FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

サブPCとして、NECのVersaPro VA80J/BHを持っていますが、WindowsXPをSP3にアップデートしたら、Cドライブが一杯になってしまいました。
古いPCなのでハードディスク(以下HDD)容量が30GBしかなく、Cドライブは10GBであり元々余裕の無い状態です。
パーティションを切りなおしてもいいのですが、この際なので大容量のHDDに換装する事にしました。

古いPCのHDD換装の注意点として、①IDEとSATA、②137GBの壁があります。
①に関しては筐体を開けてインターフェイスを確認すれば一目瞭然です。
②はOSとマザーボードの両方に関係があり、OSに関してはWindows2000以降で最新版サービスパックなら対応しています。
マザーボードに関してはbiosアップデートで対応ができますが、種類によっては対応していないこともあります。

マザーボードが非対応だと、137GB以上のHDDを137GBと認識するか、最悪認識しない可能性があります。
そのリスクを考えるなら、137GB以下のHDDを使うのが賢明だと思われます。
137GB以上のHDDを使いたいときは、型番指定で成功例を調べるか、人柱覚悟で行うしかありません。


HDD換装作業
VersaPro
換装後管理画面
管理画面
今回換装したHDDは120GBの日立GST(HTS541212H9AT00)です。
ノートPCは大概パームレスト下部(赤丸部分)にHDDがあるので、基本的に筐体を開けて挿げ替えるだけです。
ただ、タッチパッドとマザーボードを繫ぐケーブル(黄丸部分)があるので、開けるときは慎重に開けないと、タッチパネルが使い物に成らなくなります。

新しいHDDに換装した後は、リカバリーディスク等でOSを入れ直せば作業終了です。
余ったHDDは、HDDケースに入れて外付けHDDとして再利用します(青丸部分)。

PCの種類によっては、リカバリー時に強制的にパーティションが切られます。
VA80J/BHは120GBのHDDを繫いでも、Cドライブ10GBで残りが全てDドライブに配置されます。
今回はOSがXPなので、Partition magicで換装前後のHDDを簡単に再配置することができました。
埼玉県に所用があったので、その足で秩父地方へ。
秩父の温泉とB級グルメを堪能してきました。

わらじカツ丼
わらじカツ丼

warajinobori.jpg

小鹿野町のB級グルメといえば、わらじカツ丼です。
今回は喫茶「ひろば」のわらじカツ丼を戴いてきました。

喫茶店のメニューですが、味噌汁と香の物も付きます。
タレを絡めた大きなカツが二枚、(゚Д゚)ウマーで満腹で充分食欲を満たせます。
尚、小食の方のために半わらじカツ丼と言うメニューもありました。


今回の温泉(↓クリックで飛びます)

同じ小鹿野町に小鹿野温泉 「昇龍の湯」 梁山泊という温泉旅館があり、評価が高かったので泊まっていました。
宿泊費が安価でありながらサービスが良く、今まで泊まった旅館の中ではコストパフォーマンスはトップクラスです。
どこへも行かない代わりに、ネット通販の日々。
立て続けに業界最小の物品を購入したので、そのレビューでも。

超音波式ペットボトル加湿器

 冬になってから乾燥した日が続いており、年明けに喉をやられました。
 またインフルエンザに罹るのも嫌なので、取り敢えず職場の机近辺を加湿。
 左の加湿器(KJ-H12)は業界最小を謳うだけ有り、設置場所は全く取りません。
 旅行や出張先にも携帯できて便利なのですが、如何せん小さいので加湿量は少なくなります。
 でも、加湿している間は喉がイガイガしにくくなるので、一定の効果はあるようです。
↑クリックで楽天に飛びます。


電子辞書(ワードタンクS501E)

 職場で始業10分前学習を続けているのですが、意味が分からないと覚えられません。
 そこで、電子辞書が欲しくなったのですが、電子辞書は多機能の高額な物ばかりです。
 国語・英和・和英の機能に絞れば、1万円以下でいい物が結構あります。
 左のS501Eは、1万円以下でありながらカラー液晶でかなり見やすく、キーもQWERTY配列で使いやすくなっています。(S501Jは50音配列)
 国語辞典の図解が多い方がいいならS500(50音配列)、英語機能特化ならS502(QWERTY配列)もあります。
↑クリックで楽天に飛びます。

上に示した2つは、業界最小クラスだけあって、どちらも手のひらに収まります。
嵩張る物が、こんな小さく収まるなんて技術の躍進には驚嘆すら覚えます。
ブログパーツ