FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

天気も良かったので霞ヶ浦湖畔を回った後、鉾田駅跡地へ。
偶々行ったこの日も、嘗ての鹿島鉄道の車両がアイドリング運転されていました。


キハ601とKR-505
KR505
圧力計
キハ601計器
鉾田駅保存会が動態保存で残している2両の車両ですが、鉾田市のほっとパーク鉾田へ移設することになったそうです。
来年1月末で鉾田駅跡地の貸借期限も切れるそうなので、鉾田駅も常陸小川駅や玉造町駅の様に更地になると思われます。
車両はこれから先も維持されるようですが、旧鉾田駅のホームに佇む列車の風景は近日中に見納めになりそうです。


今回の(゚Д゚)ウマー
和風カツ重
霞ヶ浦湖畔にある道の駅たまつくりで、和風カツ重を食べてきました。
和風ダレを好みの量落として食べる(゚Д゚)ウマーなカツ重でした。
カツ以外にも、行方丼と称する鯉や川えびの丼もありますが、平日限定のあるので御注意ください。
ツーリングの復路は、伊那からビーナスラインを縦断しました。
高速道路上限1000円のせいで、上信越道は碓井軽井沢ICから関越道嵐山IC迄渋滞してました。


権兵衛峠からの眺望
権兵衛峠
国道361号線
国道361号線2
往路に権兵衛トンネルを使ったので、復路は旧道を使おうと思ったのですが、峠を越えた伊那市側が通行止めでした。
塩尻市側からは権兵衛峠までアクセスする事が出来、峠からは伊那市内を一望できます。
写真(右)は前回記事の、国道361号線を逆方向の伊那市側へ撮ったものです。
直線道路の先に、南アルプスをバックにした伊那の街を望む事ができます。


霧ヶ峰
霧ヶ峰
ビーナスライン
ビーナスライン
ビーナスラインの途中、霧ヶ峰で休憩を取りましたが、いい具合に芒が高原一帯に広がっていました。
この芒を見てもらえば分かると思いますが、秋も半ばなるとビーナスラインはかなり寒くなります。
でも、秋の柔らかい日差しに照らされるワインディングを快走できるので、秋のビーナスラインは愉しいものです。


今回の(゚Д゚)ウマー
高遠蕎麦
高遠蕎麦
佐野ラーメン
佐野ラーメン
昨日引き続き、昼食は蕎麦、夕食はラーメンになりました。
高遠には馬肉目的で来たのですが、目的店舗休業だったので、地元名産の蕎麦に変えました。
高遠蕎麦は大根のおろし汁に焼き味噌を溶いて食べる蕎麦です。
食後は普通の蕎麦同様蕎麦湯も出て、(゚Д゚)ウマーな蕎麦でした。

夕食に佐野でラーメンを・・・と思ったのですが、夜になると佐野の著名なラーメン店は悉く閉店していました。
でも、個人経営の小規模な店舗なら遅くまでやっていましたので、そこで一杯。
縮れ麺が(゚Д゚)ウマーなラーメンでした。なお、佐野はラーメン以外にも、いもフライも地元グルメのようです。
丁度100回目の記事となった木曾・飛騨のツーリングレポートです。
毎年毎年新そばの時期は、長野へ行って新そばを食べてきてます。
去年は戸隠へ行きましたが、今年は2年ぶりに開田高原へ行ってきました。

姨捨SAからの眺望
姨捨SA
国道361号線
国道361号線
高速道路上限1000円なので、桐生太田IC→伊那ICを高速で移動しました。
途中長野道の姨捨SAからは、眼下に千曲市の街が一望できます。

伊那ICを降りたら、国道361号線の権兵衛トンネル経由で開田高原を目指します。
木曽路には高速道路が無く、高速道路のある伊那から開田高原へ向かうには狭隘路連続の峠越えが必要でした。
権兵衛トンネルのおかげで、昼過ぎには開田高原にアクセスできるようになり、また、トンネルの前後も改善され走り易くなっています。


濁河温泉(市営露天風呂)
濁河温泉
御岳山麓
鈴蘭スカイライン
開田高原で蕎麦を食したら、次は温泉へ行きます。
開田高原から高山へ向かうルートをちょっと変えて、秘湯と言われる濁河温泉へ行ってきました。
秘湯行っても温泉まで舗装はされているし、温泉街も形成されているので、そんなに敷居の高い秘湯ではないです。
ただ、比較的大きい街がある木曽福島駅もしくは飛騨小坂駅から、写真(右)のような山中の狭隘路を1時間以上走らなくてはなりません。
でも温泉に着けば、開放感溢れる市営の露天風呂があり、また、周りに何も無い山中なので、夜は星が良く見える温泉のようです。


今回の(゚Д゚)ウマー
開田そば
開田そば
宝ラーメン
宝ラーメン
飛騨牛スジ煮
飛騨牛スジ煮
今回のツーリング目的である、開田高原の新そばです。
開田高原は蕎麦で有名なので、民宿や旅館でもそばを提供しています。
今迄適当に開田高原の蕎麦屋に入っていましたが、今回は著名な霧しなで食べました。
やっぱり新蕎麦は香りが立って(゚Д゚)ウマーでした。

夕食は平湯温泉街にある、奥飛騨宝ラーメンでラーメンを食べて来ました。
ラーメンセットを頼むと、野麦すしという笹巻の鱒寿司が付いてきます。
麺を食べた後、スープに酢を入れて飲むと(゚Д゚)ウマーなラーメンでした。

写真(右)は晩酌の肴に頼んだ飛騨牛のスジ煮です。
リーズナブルな値段で飛騨牛を賞味する事ができました。
尚、平湯温泉は土産物屋で温泉卵をバラ売りしているので、宿泊しなくても温泉卵を賞味できます。
ブログパーツ