FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

今回の大地震でスカイウェイブが倒れ、スクリーンが割れてしまいました。
芝生にスクリーンのナックルガードが刺さった跡があり、装備重量275kgが一点に集中したので割れた模様です。

センタースタンドを立てた状態で震度5迄は幾度か耐えたのですが、震度6弱には耐えられなかった様です。
また、今回の震度6弱でもサイドスタンドなら倒れなかったバイクも多かった様です。

スクリーン破損
スクリーン破損
スクリーン交換後
スクリーン修理後
地震後帰宅したら、完全に横転していたスカイウェイブですが、被害はスクリーンとスクリーンのカバーだけでした。
そのまま乗っていると、スクリーンが喉元に刺さる可能性があるので早々に外してしまいました。
スクリーンカバーはカバー裏のピンと、ネジ穴部分が取れてしまった感じです。(写真左赤丸部分)

純正のノーマルスクリーンに戻そうかと思ったのですが、GIVIロングスクリーンの風防効果に慣れてしまっていたので、またロングスクリーンです。
下のGIVIスクリーン販売の店舗で安く売っており、また未使用なら返品・交換にも応じてくれる店だったので、ネットで購入し自分で交換しました。


スクリーンカバー接着
スクリーンカバー
スクリーンの交換は造作も無い事だったのですが、スクリーンカバーの補修にかなり手間取りました。
このスクリーンカバーはポリプロピレンでできており、普通の接着剤ではくっつきません。
バイク用品店に難接着プラスチック専用の接着剤があったので、取り敢えずそれでくっつけました。

一見すると強固に接着していたのですが、接着面積が少なく負荷も大きいので破損部分は共に取れてしまいました。
せめてネジ穴部分だけでも固定したいと思い、カバー裏の隙間に余っているプラリペアを流し込み、接着面積を大きくしました。
一応は完全に固着し使用に問題は無いようですが、プラリペアはポリプロピレン接着非対応なので、真似をする方は自己責任でお願いいたします。


以下今回の交換・補修に使用した部品・接着剤類です。
↓それぞれ画像をクリックすると販売店に飛びます
GIVIスクリーン

難接着材用接着剤

プラリペア
東日本大震災で被災しましたが、一週間が過ぎ大分落ち着いてきました。
水戸周辺は震度6弱の揺れで、海岸線付近は津波の被害を受けており、まだまだ復旧に時間が掛かるようです。

水戸市南部のライフラインは、都市ガスのみ地震当初から来ており、水道は約40時間後、電気は約60時間後の復旧でした。
携帯の電池も切れ情報が得られなく、延々と茨城放送とNHKのラジオを聴いていました。

以下水戸市内の被災状況です。
茨城県庁舎(2F入口)
震災県庁舎
陥没道路
震災道路
災害対策本部の置かれている茨城県庁ですが、二階入口のガラスが割れ暫くは一般開放中止のようです。
でも、このガラス以外は特に損壊は見られず、停電・断水中は県庁舎の方で補給させていただいてました。

市内の道路は写真右の様に至る所で陥没が見られ、急ピッチで穴埋めの道路工事をやっています。
地震直後は那珂川に架かる橋が全て通行止めになり、20kmの道のりを3.5時間かけて歩いて帰宅しました。
歩いた感じだと、水戸市よりも、ひたちなか市の方が道路の状態が悪かった様な気がします。


壁倒壊
震災壁崩壊
本屋
震災本屋
震度6弱の地震だったので、多くの家の壁が倒れたり、屋根瓦が崩落しています。
ブロック塀よりも、大谷石の塀のほうが倒れている数が多く、また屋根は葺き替えていれば崩落はなかった様です。

色々な商店の店内が荒れており、特に本は重いので本屋は殆ど棚から落ちた模様です。
スーパー・コンビニ・薬局・ホームセンターはほぼ営業が戻ったようですが、品数が少なく、他の店舗に関しては営業再開が何時に成るか分かりません。


買出しに集まる人達
震災買出し
給油渋滞
震災給油
地震直後でもスーパーなどは店頭販売をしており、多くの人が食糧の買出しに奔走したようです。
写真右は県道50号(旧6号国道)ですが、上り下りのそれぞれのガソリンスタンドに車列が出来ており、実質一部区間は一方通行になっていました。
昨日辺りから警察による誘導が開始されましたが、此の混沌混乱は収まる気配がありません。

東北地方が大きく放送されるため隠れてしまっていますが、茨城県も被災地域です。
義援金を寄付してくださる方は下記を参考にしてください。
この場を借りて感謝の意を申し上げたいと思います。


震災後、何か義援金詐欺が横行しているようなので、皆さんもお気を付け下さい。
何処の義援金受付が潔白か分からないので、義援金を直接自治体に振り込むのが一番のようです。
↓クリックすると、それぞれの県の寄付金・義援金受付に飛びます。
茨城県青森県岩手県宮城県福島県千葉県
先日ジムニーを購入したので、入れ替わりで通勤用のマジェスティを売却しました。
出来るだけ高く売りたいので、色々なところで査定してもらいました。

マジェスティ

売却するマジェスティは、Ⅱ型2000年式のSG03Jで、走行距離49200km程です。
欠陥部分はフロントブレーキが利かない、ヘッドライトが片方切れている、シート破れ、転倒時のキズ、およびキャブレターに異常があるのかガソリン臭がする等です。

某大手ネットオークションで、同程度の年式・走行距離で欠陥がなければ7~12万円、部品取りジャンク扱いで5~7万円位です。
市内5店舗ほどに査定して貰った結果が以下の通りです。

行き付け個人販売店(5万円)>個人買取店(2.5万円)>大手買取店(1万円)
上記3店舗はエンジンを掛けたりして、きちんと査定した結果です。
書類査定で個人販売店(10万強)>大手販売買取店(6~7万円)ですが、きちんと査定したら5万を切ったと思われます。

結局、行き付けの個人店で売却し、9年間乗ってきたマジェスティと訣別しました。
行き付けの店が高く買い取ってくれるのは予想していましたが、CMを流しまくっている大手買取がこんなに安いとは思いませんでした。

出張査定や買取をしている買取店もありますが、査定や買取は自分で店舗へ向かうようにしましょう。
自分で店舗へ向かえば、査定に満足出来ない時に逃げることが出来ます。
ブログパーツ