FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

猪苗代に宿泊し、帰路もまた林道巡回です。
但、この選択が、今迄で一番の悪路を走行する結果と成りました。

三河小田川林道
三河小田川林道
庭坂入宝坂林道
庭坂入宝坂林道
今回一番の難関林道である三河小田川林道を走り、クレバスに右前輪を取られスタックしてしまいました。
ジムニーなら4WD-Lに入れて脱出できましたが、バンパーとホイールに初めて傷を入れてしまいました。

上記写真は峠より2㎞程の猪苗代側で、上記の一番のガレ場が通過できるのであれば、郡山側へ通り抜けが可能です。
中々のガレ具合なので、アタックを掛ける人が多く、通り抜けるまでにバイク10台位・ジムニー1台とすれ違いました。
途中、タイヤ幅ギリギリでクレバスを跨いで走る様な所も在るので、走行には御注意を。

更に帰りに、庭坂入宝坂林道を経由し、今回の林道散策のシメにしました。
庭坂入宝坂林道は塙町側は全面舗装されていますが、矢祭町に入るとややガレ気味のダートに成ります。

町境手前の橋から塙町を一望できるポイントが有るので、そこで小休止も良い物です。
国道と並行しているので国道に戻る道も在りますが、完走したい方は左折せずに、真っ直ぐ走ります。


今回の(゚Д゚)ウマー

ざるそば(道の駅天栄)
ざるそば(道の駅天栄)
あぶくま(ひやおろし)
あぶくま(ひやおろし)
前日の昼食もざる蕎麦を食べましたが、この日の昼食も蕎麦です。
疲れた胃腸でも蕎麦は入るし、新蕎麦の時期なので蕎麦ばかりハジゴでも飽きません。
味も食感もいい美味しい蕎麦ですが、前後に飲食店が殆ど無いので店は結構混んでいます。

今回の散策で選んだ福島の酒は、玄葉本店(田村市)のあぶくま ひやおろしです。
某元外務大臣の実家の酒蔵で、政治家の手腕はさて置き、酒自体は旨い酒です。
石高が200~300石なので出回っている量自体が少ないのですが、福島県内なら結構見つかります。
ひやおろしは燗酒でもいけますが、この酒は純米吟醸原酒なので、冷やで呑む方がお勧めです。
遠出がいつもskywave650なので、今回はジムニーで林道巡りをしてきました。
福島はスリルのある林道が沢山あるので、ジムニーが本領を発揮できます。

鎌房-西部林道分岐
鎌房西部林道分岐
奥西部林道
奥西部林道
1枚目は鎌房林道にアタックを掛ける人達が良く撮る、西部林道とのの分岐点です。
甲子トンネルが開通し、甲子林道が廃道に成ったので、分岐左方向の鎌房林道も廃道です。
2013年度のツーリングマップルからはダート表示が消えていますが、二輪でも通行困難な程に自然に還っている様です。

この分岐までの鎌房林道は、玉石の様なダートが続くので、土砂流出等の大きな凹凸はありません。
この先の西部林道は、落石が所々見受けられますが、フラットなダートが続き走り易くなっています。

二岐温泉に行く為に、途中から奥西部林道方面に入りましたが、酷い倒木が二ヶ所程あります。
ジムニーだったら写真の倒木は下をくぐり、もう一か所は脇にそれる事で回避できます。
二岐温泉側には、奥西部林道通行止めが出ているので、大きい車は厳しいかと思われます。


二岐温泉(湯小屋)
二岐温泉
黒沢林道
黒沢林道
二岐温泉は写真の様な野趣溢れる露天風呂が在り、4軒の宿が日帰り入浴できます。
今回利用したのは、つげ義春幻想紀行の舞台にもなっている湯小屋旅館です。
つげ義春が執筆した部屋も残されており、ファンが結構來る様ですが、基本土日のみの営業の様です。

二岐温泉から黒沢林道を通り、会津若松に抜ける予定でしたが、東山温泉方面は通行止めになっていました。
写真右方向に行くことにより、布引高原・国道294号線経由で会津若松へ行く事は出来ます。
黒沢林道は天栄村側は走り易いのですが、峠より会津若松側は一部土砂流出によるクレバスが出来ています。


今回の(゚Д゚)ウマー
追原そば(追原庵)
追原蕎麦
ソースかつ丼(道の駅磐梯)
ソースカツ丼(道の駅磐梯)
白河蕎麦のルーツと言われる、幻の追原蕎麦なる物があるので、西郷村で食べて来ました。
食感も上々で、海苔もパリッとした蕎麦で、大盛り(+200円)で丁度腹も膨れます。

夕食は肉が食いたくなったので、磐梯の道の駅でソースカツ丼を賞味。
味も良いのですが、1000円なので結構量がある為、疲れた胃腸には後半きつくなってきます。


今回の宿:ペンションR&B
猪苗代スキー場の麓にはペンションが幾つかあり、今回はペンションR&Bを利用しました。
建屋内は旅館と民宿の中間の様な感じで、温泉では在りませんが、薬石風呂が在ります。
朝食だけのプランが無かったので素泊りでしたが、夕食はジンギスカンが出る様です。
赤倉温泉の次は、宇奈月温泉・上山田温泉と温泉のハシゴが続きます。
最近のツーリングパターンは、旨い地酒を事前に調査し、温泉の後に佳肴で一献が定番になっています。

