FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

以前にジムニー バックカメラ設置でモニターを設置しましたが、ビデオ端子が一つ余っていました。
テレビは余り見ないので、代わりにパソコン内の動画を再生できる様に手を加えてみました。

USBチャージャー(スイッチ付)
DCDCコンバーター
モニター配線
モニター配線
今回もUSB常時電源増設の時の様にスイッチ付USBチャージャーを、ACC電源用にもう一つ作成します。
いつもメディアプレイヤーを搭載している訳ではないので、使わない時はスイッチオフにする為です。
制作時に誤って逆接しUSB出力8Vに成ってしまいましたが、犠牲は100円なので臆することなく作業が進められます。

電装系を自作パーツで改造したい場合は、乾電池8本の12V電源とテスターを用いて確認しながら作業する事をお勧めします。
私は以前に作成したポータブルシガーソケットに、ワニ口クリップを付けたシガープラグで12V電源にしています。

モニターの配線はバックカメラを付けた時、ダッシュボードの上に端子ごと置きっぱなしでしたが、ピラーパネルを外すと良い具合に収納できることが分かりました。
狭い所をくぐらせるので、配線ガイド等が無いと厳しいかと思われます。

メディアプレイヤー設置
プレイヤー設置
モニター設置
モニター設置
設置したメディアプレイヤーはFS-HDMD200N と言う物で、メディア再生可のハードディスクケースと言う括りになっています。
一部再生できない物もありますが、ここ最近ネットでアップされているflvやmp4形式なら再生できるようです。

私はSDカード再生用と割り切っているので、800mAのUSBチャージャーを使用していますが、HDDでの稼働の際はもっと電流値の大きい物でないとダメなようです(2Aあれば動くようです)。
HDD容量もメーカーは最大500GBと言っていますが、1TBでも稼働したという報告もあり、大容量化は人柱覚悟です。

このメディアプレイヤーをカーステの下のDINスロットに設置する為、ヤックのVP-D1VP-D3を取り付けます。
VP-D3を取り付けた空きスペースにプレイヤーが丁度納まり、余った配線を突っ込むとプレイヤーが良い具合に固定されます。

VP-D3にはUSBポートが付いているので、先に作っておいたUSBチャージャーから延長ケーブルで結線し、USBの5Vを給電出来る様にしておきます。
FS-HDMD200Nは5V稼働なので、DC-3513を用いればすぐ隣のUSBポートから電源を得る事が出来ます。

VP-D3はRCA出力が在り、ビデオ端子はそのままモニターに配線しますが、音声端子はカロッツェリア(DEH-P650)の場合、CD-RB10が無いと背面端子(IPバス)に接続できません。
接続するとAUX-2で音が出る様になりますが、CD-RB10の互換品がYオク等で出回っており、互換品とピンプラグジョイントアダプター(オス)を用いると配線が短くて済みます。

SDカードはすぐに外せるので、手動になりますが、車とPC内の動画を同期させることが出来ます。
助手席や後部座席にモニターを設置すれば、長距離ドライブの際、同乗者の退屈凌ぎにも使えると思われます。

今回の工費:8000円位?
カーポートが狭く、自転車が通りにくいという苦情が身内からあったので、ミラーを自動で折り畳める様に手を加えました。
ミラーを開閉するには、スイッチ操作をエンジン稼動中に行わなければならないので、特に夜間に利便性を発揮します。

事前準備
事前準備
パネル外し
パネル外し
今回使用した物はキーレス連動ドアミラー格納装置 TYPE−E ジムニー用です。(クリックで楽天に飛びます)
安価なTYPR-Eがジムニーで使用できる事と、販売店がジムニーの配線詳細の表示、及び送料無料クーポンがあったのでパーソナルCARパーツ楽天市場店での購入です。

まず事前準備として、格納装置にギボシ端子が付いていないので、ギボシ端子をカシメます。
その際に、常時・ACC・GND(-)は他のギボシ端子の間に割り込ませる様にする為、オスメスのギボシ端子をカシメた導線の真中に半田付けし、熱収縮チューブで絶縁します。(写真一枚目左下)

後は、細線用のエレクトロタップにオスギボシ,メスギボシを付けた導線を二個ずつ準備します。(写真一枚目右下)
ジムニーのドアミラースイッチ配線が極めて短いので、電工ペンチを挿入する隙間が無く、メーカー非推奨ですが、これ以外に端子を繋ぐ手法が困難な為です。

更に、ギボシのキャップに接続する配線の色、及び接続側(ミラー・スイッチ)を書いておくと便利です。
配線を間違うと格納装置だけではなく、車のECUも破壊される可能性があるので、臆病な迄に慎重な方が賢明です。

