FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

今日の24時を以て、mova19年の歴史に終止符です。
movaを1回線持っていたので、割引を使ってスマートフォンを回収して来ました。

mova終焉

左:SH505iS(mova)
右:N-06C(Foma)
元々このmova契約は、ドコモのPHS契約で紆余曲折の果てに至ったものです。
経路はPHS→Foma(PHS終了による無償引換)→movaに機種変更→(4年間休止)→Foma(スマホ)機種変更です。

6年間の契約期間があったので、長期割のメリットを殺すのが惜しく休止にしていたのですが、MNP導入後、長期使用者に対する優遇は皆無になりました。
とりあえず割引もある様なので、端末を回収するに至った次第です。

スマホはwi-fi接続でデータ通信をすれば、基本料と初期設定のパケット代位しか掛からないので、副回線使用として当初は考えていました。
しかし、wi-fi接続をメインに使っていると3G回線に繋がらなくなり、設定を弄らないと3Gが回復しません。
他にも携帯のiメニューはパケット代無料ですが、スマホのdメニューはパケット代を取られるので知らないとパケット代が嵩みます。

はっきり言うとスマホは自分のスタイルに合わず、ガラケーで充分間に合います。
スマホのシステムがよく分からず、避難経路として2年縛りのmax割を付けなかったので、解約したくなりました。

今回はmova終了に伴う割引なので、短期解約でもブラックリスト入りはないと思いますが、キャリアの内情はよく分かりません。
AUだけが休止手続きを行っているので、MNPでAUに移り休止にするという手口もあります。
Google ChromeのCMで一般の方にも知られる様に成った初音ミクですが、ネット上には以前から関連動画があります。
時間に余裕が出来たので、その3D動画を作るMikuMikuDance(以下MMD)を弄ってみました。

MMD
MMD3
習作(音が出ます:音量注意)
MMDの中にデフォルトで3Dキャラクターが入っているので、MMD単体で動画制作が始められます。
流れとしては、MMDで制作→動画をエンコード(圧縮)→Youtubeやニコニコ動画にアップロードです。

MMDの使い方はニコニコ動画で、「MMD初心者」で検索を掛ければ丁寧な説明動画が幾つか出てきます。
右に説明動画、左にMMDを立ち上げる様な形にすれば、動画の動きに倣って操作出来るので分かり易く作業出来ます。

MMDはボーンと言われる骨組みを動かして体勢を作り、要所要所の体勢を作れば、その間の動作はMMDが補間してくれます。
要所要所の体勢もコピー&ペーストが使えるので、長め動画も思ったよりも労力は少ない感じです。

丸一日弄って15秒の動画が出来たので、youtubeにアップしてみました。
(ぽっぴっぽーMkⅡと言う動画を練習としてトレースした物です。)

動画編集の経験がない素人でも、トレースならば音楽に合わせた3D動画が1日目で作成できます。
動かすだけなら直ぐにでも出来ますが、自然な動きにするには更にここから微調整を掛けます。

多くの機能を持ったMMDですが、フリーで配布されている事には驚嘆すら覚えます。
更に、エンコードソフトや他の3Dキャラクター、背景やステージの類も多くがフリーで公開されているので、3D動画の可能性はまだまだ広がります。
時間が取れたので、気の向く儘に塩原温泉へ。
3月の塩原は着雪と凍結の恐れがあるので、冬装備の方がお勧めです。

ホテル窓からの塩原温泉
塩原温泉
今回、格安の伊東園ホテルが取れたので、1泊して来ました。
格安で有りながら、夕食時飲み放題でカラオケやネット端末PCも無料なので、コストパフォーマンスは今まで泊まったの宿の中で最高です。

格安な分、食事はバイキング形式だったり、始めから布団が敷いてあったりしますが、人件費削減の経営努力の範囲内だと思います。
温泉も経費削減上、深夜の入浴はできませんが、露天風呂もサウナもあり特に問題は感じません。

栃木県北地域の温泉は週末でも一泊二食付で、1万円以下で泊まれる所が多くあります。
下手なレジャー施設よりも大幅に安く済み、疲れも取れるので、安価な温泉宿は利用価値が大きいと思います。

前回の記事で車載線量計を設置したので、今回自宅から塩原温泉まで放射線量を計測してみました。
車内の地上1mの位置で計測した結果、大田原の辺りから線量計数値が安定し始め、西那須野塩原IC付近で更に高くなります。

しかし、塩原温泉に入ると低線量不安定になるので、塩原温泉自体は放射線の影響は無いと思われます。
那須塩原市が放射線量マップを公表しており、ほぼ地図上の数値と比例している事が分かります。
実際、那須塩原市の公表値はGM管による地上0.5mの値なので、車内地上1mならば、公表値の3~4割は低い値になります。

塩原温泉
住所:栃木県那須塩原市塩原
電話:0287-32-2248(塩原温泉旅館組合)
原発事故直後は暴利とも言える価格の線量計でしたが、現在はかなり安くなりました。
浜通りの林道走行に備えて車載型成る様、手を加えてみました。

RD1503
RD1503
車載設置
線量計設置
購入した線量計は、ガイガーミュラー管式のRADEX RD1503です。
ロシア製の線量計で、事故直後は某オクで15万とかの値が付いていましたが、今は1万以下で購入できます。

この線量計を吸盤式のホルダー(ヤック PZ-527)で挟み込み、更にマジックテープと塩ビフィルムでホルダーに固定します。
見たくれは悪くなりますが、微動だにしなくなるので、林道の突き上げる衝撃でも外れないと思われます。

設置箇所は、他のメーター類と同じ場所に集約しました。
但し、道路交通法上2m先の、直径30cm高さ1mのポールが隠れる設置は駄目な様です。(参照:国土交通省)
ジムニーの場合は、写真右の赤線より上に設置すると、道交法に引っかかる可能性があるので注意してください。

線量計は検出方式によって、シンチレータ、ガイガーミュラー管(GM管)、フォトダイオードなどがあります。
GM管はβ・γ線を量れますが、低線量域では感度が悪く、β線測定上の誤差が出る可能性があります。
但し、β線には鋭敏に反応するので、表面汚染感知に関しては他の線量計よりも優れていると言えます。

シンチレータ、フォトダイオード式はγ線しか量れませんが、空間線量を見るにはこちらの方が正確なようです。
性能に関しては価格相応で、低線量(0.1μSv/h以下)で正確な値が欲しい場合は、高価な物を購入する必要があります。

計算すると、0.12μSv/hで年間1mSv(人工被爆限度)の被爆となります。
日本の平均被爆量が年間1.5mSvなので、時間換算で0.18μSv/hになります。
GM管は0.14mSv/h以上で安定したデータが出るので、GM管で低線量不安定なら問題無い被爆量と思われます。
ブログパーツ