うなづき湖
とちの湯
親不知
親不知
宇奈月温泉は駅近くに格安の共同浴場が在るのですが、折角なので景観の良いダム近くのとちの湯へ行きます。
生憎の曇天で北アルプスは見えませんが、晴れていれば山腹を走るトロッコ列車と共に風光明媚な景色が、露天風呂から見られます。
(上記の写真の角度違いが露天風呂から見られます。)

基本的にツーリング中は同じルートを往復する事はありませんが、国道8号線の糸魚川市内は、往復するだけの価値のある走っていて楽しい道です。
特に親不知前後は断崖絶壁の麓や海の上を走り、道路開通までの苦労が偲ばれます。
糸魚川市内には、能生・親不知・市振と道の駅が複数あるので、休憩や食事にも困る事はありません。


今回の(゚Д゚)ウマー
ベニズワイガニ(道の駅能生)
能生蟹
黒部ダムカレー(道の駅美麻)
黒部ダムカレー(美麻)
宇奈月ビール
宇奈月ビール
道の駅マリンドーム能生にはカニ屋横町があり、多くのカニ即売所が軒を連ねています。
何だかサービスが良く、カニを一杯買ったら上のグレードの物にしてくれた上、もう一杯おまけしてくれました。

これで4品目となる黒部ダムカレーで、今回は大町市に吸収合併となった、道の駅美麻でのダムカレーです。
美麻のダムカレーは、オムライスをダムの堰堤に見立てており、思った以上に量が在ります。
メニューには限定10食とありますが、夜でも提供されており、出て来る迄に少々時間が掛かります。

宇奈月まで行ったので、上山田温泉では宇奈月の地ビールで晩酌です。
温泉と日本酒がメインのツーリングになってから、クーラーボックスを持ち歩くようになり、冷蔵庫で冷えるのを待つ必要がありません。
ビール自体は一般的な地ビール同様、濃い味わいです。(その分値段も高めです。)


今回の宿:戸倉上山田温泉 ビジネスホテル グリーンプラザ
安くて系列旅館の温泉を2か所(源泉は別)利用できるので、利用頻度の高いホテルです。
朝食も630円でバイキングで食べられ、買い出しも近くにKマート・セブンイレブン、一寸行けば西友も在ります。
夕食に大町(旧美麻含む)で黒部ダムカレーを食べても、1時間ほどで上山田温泉に着きますが、大町-上山田は街頭皆無の狭隘な峠道通過となるので御注意下さい。
先日、好天に恵まれたので、赤倉温泉の方へツーリングに出ました。
平成23年7月新潟・福島豪雨で、通行止めが続いていた国道352号線が通れるようになったので、樹海ライン経由で日本海側へ抜けます。

国道352号線(県境付近)
R352県境
洗い越し
R352洗い越し
樹海ラインが通れる様に成ったものの、県境の金泉橋は仮設で、周辺道路も暫定開通の状況です。
新潟県側から尾瀬に向かうバスもあるので、バスが通れる程度には補修はされそうです。

国道352号線と言えば、幾重にも続く洗い越しが在ります。
晴天が続いた後なので水量は少なめですが、雨天時などはバイクのでの通過は厳しいかもしれません。
沈下橋と違い片側が山なので、慣れない方は福島→新潟の通過をお勧めします。


水平線に沈む夕日(名立)
名立夕日
赤倉温泉街
赤倉温泉街
終日快晴の状態だったので、予定を変更し日本海へ出て水平線に沈む夕日を見て来ました。
ネットで調べれば日没の時間が分かるので、それを基に目的地とルートが決められます。
因みに、国道352号線は通過に思った以上に時間が掛かるので、国道252号線方が早く日本海に出られます。

赤倉温泉は、傾斜地に旅館や土産物店が林立する温泉街を形成しています。
温泉街の中腹に足湯公園が在り、温泉街最上部に露天風呂の公衆浴場が在ります。
妙高高原のトップシーズンはスキーの時期なので、それ以外は比較的宿の予約が取り易くなっています。

今回の(゚Д゚)ウマー
裁ちそば(かどや)
裁ちそば(かどや)
海鮮丼セット(道の駅 名立)
海鮮丼(名立)
根知男山
根知男山
途中で檜枝岐村を経由したので、檜枝岐グルメの裁ちそばとはっとう(蕎麦餅)で昼食です。
因みにこの「かどや」、ラーメンも提供しており、尾瀬に向かう人達が何人か食していました。

折角海に出たので海鮮が食べたくなり、うみてらす名立で海鮮丼のセットで夕食です。
上記のセットで千円位と格安ですが、18時に閉店になるので御注意を。
他にも2~3千円出せば、具が溢れんばかりに乗った海鮮丼もあります。

今夜の温泉の晩酌は、十日町で購入した根知男山(純米吟醸)です。
糸魚川市の酒で、若干の辛みはありますが、基本的に飲み易い酒です。
日本酒は一寸した一品料理で呑みたいので、前回の関温泉同様、旧妙高村のナルス(スーパー)で肴の購入をしました。

今回の宿:スターホテル 赤倉
御一人様OKの温泉に入れるホテルで、安価な割に部屋も綺麗で、エアコンも完備されています。
赤倉温泉は温泉街の中に酒も売っているコンビニ・土産物店もあるので、麓まで下りなくても買い出しは出来ます。
ブログパーツ