実際に格納装置を設置する際は、ハンドル下のパネルを外します。(写真二枚目)
パネルを外すとミラースイッチに手が届く様になり、スイッチの四隅の爪を押して外します。
(左しか外れない時は、表から精密ドライバーでこじると外れます。)

配線接続
ミラースイッチ
ミラー格納装置
ミラー格納装置
取付説明書に再三再四書いてありますが、ミラーとスイッチの間の配線を間違うと自動格納装置が壊れる模様です。
しかし、ミラースイッチ配線が短くパネル下のスペースも狭いので、スイッチを外した穴を利用して幾度と確認を行いながら配線を接続していくしかありません。

ドアロックでミラーを収納する為に、スピーカー近くの配線からドアロック時瞬間12Vの配線をエレクトロタップで分岐します。
これが結構面倒なので、ACCオフでミラー収納でも構わないなら、ACC電源の方へ繋いでも良いそうです。

ミラー格納装置自体は100円ライター位の大きさしかないので、他の配線束に結束バンドで固定しました(写真赤丸)。
取付作業が終了したら配線が大幅に余るので、これも結束バンドで束ねて適当な部分に固定します(写真青丸)。

全ての作業が終了したら、Type-Eの装置なのでACCオンでミラー展開、ドアロックでミラー収納である事を確認します。
Type-Eの装置は、自動でミラーを展開・収納する為には、従来のミラースイッチを常時展開方向に倒しておきます。
中立・収納側にしておくと、ミラーが自動で収納された後、自動で展開する事が在りません。

取付初日なので、利便性はよく分かりませんが、狭い駐車場などでぶつけられたりする可能性は減りそうです。

今回の工費
ドアミラー格納装置:1680円,ギボシ端子セット(20ヶ):450円,細線用エレクトロタップ(5ヶ):500円
年末に時間が出来たので、今更ながら下諏訪温泉の報告です。
上諏訪・下諏訪共に諏訪湖畔に温泉旅館がありますが、諏訪大社(下社秋宮)に近いのは下諏訪温泉の方です。

下社秋宮
下社秋宮
御手水
手水舎
泊まったホテルが諏訪大社境内内にあるので、チェックイン後、早速諏訪大社に御参りです。
御柱祭で更新される御神木は4本在る様です。(写真1枚目右手がその一本です。)
因みに諏訪大社の御神籤は、筒の中の竹ヒゴを出して、竹ヒゴの番号籤を巫女さんが持ってきてくれる形の物です。

下社秋宮で清めの御手水が始め見つからなかったのですが、帰りに正面鳥居の左手の方に御手水を発見しました。
他の諏訪大社は分かりませんが、下社秋宮の御手水は温泉で、かなり熱い源泉が使われています。
名前は御神湯となっており、飲用は不可のようです。

諏訪湖
諏訪湖
下諏訪駅前
下諏訪駅
ホテルの窓からは諏訪湖が一望出来、運が良ければ山の間から富士山が見える様です。(この日は見えませんでした。)
寒い日が続いたので、諏訪湖上の御神渡りを期待していたのですが、厳寒の日が数日続かないと起きない様です。
1~2月に見られる日が在る様ですが、御神渡りが起きない年もあるので、見られるかは運否天賦です。

下諏訪駅前にも温泉と御柱を模したモニュメントが存在します。
次回の御柱祭は、平成28年申年(2016年)の様なので、興味のある方は温泉と祭りの両方を楽しんでみてはどうでしょうか。

今回の宿:ホテル山王閣
予約して気付いたのですが、国民宿舎の様で料金は格安です。
食事は食堂で地酒や地ビールがあり、馬刺し等の別注料理もあります。(込々のプランもあります。)
下社秋宮境内内なので、参拝や観光起点にも便利です。
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

去年は海岸に出れど初日の出が見れず、空振りに終わってしまいました。
今年は7:10迄待機してやっと見られましたが(6:49日の出時刻)、2009年の様に水平線からの朝日ではありませんでした。

2013年初日の出
2013年初日の出
寒い日が続いて日の出の時も-2℃位でしたが、元旦朝からサーフィンをしている人がいました。
(写真左の黒い影がサーファーです。)

今年も旧旭村へ出かけましたが、海岸近くが通行止めになっており、以前より人出が少なくなっていました。
(徒歩・自転車で海岸へ降りる事は出来ます。)
海岸の浜の部分が5m程しか無くなっており、2009年の初日の出写真と比べると、津波で大幅に浸食されている事が今更ながらに分かります。

旭日昇天の文字が如く、勢いのある年になって貰いたい物です。
ブログパーツ