FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

ナビなんて高額なもの要らないと思っていたのですが、最安値の物ならば1万円前後で販売していることが分かりました。
ツーリングのサポートも兼ねて、MAASAI MA-35を購入して取り付けてみました。

取り付け写真
ナビ

スクーターなので、ハンドル等に金具を使っての固縛はできません。
そこで、強力マジックテープの住友スリーエム 着脱自在両面シート_DC-94(着脱用)を使って固定します。
マジックテープなので、休憩時に取り外しが容易であり盗難対策になります。

強力に固定していますが、マジックテープなので万一の落下に備え、保険としてナビの下にスパイラルホルダをつけています。
また、防水対策のされていないナビなので、簡易雨除けとしてカードケースを切り抜き使用します。
ナビ本体とマジックテープ以外は100円ショップで揃うので、設置の際にも費用はかかりません。

実際にナビを使用した感じですが、地図データが1GBしかないので、地図が粗くなっています。
数mおきに交差点を曲がらなくては成らないときは、GPSが上手く捕捉出来ないようで、ナビが途切れます。
地図の案内もお勧めルートと一般道優先の二択だけで、ルートも幹線道路最優先で、国道を出来るだけ走るルートを取ります。

でも、一般のナビが4~5万円であることを考えると、1万円でのナビゲート機能は充分だと思います。
VICSの機能はありませんが、とりあえず、ナビの言うとおりに走っていれば目的地に到着は出来ます。
このナビを3年なり5年なり使い、地図容量が増えた頃にまた1万円でナビを買い直すのも手かもしれません。
所用があったので初春の宮城県へ行ってきました。
仙台まで往復するのに普通に切符を買うよりも、ウィークエンドパスを使うほうが安くなります。
高速道路休日ETC上限1000円に対抗した切符と思われますが、特急券を購入すれば特急や新幹線も乗れるので、使い方次第ではお得な切符です。


追尾鴎
松島1
松島雄島橋
松島2
フリーパスだったので時間潰しを兼ねて、松島の方へ観光へ。
遊覧船にも乗りましたが、感想は「…」です。
でも、日本三景迄来てとんぼ返りしたくない人の為のサービスならば、良い物なのかもしれません。
此の日遊覧船から見た景色で一番良かったのは、雄島にかかる赤橋でした。

今回の(゚Д゚)ウマー
仙台づけ丼
仙台づけ丼
づけ丼幟
づけ丼幟
山形板そば
山形板そば
今回も地元B級グルメ調査をしてきました。
仙台市は海に近いので、海鮮を乗せた仙台づけ丼がありました。
寿司屋で提供している丼だけあって、具材も良く(゚Д゚)ウマーな丼です。

フリーパスで県境を越えて山形県へ。
山形のB級グルメとして板そばを食べてきました。
ちょっと硬い位の歯応えのある(゚Д゚)ウマーな蕎麦でした。
板そばは山形内陸部の物なので、山形駅近くでなくとも食べられるようです。
暫くskywaveの方に乗っていなかったので、未走の日立バイパスの走破を兼ねて高萩へ。
またまた「うらじ」へ行って長い蕎麦を食ってきました。

カレー南蛮そば
カレー南蛮蕎麦
今回は個人経営の店舗メニューなので、B級グルメの番外です。
うらじのメニューの中では、大天もりそばと並んで人気のカレー南蛮になります。
ツーリングで冷え切った体には、ちょうどいい具合に暖まる蕎麦です。

そばつゆで薄めたカレーで殆ど中が見えませんが、長い蕎麦の他に豚肉と玉葱が入っています。
本来、料理の南蛮と言うのは葱の事ですが、ここは玉葱です。
大阪の難波が葱の名産地であり、葱=難波となり、難波が南蛮に転訛したという説が有力な様です。

休日はそんなに込んでいなかったのですが、茨城新聞に掲載された為か、この日はかなり込んでいました。
個人経営の店でそんなに店員も多くないので、ゆっくり待つか、昼食のピーク時を避けるのが良いと思われます。
ブログパーツ