FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

今年もまたskywave650の車検の年で、2011年2009年同様ユーザー車検です。
毎度年始一番に行っていましたが、今年は年末最終日に車検に持って行きました。
毎月末は混雑する車検場ですが、仕事納めの最終日はあまり混んでいません。

(事前準備)
前回同様、検査予約システムから予約を入れ、予約番号を取ります。

そして、以下の書類を準備すれば事務的な準備は完了です。
 ・自動車検査証,納税証明書,自賠責保険証,使用者の印鑑,定期点検記録簿
○以下は当日ナンバーセンターで購入
 ・自動車検査票,検査手数料印紙,重量税印紙,申請書

(車両整備)
定期点検記録簿に沿って検査を行えば大概合格しますが、電装系は注意が必要です。
特にヘッドライトの光軸はずれている事が有り、気になる様ならテストセンターの利用が賢明です。

照度確認
ヘッドライト
テストセンター測定器
テストセンター
車検で測るのは光度(cd)ですが、照度計(lx)が安いので、光軸確認と参考値を取る為購入して確認してみました。
今迄、暗闇の中で何となく一番明るい所を光軸中心として見ていましたが、照度計により中心が数値で確認できます。

自分で確認した結果、光軸が下にずれており、テストセンターでもやはり暗いと言われました。
茨城陸運局で車検の場合、近くに吉田テストセンター(7:30~15:00)が在り、バイクは1500円で係員の方が調整してくれます。

検査レーン
検査レーン2012
新車検証
新車検証
茨城陸運局は電装系の検査(灯火類・ホーン等)は特に厳密に行うので、ランプ切れでも運よく合格何て事はありません。
気になったヘッドライトですが、テストセンターで調整して貰ったので、一発で合格でした。

一枚目の写真で見て分かる通り、ヘッドライトそばでの照度は33000lxになっています。
車検場・テストセンターの測定器が片側32000~33000cdを指していたので、1lx≒1cdで近似が取れる様です。

バイク購入時のノーマルハロゲンバルブで10年近く使っていますが、思ったより光度が落ちていない様です。
HIDにすると実光度が落ちて、光軸も確実に変わる様なので、その時はテストセンターをご利用ください。
(車検は1予約で1日3回迄しか受けられません。)

全部の検査が終了すると車検証がすぐに発行されます。
今迄灰色基調の台紙に印刷されていましたが、今回から青基調の台紙に変わっていました。

 かかった費用は 検査登録印紙代(400円)+審査証紙代(1300円)+重量税(3800円)+用紙代(20円)+自賠責2年(14100円)の合計19620円です。
重量税が更に安くなりましたが、自賠責が値上がりしたので、前回より100円高くなりました。

今回は前後のタイヤとブレーキパッド交換もあり総額8万円以上掛かりましたが、それでもバイク屋丸投げよりは安くなりました。
バックカメラとモニターが安かったので、ジムニーに付けてみようかと考えました。
しかし、ジムニーにバックカメラをDIYで付ける人は殆どいないので、手探りでの設置です。

配線
バックカメラ配線
バック電源
バック電源
ジムニーはナンバーの所へカメラを付けると低すぎるので、ハイマウントストップランプの所へ設置しました。
(写真1枚目赤丸,写真3枚目)

ハイマウントストップランプケースと、バックドア下パネル(緑矢印)は外すのが楽なのですが、バックパネルの取外し・取付は手間が掛かります。
サイドパネルのビスとピン(緑丸)を外せば、赤線のルートで車内に信号線と電源線を引きこめます。

バックドアと車内の間はゴムの蛇腹管を経由しますが、ビデオケーブルのピンが中々入っていきません。
シリコンスプレーで滑らせる手もありますが、スプレーを買いに行くのが面倒なので、ケーブルを切断し、蛇腹管通過後半田付けで再接合しました。

信号線は車内の端を経由し(青線)、運転席の方へ取り回します。
電源線はジャッキ収納部分にサービスホール状の物が有るので、そこを経由し、バックライトから電源を取ります。(写真2枚目)
車外にエレクトロタップ剥き出しは嫌なので、一応、ビニールテープを巻いて簡素な防水にします。

バックカメラ
バックカメラ
モニター
バックモニター
バックカメラのGNDは、ハイマウントストップランプの固定ネジから拝借。
配線の殆どを隠す事が出来たので、ハイマウントストップランプ周りはスッキリした感じになりました。(写真3枚目)

バックを映すモニターはツイーター横へ設置。(写真4枚目)
バックギヤ連動なので、普段は消えています。

後ろは綺麗に纏まったのですが、モニターから出ているケーブルがとても短く、モニター裏にあるケーブルピンが外から丸見えの状態です。
取り敢えずモニターは仮設置なので、これから色々考えて行きます。

