FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

余り北の方の酒を呑んでいなかったので、今回は東北の酒にしてみました。
雪国は旨い酒を醸す酒蔵が沢山在ります。

喜久泉 吟冠
喜久泉
どpink
どpink
左が西田酒造の喜久泉で、廉価なアル添酒として青森県内向けの出荷が多い酒です。
西田酒造は年2500石程生産しておりますが、県外向けの純米酒である田酒は入手困難です。
こちらの喜久泉は青森県外でも入手は容易になっています。

実際に喜久泉を呑んだ感じとしては、アル添酒でありながら、きついアルコール臭はしません。
飲み口としては甘くも無く辛くも無く、何か個性が乏しい様な感じの酒でした。
逆に言えば色々な料理に合い、1升でも2100円なので、毎日晩酌する人には高コスパの酒です。

右は秋田の山本合名の酒で、年間生産700石と比較的小さな酒蔵の酒です。
小さい酒蔵は生き残りをかけて高品位な酒を造るところが多く、山本合名も9割が純米酒の様です。
山本合名は上のピンクの酒の他に、白,黒,青と奇抜な酒を出荷しています。

実際にどPinkを呑んだ感想ですが、日本酒度-10の濁酒なのに飲み口は結構辛めです。
瓶内発酵で噴き出す可能性もありますが、山間にごりや獺祭スパークリングに比べれば穏やかな酒です。
どぶろくのつもりで天日塩を肴に飲むつもりでしたが、辛口なので肉料理と共に賞味しました。


・喜久泉 吟冠 (西田酒造:青森県青森市) 「アル添,吟醸」
  原料米:華吹雪, 精米歩合:55%, アルコール度:15.5%,
  日本酒度:+2, 酸度:1.4,  価格:1000円(4合)

・どpink (山本合名:秋田県八峰町) 「純米,生酒」
  原料米:めんこいな, 精米歩合:65%, アルコール度:16%,
  日本酒度:-10, 酸度:2.0,  価格:1300円(4合)
梅雨に入り、外出も儘成らないので大人しく家呑みです。
栃木には良い地酒が沢山在り、良い酒を売る酒屋も多くあります。

大那 吟のさと
大那 吟のさと
鳳凰美田 純米吟醸
鳳凰美田 純米吟醸
1本目は旧湯津上村にある菊の里酒造の大那で、生産石数も300石程と小さい酒蔵です。
今回呑んだのは那須産の酒米吟のさとの純米吟醸酒で、九州以外ではあまり作られていない酒米の様です。

純米吟醸生酒なので飲み口は軽めと思ったのですが、結構辛口でした。
菊の里酒造が究極の食中酒を信条ととしている様で、吟醸でも辛口なので食事と共に飲める酒です。
辛い酒でも2~3日で飲み口が丸くなるのも在りますが、この酒は特に変化はなくやや辛口で不変でした。


2本目は小山市にある小林酒造の鳳凰美田で、生産石数は1200石在り栃木県内なら多くの酒屋で見受けられます。
飲み易さが好評だったので、純米吟醸生酒の4合瓶で試してみる事にしました。

評判に違わず飲み易い酒で、開栓後の吟醸酒特有の馨の立ち上がりも良い具合です。
ここ最近辛い酒が続いたので一寸拍子抜けな感じでしたが、天塩を肴に酒単体を賞味する形の酒です。
この酒、調べても原料米は不明でした。しかし、酒質から言っても良い米を使っている様です。
因みに、この酒も開栓後3日位置きましたが、飲み口は不変でした。


・大那 吟のさと(菊の里酒造:栃木県大田原市) 「純米,吟醸,生酒」
  原料米:吟のさと, 精米歩合:50%, アルコール度:16~17%,
  日本酒度:+1, 酸度:1.7, 価格:1680円(4合)

・鳳凰美田 純米吟醸 (小林酒造:栃木県小山市) 「純米,吟醸,無濾過生酒」
  原料米:?(酒造好適米), 精米歩合:55%, アルコール度:16~17%,
  日本酒度:+2, 酸度:1.4,  価格:1575円(4合)
先日妙高の関温泉に行き、宿の晩酌用に長野の酒、自宅晩酌用に新潟の酒を買って来ました。
長野・新潟は、旨い日本酒を作る酒蔵が沢山在ります。

豊賀(特別純米)
豊賀特別純米
カップ酒
新潟カップ酒
宿の晩酌用に調達した、豊賀の高沢酒造は製造石数200石であり、流通量自体が少ない酒です。
高沢酒造の酒は米川を長野県内、豊賀を県外と分けており、長野県内では豊賀はあまり売っていません。

