FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

BlogPet 今日のテーマ 食堂車に乗ったことありますか?
「今日は食堂車の日だそうです。もうほとんど見かけることはありませんが、あなたは食堂車に乗ったことはありますか?」
北斗星の食堂車を利用したことがあります。国内では北海道行きの寝台車しか食堂車は残っていませんね。

下の写真は2007年2月に食堂車を利用したときの写真です。
現在北斗星は1往復になってしまい、食堂車を利用する機会がさらに減りました。

北斗星パブタイム
食堂車01

朝焼けの内浦湾
食堂車02


基本的に食堂車は要予約ですが、北斗星のパブタイム&朝食は予約なしで利用できます。
移動する列車内で、ナイフとフォークが使える食事ができます。

夜は夜景を見ながら、朝は雄大な自然を眺めながらという贅沢な食事です。
GW中にツーリングに出た際に、渋滞・信号待ちでオーバーヒート気味・・・
以前に水温計が振り切ったときはクーリングファンのヒューズが飛びましたが、今回は飛んでいません。
とりあえず、走っている分には水温計が下がるので、都市部を避けたり信号待ちが長くなりそうなときはエンジンを切ったりしながら帰宅しました。

症状から言ってクーリングファンが機能していないと思い、ラジエーターを引き出して配線を調べたらクーリングファンに繋がるケーブルが断線していました。(写真:人差し指部分)
断線
熱で溶けたような感じなので、ケーブルの一部がラジエーターに触れて熱で断線したっぽいです。
下手につないでまた断線するのも怖いので、市内のSBSに預けて修理してもらうことにしました。

スクーターなのでツーリング先でトラブルが起きると、原因究明が困難です。
そして良くこの状態で、1000kmの道のりを走って来られたと思います。

調べたところskywave650のオーバーヒートの原因は
1.ファンのヒューズが飛ぶ。
2.ファンのケーブルカプラが外れている。
3.ファンモーターの故障(寿命)
4.クーリングポンプの故障(寿命)
5.ラジエーターやパイプに穴が開きクーラントが漏れる。
などが多いそうです。(特に1.が多い)

skywave650はラジエーター前のピン二本とネジ二本を外すとラジエーター前のガワが外れ、ラジエーターの六角ネジを外すとラジエーターが扉状に引き出せます。
(オーバーヒート時はヤケドするので冷えるのを待って行ってください。)

skywave650オーナーの方でここにたどり着いた方は、オーバーヒート時の参考にしてください。


(2008.5.25追記)
SBSに預けていたskywave650の修理が完了しました。
故障箇所はケーブルの断線だけでなく、サーモスイッチも壊れていたとの事。
ケーブルはプラグ交換した際にケーブルの取り回しが悪く、ケーブルがファンに接触して断裂したらしいです。
当初、ファンの故障も疑われましたが、ケーブルとサーモスイッチだけだったので1万かかりませんでした。
紀伊半島ツーリングの後、高速乗り継ぎをすれば当日中に自宅まで帰宅できたのですが、
それもつまらないので長野経由で帰宅しました。
途中、南信で日が暮れたので南信ツーリングの際に良く使う「ひるがみの森」で仮眠宿泊しました。

日没の信濃路
平谷村
平谷村で日が暮れ、夕日が川面を赤く照らします。
海に沈む夕日もいいですが、夕映えに染まる山や川もまた素晴らしいものです。

昼神温泉(←公式サイトへ)
昼神温泉
昼神温泉は山に囲まれた、ひなびた静かな温泉街です。
曜日に関係なく毎朝朝市を行っており、地元の野菜などが購入できます。

私はソロツーリング上、1人でも飛び込みで泊まれる「ひるがみの森」を利用しました。
ホテルの一角に仮眠室を併設し、健康ランドのように利用することが出来ます。

ひるがみの森
 住所 長野県下伊那郡阿智村智里567-10
 時間 PM7:00~AM8:00(仮眠宿泊)
 料金 2500円(+700円で朝食付にできます)

(2008.10.20追記)
「ひるがみの森」は仮眠宿泊を終了した模様です。
南信地域で唯一、予約なしで泊まれる施設だっただけに残念です。
GW終盤に差し掛かり、当初は早急に帰宅する予定でしたが、雲ひとつなく晴れていたので伊勢・志摩のツーリングを楽しんできました。

賢島へ向かう中途より英虞湾
志摩
地図で見ても分かるとおり、英虞湾は深く入り組んだ入り江が沢山あります。
海・空の青と島の緑の入り組んだ、いいコントラストの写真が撮れます。