思った以上に設置に時間が掛かり、運転席から最後部迄の距離が短いジムニーでは、バックカメラのメリットが普通車より薄い様な気がします。
でも死角が減るのと、駐車場のラインと車体の平行が分かり易いので、興味がある方は参考程度に。

(2013.2.3追記)
カメラ1680円,モニター2180円,その他配線は100円ショップ流用ですが、カー用品店に行ったら純正は数倍高くてびっくりしました。
因みに、上記設置法だとカメラが車内にあるのでレンズは汚れませんが、夜は画像がよく見えません。(昼はよく見えます。)
更に、安価なカメラは撮影方向がずれており、かなり右向きにしないと補助線と車体の延長方向が合致しません。
モニターは上記位置にあると、バックミラーに近く視点距離が同じになるので、ナビ画面よりも使い勝手はいいと思われます。
歳末で忙しい時期ですが、そんなことは無視し列車で伊東温泉へ行って来ました。
冬場は青春18きっぷの有効期間が短いのですが、バイクでの移動よりは列車の方が楽です。

伊東マリンタウン(道の駅)
マリンタウン
初島
初島
伊東駅から道の駅迄、歩いて30分程で、昼食後の腹ごなしに丁度良い距離です。
伊東の道の駅は温泉・食堂・土産物店等が揃っており、遊覧船も道の駅から発着します。
関東最大級の足湯もあるので(無料・時間営業)、マリーナを見ながら休憩を取るのもいいかもしれません。

伊東の海岸に出て海に見える物は、水平線と初島位です。
今回は乗りませんでしたが、遊覧船に乗ると富士山が見えるらしく、今時期は半分程冠雪した富士山が見えます。

手湯
伊東手湯
陽気館 野天風呂
陽気館
温泉の街らしく、伊東の商店街には温泉が出ている所が複数あります。
30℃位の温泉が蛇口から流れ出ているだけなので、おそらく手湯として使う物と思われます。
他にお湯かけ七福神もあるので、散策ついでに七福神巡りをするのもいいかもしれません。

今回、伊東温泉 陽気館に泊まり、高台の露天風呂から伊東の街を見下ろしながらの入浴です。
露天風呂は基本混浴ですが、女性専用の時間帯も設けてあります。

因みに伊東には「池」と言う名の地酒が在り、純米原酒があったので四合瓶を買ってみました。
日本酒度+1で比較的飲みやすいのですが、アルコール17%なのでアルコールの匂いが付き、酔いも早く回ります。

今回の(゚Д゚)ウマー
海鮮丼(魚河岸)
魚河岸海鮮丼
鯛めし(熱海駅)
鯛めし
以前に伊東に行った際に、コストパフォーマンスが上々だった居酒屋魚河岸にて海鮮丼で昼食です。
鮮度の良いネタが、溢れんばかりに乗っているのに、これで1050円です。
ネタが切れ次第終了なのと、夜は海鮮丼を提供していないので御注意を。

青春18きっぷでもグリーン車が使えるので、寛げるグリーン車内で駅弁を賞味。
今回は熱海駅で買った鯛めしで、甘く味付けした鯛の田麩が御飯の上にまぶしてあります。
駅弁は少々割高ですが、旅情を味わうために一食は味わっておきたいものです。


今回の宿:伊東温泉 陽気館
宿のホームページにもありますが、露天風呂にエレベーターの様な登山電車を使って行く楽しい宿です。
露天風呂が食塩泉で、内風呂が単純泉であり、二つの源泉を楽しめます。
駅から歩いて10分強ですが、タクシー代を負担してくれるようです。(要確認)
スカイウェイブ650が、車検迄残り1ヶ月位なのでタイヤを交換して来ました。
スクーターの都合上余り倒す事が出来ず、ロングツーリング用途なので中央ばかり減っていますが、車検が通らないので交換です。

フロントヤイヤ
フロントタイヤ
リアタイヤ
リアタイヤ
今回もいつもと同じ様に、ブリジストンのBATTLAXです。
フロント120/70-15,リア160/60-14の、スカイウェイブ650専用タイヤなので、料金は高めです。
発売以降、溝のデザインが変わりませんでしたが、今回の交換から大幅に変わっている様です。

スカイウェイブ650のタイヤは、元々はブリジストンのみの販売でしたが、現在はミシュランとピレリからも販売されています。
フロントはまだしも、リアは手作業でタイヤを交換しなければならないので、交換時間が掛かり工賃も高めです。
海外製は割安ですが、減り易いとの噂が有るで、交換工賃のことも考え毎度ブリジストンです。

上記写真まで擦り減るのに、フロントで約2万㎞、リアで1.2万㎞程です。
基本的に晴れの日しか走らせないので、限界まで使い切りますが、スリップサインが出ると雨の日は滑り気味になります。

スリップして転倒や事故となると、タイヤ代より高く付くので、早めの交換をお勧めします。
ブログパーツ