今迄呑んだ無濾過生原酒は全て甘口でしたが、豊賀の無濾過生原酒は飲み口が辛めです。
しかし、残りをペットボトルに入れ、2日置いて飲んでみた所スッキリとした飲み口に変化しました。
因みに上記豊賀は生酒なので、完全凍結したペットボトル(500ml)と抱き合わせ、バスタオルで包んで持ち帰りました。(1日は持ちます。)

写真右は松代の道の駅で購入したカップ酒で、カップ酒でありながら酒造好適米である五百万石を使用しております。
新潟第一酒造の主力商品は越の白鳥ですが、ネット上では山間の方が知名度は高めの様です。
酒蔵の製造石数は300石で生産自体は少なめですが、旧浦川原村近辺の道の駅では結構売っているのを見かけます。(越の白鳥の方)

越の白鳥も、基本山間と同じ製造法なので、カップ酒でも旨い酒でした。(飲み口は甘口)
アルコール添加の低精米なので、喉の奥に若干の諄みが残る感じですが、大手のカップ酒より質は上です。

カップ酒でありながら、純米吟醸が売っていたので、価格は少々高めですが越の寒中梅を購入。
越の寒中梅の新潟銘醸は、生産石数6000石位なので、新潟県内なら多くの所で見受ける事が出来ます。

当の越の寒中梅純米吟醸ですが、開けた後の吟醸香と吟醸酒特有の飲み易い酒です。
只、新潟の大きめの酒蔵の特徴なのか、日本酒度+4でありながら若干の辛さを感じます。

越の白鳥も、越の寒中梅も日本酒度は+の甘口ですが、スッキリした甘さなので食中酒として飲む事が出来ます。


・豊賀 特別純米酒 (高沢酒造:長野県小布施町) 「純米,中取り,無濾過生原酒」
  原料米:しらかば錦, 精米歩合:59%, アルコール度:17%,
  日本酒度:-2, 酸度:2.2, 価格:1360円(4合)

・越の白鳥 本仕込み (新潟第一酒造:新潟県上越市) 「アル添,本醸造」
  原料米:五百万石, 精米歩合:70%, アルコール度:15~16%,
  日本酒度:+5, 酸度:?,  価格:230円(1合)

・越の寒中梅 純米吟醸 (新潟銘醸:新潟県小千谷市) 「純米,吟醸」
  原料米:五百万石, 精米歩合:55%, アルコール度:15%,
  日本酒度:+4, 酸度:1.3,  価格:342円(200ml)
GW以降引きこもりが続いていたので、思い付くまま新潟県の妙高にある関温泉へ。
水戸から往復777kmで、一泊ツーリングには丁度良い距離です。

二度上峠
二度上峠
関温泉
関温泉
行きが群馬・長野を経由し、渋川を過ぎれば良い具合の山岳・高原道路が楽しめます。
群馬県道54号は二度上峠からの浅間山位しか眺望が在りませんが、車も少ないので走り易いルートです。

関温泉はすぐ裏にスキー場が在り、降雪期でなければ直前でも予約は取れます。
泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、鉄コロイドを多く含むためか茶褐色の湯になります。
急峻な地形に10軒位の宿が温泉街を形成し、近隣散策はちょっとした登山の様に成り、霧も発生しやすいので御注意を。


国道405号線
国道405号線
田子倉湖
田子倉湖
帰り道の上越横断に国道403・405号線を経由しました。
道の駅も良い具合に在り、道路も整備されて走り易いのですが、峠に差し掛かる度に両側1車線の道に成ります。
道の駅に寄る必要が無い場合は、ほぼ並行して走っている広域農道を経由する手もあります。

魚沼・会津のルートは、田子倉湖か奥只見湖を経由するルートが在りますが、奥只見湖側は未だ冬季閉鎖が解除されていません。
どちらも日本有数の豪雪地帯で、田子倉湖近辺の山や道路脇には雪が残っています。
一昨年の新潟長野集中豪雨の様に、福島-新潟間は自然災害が発生すると、磐越道と国道49号線以外は長期通行止めに成ります。

今回の(゚Д゚)ウマー
ます重
マス重
とん汁定食
とん汁定食
へぎ蕎麦
清兵衛へぎ蕎麦
豊賀
晩酌豊賀
旧倉渕村の満寿池でます重定食(1050円)を食べました。
養殖鱒を蒲焼にしてあるので川魚特有の臭みも消され、テイクアウト用に弁当としても販売しています。