パールロード
パールロード1

鳥羽展望台より
パールロード2

志摩-鳥羽間を移動する際は海沿いのパールロードをオススメします。
交通量が少なく、景色もよく、適度なワインディングもありライダーが楽しめる道です。
パールロードの途中に太平洋が一望できる鳥羽展望台があり(写真右)、伊勢湾フェリーに乗って関東・東海方面へ行かれる方はここでお土産が買えます。


今回の(゚Д゚)ウマー
伊勢うどん&鉄火丼
伊勢うどん
(道の駅伊勢志摩)
マンボウ串焼き
マンボウ
(道の駅紀伊長島マンボウ)

伊勢うどんはつゆが濃い目の少なめで、鰹節が乗っています。
マンボウは前日に食べたものですが、プリプリした鶏肉みたいな食感です。
マンボウって食べられる事を初めて知りました。
(゚Д゚)ウマー
紀伊半島で有名な温泉と言えば、日本三古泉のひとつ白浜温泉です。
せっかくなので変わった温泉に入りたいと思い、海の前にある崎の湯へ行ってきました。

崎の湯入り口
崎の湯01

男湯
崎の湯02

海が目の前と言うよりも、磯に温泉があるというほうが正鵠を射た表現です。
男湯の方はかなりオープンになっており、高波や満潮時は湯船の一方が海に埋まるそうです。
湯船は二つに分かれており、海の近くはぬる湯で海を見ながら長く入っていられて、もう一方は熱めの湯になっています。

白浜温泉入浴により、ドリフターズ「いい湯だな」全入浴完了。
旅行&温泉が趣味の方は、四湯(登別・草津・白浜・別府)巡りもいかがでしょうか。


今回の(゚Д゚)ウマー
海鮮丼
道の駅志原海岸(白浜町)の食堂では、海を見ながら地魚料理が食べられます。
上は地魚海鮮丼で量もあって(゚Д゚)ウマーでした。


白浜温泉 崎の湯(詳細はHPへ)
 住所 和歌山県西牟婁郡白浜町湯崎1668
 時間 8:00~17:00(時期により変動,水曜休)
 料金 300円
福井県越前海岸から、本州最南端潮岬まで紀伊半島縦断ツーリングを行いました。
高速に敦賀~八日市間乗りましたが、後はR369・370・169の道なりで約12時間(約500km)です。

朝霞みの越前海岸
越前海岸
朝に越前海岸を通ると山の陰になるので、どうしても暗い画像になります。
でも、朝霞みに煙る奇岩と遠景の風景が見られます。

国道169号線
川上村
川上村(吉野川)

新宮(熊野川町)
新宮市(熊野川町 北山川)
国道169号線沿いはダムの付け替え道路で走りやすいところが多い一方で(写真左)、付け替え道路がないところは両側で1車線の狭小な道が続いています。
でも、バイクには狭小な道でもあまり関係なく、むしろ自然が多く交通量も少ないので楽しみながら走ることが出来ます。(写真右)

潮岬に着くころには日が暮れてしまいました。
とりあえず薄明かりの中、テントを張り串本中心部へ行き、その帰りに高台から串本の夜景を見ました。
串本夜景
町の広さの割りに光量が少ないので、デジカメではあまりうまく取れませんでした。
やわらかい夜景が夜の闇に浮かび上がるのも、また一興です。
GWの後半の連休が始まったのでツーリングへ出てきました。
天気予報で南より北のほうが天気が良かったので、夕日を見に福井まで直行。
茨城と福井は緯度が同じくらいなので、真西に向かうと越前海岸に出られます。

雪の残る乗鞍岳
乗鞍岳
当初、安房トンネルを通る予定でしたが、野麦峠経由に変更。
野麦峠は交通量が少なく、GWの時期だと雪の残る乗鞍岳が見られます。

越前海岸での夕日
夕日001
越前海岸到着は日没間際でした。

夕日002

越前海岸の岩場をシルエットに、静かに暮れていく日本海を撮りました。
水平線上は霞んでいたので、完全な日没は見られませんでしたが、今回も綺麗な光の道が海の上に現れました。

今回の(゚Д゚)ウマー
奈川そば
ざるそば(旧奈川村)

越前蟹
越前蟹定食(福井市)
ツーリングの間は地産地消を心掛けているので、とりあえず地元のものを。
厳密に言うとどちらも旬はズレていますが、ツーリングしながら地元産物の看板が何回も出てくると、ついつい食べたくなってしまいます。
ブログパーツ