FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

正月用に11月の末から日本酒・焼酎を備蓄していました。
一部レアな酒が在りますが、定価購入以外では買いません。

正月酒2014
北から南まで津々浦々の酒が揃いました。

日本酒
・飛露喜(純米吟醸,特別純米 無濾過生原酒)
  廣木酒造本店:福島県会津坂下町
・幻舞(純米吟醸)
  酒千蔵野:長野県長野市
・村祐(常盤:純米吟醸)
  村祐酒造:新潟県新潟市
・而今(特別純米 無濾過生)
  木屋正酒造:三重県名張市
・獺祭(寒造早槽,温め酒,スパークリング)
  旭酒造:山口県岩国市

焼酎
・魔王
  白玉醸造:鹿児島県肝属郡錦江町

正月の「お・も・て・な・し」用に自分好みの酒を集めましたが、基本、日本酒を呑む人の来客はありません。
結局、殆ど自分一人で呑んでしまいます。

生酒が好きなので、年末多忙で呑まずに蒐集ばかりしていたら、2台ある冷蔵庫の1台が酒専用になっている状態です。
酒は1ヶ月周期で出るので、正月が明けたら購入を自重し在庫整理したいと思います。
Canonの電子辞書 wordtank S501Eを使っていますが、電源ON-OFFの効きが悪くなって来ました。
強く押して使うのも限界が来たので、ボタン裏の接点を復活させることにしました。

電子辞書&アルミテープ
接点復活01
分解
接点復活02
接点復活
接点復活03
使いやすさと価格の関係からリモコンや電子辞書はゴムボタンが多く、ボタン裏側の接点はカーボン粉が塗ってあります。
このカーボン粉が使っているうちに剥がれて、導通が取れなくなるのが接点不良の原因です。
剥がれたカーボン粉の代わりに、アルミ箔で導通を取るのが今回の接点復活作業です。

準備するのはアルミテープと精密ドライバーで、どちらも100円ショップで購入可能です。
アルミテープは流し台の隙間塞ぎテープでも使えますし、無ければアルミ箔と両面テープでもOKです。

精密ドライバーで本体のビスを外してもツメで引っかかっているので、本体をちょっとこじる必要があります。
中の基盤固定のビスを外すと分解状態になりますが、基盤から配線が伸びているので、慎重に基盤を剥がしてください。

写真真中のボタン裏の黒い部分がカーボン粉ですが、効きにくくなっていても色は殆ど変りません。
分解前に効かないボタンや、効きにくくなっているボタンを確認し、一度に作業した方が楽です。

接点復活と言っても、接点部分の大きさにアルミテープを切り、貼りつけるだけです。(写真右赤丸)
後は、液晶画面に埃が入らない様にブロアブラシやダスターで吹いて、逆順に組んでいけば作業完了です。

作業後の結果として、新品の時と同等な位に反応が良くなっていました。
裏側カーボンのゴムボタンなら色々応用が利くので、リモコン・電卓・その他入力装置等にも使えそうです。

裏側が始めから金属板のボタンも在りますが、そちらは接点復活剤を使わなけれなならない様です。
上の電子辞書も、基盤の方がが酸化したら接点復活剤が必要です。
でも、アルミテープと接点復活剤があれば、ほぼ半永久的に修理が出来そうです。
年末進行で多忙の日々ですが、合間を縫って湯西川温泉へ行って来ました。
湯西川温泉は山中に在るので、国道沿いの鬼怒川・川治とは天候の変化が違います。

湯西川温泉遠景
湯西川温泉2013a
翌朝
湯西川温泉2013b
湯西川温泉は紅葉も終わり、雪も積もっていないので、今の時期は見る物もありません。
でも、温泉街より上流に橋と吊橋があるので、夕食前の散歩として腹を減らすのもいいかもしれません。

関東は冬型の気候で晴天が続きますが、湯西川は昼は晴れていても夜間・早朝は雪が降ります。
道路に着雪が無い様なので夏タイヤで行きましたが、低気圧通過で積雪になるので冬装備の方が安全です。
翌朝、車の上に2㎝程の雪が積もっていましたが、乾燥した雪なので容易に雪を落とす事が出来ます。


今回の(゚Д゚)ウマー
夕食(高房ホテル)
高房ホテル夕食
濃厚醤油ラーメン(麺や しみず)
麺やしみず
夕食は温泉料理と猪肉の入った山菜鍋で日本酒を一献。
今回は栃木の温泉ですが、新潟の山間(無濾過原酒)が手に入ったので、それで料理を愉しみます。
酒は色々な種類が在りますが、温泉料理に合うのはやはり一番は日本酒です。
山間はやや甘口で飲み易いので、食事が終わっても酒単体で愉しむ事が出来ます。

自宅への帰路に着く前に、宇都宮へ寄ってラーメンと餃子を食べて来ました。
今回はラーメン屋なので、メインはラーメンの方ですが、濃厚なスープで食べごたえがあります。
しみずは昼過ぎには結構空いて来ますが、スープ切れになると一部のメニューが提供できなくなるので御注意を。


今回の宿:湯西川温泉 高房ホテル
こたつの上で食事が出来る、半ば民宿の様な温泉旅館です。
建屋は古いのですが、小さな旅館なので料金が安いのに食事は凝った物が出ます。
温泉もゆっくり入っていられるので、日頃の喧騒を忘れ充分休息が取れます。
ブログパーツ