きました。
旬の寒ブリを適度な調理で食べられたので、酒も進みました。

金沢に来たら、いつも立ち寄る山さん寿司で、今回も海鮮丼を食べて来ました。
芸術点の高い海鮮丼ですが、ネタも寿司に使うものを用いているので、味も上々の一品です。

帰りはまた越後湯沢乗り換えなので、越後湯沢でカニずしを買って、新幹線で夕食です。
曽ては石打駅でも売っていたカニずしですが、北陸新幹線開業で越後湯沢の駅弁も、種類が少なくなるかもしれません。


今回の宿:ホテルエコノ金沢片町
朝食付きで格安であるホテルエコノのグループで、この金沢片町とホテルエコノ金沢アスパーは繁華街の中にあります。
夜呑みに行くには便利な立地で、土日は駅から片町まで100円バスが20~30分おきに出ています。
北陸フリーきっぷを使って、冬の北陸を満喫してきました。
北陸フリーきっぷの良い所は、お盆や年末年始の多客期でも増額無しで使える所です。
去年に比べて100円値上がりしましたが、北陸フリー区間が富山~加賀温泉から、黒部~福井に拡大されました。

能登号
能登号
しらさぎ号
しらさぎ号
今迄、北陸へ向かうのに寝台列車の北陸号を使っていましたが、廃止になったので臨時夜行の能登号を利用しました。
臨時列車になった能登号は、1970年代後半に製造された481系と呼ばれる車輌です。
旧式の車輌なので、余りリクライニングぜす、音も煩く、よく揺れるため慣れていない人は余り眠れません。

右の写真の奥に写っているのが、北陸の特急でメインに使われている683系の車輌です。
車輌が新しいので、皮肉な事に夜行の能登号よりも良く眠れます。
夜行列車自体が廃止の傾向なので、夜行があるだけでも有難いと思った方が良いかも知れません。


富山駅
富山駅
北陸新幹線工区
北陸新幹線工事
北陸新幹線の工区において、一番進捗の悪かった富山駅近辺が大いに工事が進んでいました。
去年は地下連絡道が封鎖されていただけでしたが、今年は旧駅舎の取り壊しが始まり、仮設駅舎で営業していました。

北陸新幹線は、ほぼ北陸線と並行するように作られ、長大トンネル区間を除けばかなり工事が進捗している模様です。
2014年に金沢までの営業開始を予定しているようですが、財政難から新潟県が出資に難色を示しており、予定通りの開業は?のようです。


今回の(゚Д゚)ウマー
浜焼き(能登食祭市場)
浜焼き
海鮮丼(山さん寿司)
海鮮丼
鰤寿司(富山駅)
鰤寿司
フリーきっぷだったので昼食のためだけに七尾まで行き、駅から徒歩10分程の能登食祭市場へ。
七尾湾の冬の味覚と、この時期は七尾湾のカキが(゚Д゚)ウマーな海鮮バーベキューです。

翌日は近江町市場の山さん寿司で、芸術点の高い海鮮丼を食べてきました。
見た目だけでは無く、寿司屋のネタを使った海鮮丼なので、味も(゚Д゚)ウマーでした。

列車の旅行なので、一度は駅弁を食べたいと思い、富山の押し寿司の「ぶりのすし」を賞味。
隣に座っていた友人は酢の匂いがきついと言っていましたが、私は(゚Д゚)ウマーでした。
因みに「ますのすし」は鱒の身で埋め尽くされていますが、「ぶりのすし」は半分が蕪です。
所用があったので初春の宮城県へ行ってきました。
仙台まで往復するのに普通に切符を買うよりも、ウィークエンドパスを使うほうが安くなります。
高速道路休日ETC上限1000円に対抗した切符と思われますが、特急券を購入すれば特急や新幹線も乗れるので、使い方次第ではお得な切符です。


追尾鴎
松島1
松島雄島橋
松島2
フリーパスだったので時間潰しを兼ねて、松島の方へ観光へ。
遊覧船にも乗りましたが、感想は「…」です。
でも、日本三景迄来てとんぼ返りしたくない人の為のサービスならば、良い物なのかもしれません。
此の日遊覧船から見た景色で一番良かったのは、雄島にかかる赤橋でした。

今回の(゚Д゚)ウマー
仙台づけ丼
仙台づけ丼
づけ丼幟
づけ丼幟
山形板そば
山形板そば
今回も地元B級グルメ調査をしてきました。
仙台市は海に近いので、海鮮を乗せた仙台づけ丼がありました。
寿司屋で提供している丼だけあって、具材も良く(゚Д゚)ウマーな丼です。

フリーパスで県境を越えて山形県へ。
山形のB級グルメとして板そばを食べてきました。
ちょっと硬い位の歯応えのある(゚Д゚)ウマーな蕎麦でした。
板そばは山形内陸部の物なので、山形駅近くでなくとも食べられるようです。
北陸に来てずっと晴れていたのですが、最終日は吹雪になりました。
帰りの列車まで時間があったので、吹雪の中、金沢市内を散策しました。

雪舞う兼六園
兼六園
吹雪の金沢市内
金沢中心部

以前に金沢へ行った時は雪に覆われる兼六園でしたが、今回は吹雪の兼六園の画になりました。
尚、兼六園は12/31~1/3迄無料開放されていますが、流石に吹雪では人も疎らでした。

昼前までは断続的な雪で積もる事も無かったのですが、30分も降り続くと写真(右)の様になります。
金沢市内はアーケードや地下道が多いので、うまく通れば吹雪を避けて歩くことが出来ます。

今回の(゚Д゚)ウマー
カニ丼
カニ丼
鱈鍋
鱈鍋
前回海鮮丼を食べた山さん寿司で、今回は冬季限定のカニ丼を食べてきました。
店舗メニューには無く、HP掲載だけなので直接注文します。価格は実際には時価です。(今回は肆阡圓でした)
でも冬に北陸に来たならばカニは食べたいし、(゚Д゚)ウマーな加能蟹を賞味できたので満足です。

二泊目の宿は金沢繁華街中心の片町に宿を取り、近くの居酒屋に飲みに行きました。
最近の旅行スタイルは、一泊は温泉宿に泊まり、もう一泊はビジネスホテルに泊まって地元の酒肴を堪能しています。
冬の北陸はカニだけでなく鱈も美味であり、白子の鍋で地酒を一献傾けるのも良いものです。
ブログパーツ