FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

苦いコーヒーが飲みたくなったので、エスプレッソの機器を探していたら色々出てきました。
今回は直火式のエスプレッソメーカー(マキネッタ)購入したので、そのレビューでも。

「イルサ」6カップ用
ILSA
抽出完了時
espresso
エスプレッソメーカー(マシン)は、電気で動くポンプ式と、薬缶の様な直火式に分かれます。

一般的なのはポンプ式で、高圧抽出(9気圧程度)されるので、コーヒーの表面にクレマ(泡)が立ちます。
風味も良いらしいのですが、機械が高価で購入後のメンテナンスも手間が掛かります。
(放置すると黴臭くなる可能性があります。)

直火式は低圧抽出(2気圧程度)なので、クレマは立ちません。
しかし、メンテナンスは使い始めに気を付ければ、後は分解して水洗いする程度で済みます。

更に直火式はステンレス製とアルミ製に分かれており、アルミ製は使用頻度が少ないと黒ずみや白ヤケが出るらしいです。
他ユーザーの状況から鑑みて、自分にとってステンレス製の直火式が一番合っていると思い、「イルサ」6カップ用を購入しました(イタリア製です)。

使い始めは金属臭がするので、水だけの空運転(空焚きでは無い)、ドリップコーヒーの出涸らしでの空運転を3回行います。
上記空運転を行うことにより、マキネッタ内に程よいコーヒー油の膜が出来ます。

写真右は空運転時の写真なので色は薄いのですが、直火式でも店で出るような濃いエスプレッソが抽出されます。
エスプレッソは1カップ50cc換算なので、6カップ用でマグカップ2杯程度です。

ブラックでは多い感じですが、カフェラテやカプチーノで飲む場合は丁度良い具合の量に成ります。
(今回購入した「イルサ」は減量フィルターが付いており、指定量の半分でも作れます。)

マキネッタ使用後は、残ったコーヒーやコーヒー粉を水で流す程度にして乾燥させます。
明らかにコーヒー油が付着している感じですが、洗剤等で洗い流してはいけないそうです。

鉄鍋を空焼きしたり、土鍋で米のとぎ汁を煮たりと、調理器具は使い始めが重要らしいです。
(テフロン製はフッ化カルボニル等が発生するので空焚きしないでください。)

維持メンテナンスは、基本的に乾燥させることらしいです(清潔な状態で)。
「〇〇 使い始め」「〇〇 手入れ」で検索を掛ければ調理器具を長く使う手法が出てきます。

インスタントやドリップ式に比べれば手間が掛かるので、週末位しか使わなくなる様な気がします。
飲めるコーヒーの種類が増えたので、長く使っていこうと思います。
ネット通販を利用する際に楽天の使用頻度が高いのですが、細々とトラップを仕掛けてきます。
甘い話が多いので、今回はその一例を。

ダイレクトメール類
DM
楽天ブックスは送料無料で品揃えも良いので利用していますが、不要なチラシも同梱してきます。
今回キャンペーン生活というチラシが同梱されており、クイズ数回で高額商品がもらえるとあります。

チラシの表に大きく「もらえる」とありますが、実際の所、クイズ1回参加で315円取られます。
でも、5択クイズ3回正解でパソコンやら液晶テレビやらが貰えるので、全く分からなくても1/125の確立で高額商品ゲットです。

本当だとすればすごく得な話ですが、参加する前にネットで「キャンペーン生活」で検索を掛けてみると面白い物が出てきました。
少ない参加数で高額商品を取ったり、高額商品を複数取ったりすると、打ち止めが掛かりキャンセルになってしまうそうです。
厳密に言うと、不正行為をしたという言いがかりの上、二度と参加するなと言われます。

写真の右にあるのは、楽天トラベル経由で送られてきたピーロート・ジャパンのダイレクトメールです。
アンケートを返信すると十徳ナイフが貰え、無料でワインのテイスティングが出来るそうです。

同じように「ピーロート・ジャパン アンケート」で検索を掛けると、また面白い物が出てきます。
アンケートを返信し、1ヶ月位するとピーロート・ジャパンの社員が態々家まで来て試飲させてくれるそうです。

試飲ワインはソコソコ高価なワインらしいですが、当然ながらその後にワインのセールスが始まります(当然高価な)。
ネット上では結構突っ撥ねる人が多いらしいのですが、1時間はセールストークが続くらしいです。

楽天のメルマガはメーラーに着く前に、サーバーでゴミ箱行きにしてますが、ダイレクトメール類は来てしまいます。
でも、ネットで検索を掛けて、巧みなセールス手法を事前に看破し嗤笑するのも面白い物です。
ジムニーを購入し、1年近く経つので燃費について考察してみました。
スカイウェイブ650もデータがあるので、同様にグラフ化してみました。

ジムニー燃費グラフ
ジムニー燃費
スカイウェイブ650燃費グラフ
スカイウェイブ燃費
ジムニーは通勤と遠出の両方に使っているので、運転条件により燃費が大きく変わりますが、ほぼ気温に比例しています。
ジムニーのグラフで6月と11月に燃費が大幅に良くなっている点がありますが、そこは高速を使って遠出しています。

8月も高速を使っていますが、燃費が悪いのは高速を100km/hで巡航した後、勾配のきつい街乗りをしたためです。
燃費計との相関を見ると、高速は80km/h台、登り坂は登坂車線、一般道は40~50km/h台でノンストップで走ると燃費はかなり良くなります。

ブースト計を付けてから未だ給油していませんが、正圧にならない様に走っているので燃費計の数値は若干改善が見られます。
ブースト計の効果は数回給油した後に確認したいと思います。

バイクのスカイウェイブは、排気量はほぼ同等ですが、遠出用なので一見すると燃費に変化は見られません。
しかし、多項式での近似曲線を描くと気温の影響を受けているのが良く分かります。

ジムニーとスカイウェイブの仕様の違いは
ジムニー   :総排気量658cc,車重1000kg,最高出力47kW[64PS]/6500rpm,最大トルク103N・m⁄3500rpm
スカイウェイブ:総排気量638cc,車重277kg, 最高出力37kW[50PS]/7000rpm,最大トルク60N・m⁄5000rpm  です。

理論上、最大トルクのときに燃費は一番良くなります。
平坦水平な道をジムニーは3500rpmの時80km/hで定速走行しますが、スカイウェイブは5000rpmまで上げると高速の法定速度を超過してしまいます。

結局、通勤&街乗り&時々ダート走行はジムニー、高速利用での遠出はスカイウェイブ650は燃費改善の概念からは乖離していない様です。
ブログパーツ