FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

PCと携帯の間でデータのやり取りをしたいので、Bluetoothのアンテナであるドングルを購入しました。
ヤフオクで格安出品されており、送料込みで181円で買えました。

ドングル
dongle
携帯→PC
PC受信
PC→携帯
PC送信

海外直輸入のドングルなので仕様等は英語のみであり、接続設定は基本的に自分で調べなければなりません。
WindwsXP以降ならBluetoothに対応しているらしく、特に困難な設定等はありません。

携帯とPCのデータのやり取りのためには、先ず携帯とPCのペアリングを行います。
「Bluetooth 携帯 PC 設定」等で検索をかけると、図入りの詳しいサイトが沢山出てくるので、ペアリングはそちらを御参照ください。
因みに接続の際のパスワード・パスキーの入力は、セキュリティ上30秒程しか余裕がないのでご注意を。

以下はSH006を元にした送受信法になります。
・携帯→PC
PCはコントロールパネル内のBluetoothデバイスを開き、ペアリングされた携帯のパスキーが有効になっていることを確認し、オプションタブで「Bluetoothアイコンを通知領域に表示する」をオンにしてください。
タスクトレイ内にbluetoothアイコンが出るので、「ファイルの受信」をクリックし待ち受け状態にします。(写真中)
携帯は送信したいファイルを選択状態にし、サブメニュー内のBluetooth送信を選択すれば、携帯→PCにデータが送れます。

・PC→携帯
携帯はBluetooth接続内の「接続待ちON/OFF」を選択し、接続待ちをONにして待機状態にします。
PCはタスクトレイアイコンからでも送信できるのですが、送信したいファイルを右クリックし、コンテキストメニュー内のBluetoothデバイスからでも送信が可能です。(写真右)

これで、PCと携帯の接続が3種類になったのですが、それぞれ一長一短です。
・Bluetooth接続
 長所:一番手間がかからず、少量のJPGファイル転送等に向いている。
 短所:10MBを超えるような大きなファイルの転送は、途中で通信が切れる。
・USBケーブル接続
 長所:接続に少々手間がかかるが、動画のような大きなファイルでも転送が可能である。
 短所:ファイル階層が深かったり、ファイル名が長いと「パス名が長すぎます」が結構な頻度で出る。
・microSD直読み込み
 長所:転送エラーは殆ど無く、ファイルの大きさや量を気にせずに転送が可能。
 短所:SH006の場合は電池蓋を開けないとmicroSDが出せないので、蓋の強度低下の懸念。

とりあえずこれでPCと携帯の接続が出来るようになったので、Youtubeの動画を持ち出したり、携帯で撮った写真をPCに転送しやすくなりました。
盆休みの連休を使って会津・上越地方へツーリングへ行って来ました。
奥会津の方は入浴料の安い温泉が沢山あります。

松の湯
松の湯01
浴室
松の湯02
今回利用したのは民宿松の湯の温泉です。
ここの温泉は100円で入浴できるので、共同浴場より安く利用できます。

入り口は準備中となっていても、10時半頃には湯が張られるので温泉のみなら利用可能です。
石鹸は置いてあっても、シャンプーはありませんのでご持参ください。


今回の(゚Д゚)ウマー
ソースカツ丼(只見川の駅)
ソースカツ丼
あぶらげ(道の駅とちお)
あぶらげ
只見三大名物の一つ、ソースカツ丼を食べてきました。
金山町にもソースカツ丼の幟があったので、ソースカツ丼は奥会津一帯の名物らしいです。
他のところのソースカツ丼に比べると、やや酸味の利いたカツ丼でした。

上越に抜ける途中で栃尾名物のあぶらげを賞味。
50円プラスで葱、キムチトッピングもありますが、今回はシンプルにあぶらげのみを味わいました。
普通の油揚げより厚く、厚揚げとの中間のような感覚で、腹も膨れます。
ブログパーツ