旧新井市の名物らしいので、同じ妙高市ですが足を延ばして「たちばな」へとん汁を食べに行きました。
とん汁と御飯と漬物で900円(並)ですが、思った以上に量が在ります。
食べ方がよく分からないので、私は蓮華に御飯を入れ、ミニ雑炊を作って食べました。

帰り道に魚沼を経由するので、十日町の清兵衛でへぎ蕎麦大盛り(1000円)を食べて来ました。
場所が分かりにくく、国道253号線のトンネル(薬師・名ヶ山)の隙間100mから県道に入り、薬師トンネルの上に在る民家の様な建屋が清兵衛です。
自家製麺のつるつるとした食感の旨い蕎麦で、食後はおまけの小天麩羅と濃い蕎麦湯で蕎麦を満喫できます。(うどんもやっています。)

宿での晩酌用に長野県小布施町の地酒豊賀を購入し、鮪の刺身で一献と行きました。
肴の買い出しは関温泉から国道18号線に下り、旧新井市側へ1㎞程向かうとナルスと言う深夜10時迄営業の地元スーパーが在ります。

今回の宿:妙高関温泉 湯の宿 泉山
個人経営の宿で、全面リフォームしたのか綺麗な屋内でwi-fiも無料で使え、エレベーターも設置されています。
1泊3000円と廉価ですが、アメニティーの類は有料で、食事なしが基本プランの様です。
ゴミは持ち帰りの一方、持ち込みは容認で、スーパーも遠くはないので問題はありません。
バッテリーがへたって来たら買い替えるつもりで、iPod shuffle(初代)を使って来ましたが、使用頻度が高くないので中々へたりません。
しかし、1GBでは容量不足も否めないので、大容量の物としてTS8GMP330Wを新規購入しました。

iPod shuffle & MP330W
MP330

MP330横
iPodに固執する理由も無く、安い方が良いので、トランセンド製の容量8GB(TS8GMP330W)のプレイヤーです。
上記写真で分かる通り、iPod shuffle(初代)と大きさは殆ど変りません。(厚さが若干厚くなります。)
MP330には専用クリップも付いているので、ポケットの無い服でも持ち運びに問題はありません。

購入直後はファームウェアのアップデートと、取扱説明書をトランセンドのHPよりダウンロードして下さい。
多機能な製品なのですが、付属のクイックスタートガイドだけでは使いこなす事が出来ません。

ネット上の評価で、廉価な製品の割には音が良いと好評なわけですが、イヤホンの質は良くない様です。
他のユーザーもイヤホンを変えている様なので、私もパナソニック製のRP-HJE150へ交換しました。
RP-HJE150も廉価な割に高品質で、本体&イヤホンで4000円かかりません。

因みにRP-HJE150ですが、カナル型のイヤーパッドがM,S,XSしか同梱されていません。
耳のフィット感が悪いと思った方は、100円ショップで売っているLのイヤーパッドに変えるとしっくりきます。

音楽再生中のディスプレー表示は、ID3タグ内の情報を読み込むので、ID3タグが文字化けしていると当然表示も文字化けします。
しかし、ファイル検索時はファイルネームを読み込んで来ます。
諸般の理由でID3タグ情報が文字化けしている方でも、音楽検索さえできれば良いならば、使用に差し障りはありません。

ボイスレコーダーもマイクを音のする方へ向ければ、結構音を拾ってくれます。
保存ファイルはwavで、20秒で80kbの容量になります。

MP330にはFMラジオの機能も付いていますが、初期設定では外国の周波数なので使い物になりません。
FMラジオの画面で、録音ボタンを押すと日本の周波数に変更できる画面が出て来ます。
それでも簡易なラジオなので、強いFM電波を受信できないと聴き取る事はできません。

気がかりな所はバッテリーで公称値最大12時間再生ですが、それはディスプレー非表示で連続して再生した状態だと思われます。
ディスプレーは有機ELディスプレーで、ボタン操作をする際には必ず点灯します。
省電力ディスプレーですが、ディスプレー点灯が電気を沢山食う様で、ボタン操作が多いと恐ろしく再生時間が短くなります。
ディスプレー自動消灯時間を短くし、電源を入れたら出来るだけボタン操作をしないのが、長時間稼働の要の様です。

他にも使えそうな機能が在る様ですが、使いながら探して行く事にします。
ブログパーツ