FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

先月も川治温泉 川治一柳閣本館へ行ってきたのですが、またカニを食いに一柳閣へ行って来ました。
今年は暖冬で雪が少ないので、川治温泉迄なら夏タイヤでも行けました。

川治温泉2016冬
川治温泉2016
野岩鉄道
野岩鉄道
早々にチェックインし、温泉に入り食事となったので散策は翌日にしました。
雪が無いので縦横無尽に散策できますが、龍王峡迄の遊歩道は先日の豪雨から未だ復旧していないようです。

温泉街の対岸には共同浴場と、小規模ながらテニスコート等のレジャー施設があります。
その真上には山中を貫く超高架橋があり、30分に一回位の割合で野岩鉄道の車両が通過します。

浅間山頂
川治浅間山
温泉神社
川治温泉神社
共同浴場の方から川治湯元駅方面に向かうと、川治の浅間山へ向かう登山道があります。
結構な急勾配ですが、食べ過ぎた翌日の腹ごなしには丁度良いかもしれません。

山頂を過ぎて反対の登山道を下ると、温泉神社の脇に出ます。
温泉街から、共同浴場→浅間山頂→温泉神社→温泉街で大体一時間位で周れます。
因みに浅間山登山道の両側は断崖絶壁なので、登山道を外れたり、日没後の散策はお勧めしません。


今回の(゚д゚)ウマー
一柳閣夕食
一柳閣2016
みやこ家
みやこ家
1月に入り、カニだけではなく鉄板焼きも食べ放題でしたが、この日の鉄板焼きはハンバーグだけでした。
それでもカニと刺身と寿司で酒が飲み放題だったので、それだけでも十分満足です。

山歩きして小腹も空いたので、さくら市のみやこ家で極太石焼つけ麺を食べて来ました。
うどんの様に太い麺を、沸騰している石焼のつけ汁に漬けて頂きます。
あっさりタイプにしたので、600gの大盛りでも美味しく完食出来ました。(最大は特々盛1.5kgもあります。)


今回の宿:川治温泉 川治一柳閣本館
 カニ食い放題で安く泊まれて、今回もふるさと割で値引きして貰ったので先月と合わせても一泊分です。
 ふるさと割は、同時期に発行されたものに関して、金額が違っていても一度使えばもう使えません。
 但し、予約サイトを変えたりアカウントを変えたりすれば幾らでも使えるので、運が良ければ実質使い放題です。
厄年で健康不安もあるので、厄払いに行って来ました。
特定の神社の氏子ではないので、参拝回数の多い常磐神社で御祓いして貰いました。

常磐神社
常磐神社
千波公園
千波公園
正月三が日は物凄い人込みですが、成人の日は結構空いていました。
申込用紙に記入し、初穂料と合わせて申し込みすれば、控室で待つように言われます。
30分位待って、10組位と纏めて御祓いと言う形になりました。

祝詞の読み上げ、神楽、祓串による御祓い、玉串の奉納の後、二礼二拍手一礼で退出します。
御祓い後は祈禱木札や破魔矢等を戴き、御神酒を貰って終了です。

厄や御祓い等は信心に依る所が大きいので、気にならない人には全く効果はありません。
一方、病気や運用の失敗等を厄年の所為にし易い人は、負が負を生む悪循環になります。
私は厄払いにより精神的な負荷が軽くなったので、今年も色々と勇往邁進することが出来ます。

常磐神社の隣に偕楽園があり、眼下には千波湖と千波公園が広がります。
厄払いの後、今年は暖冬で梅の開花も早いので、運動不足解消の為に散策してきました。
年が明けてしまいましたが、年末に友人たちと塩屋崎の温泉で忘年会をしてきました。
今回の宿も、ふるさと割の割引を適用しています。

塩屋崎温泉
塩屋崎温泉
薄暮の塩屋崎灯台
塩屋崎灯台
塩屋崎温泉と言っても、実質ホテル塩屋崎の一軒のみです。
泉質はナトリウム-塩化物温泉で、入浴していると鹹味がする様な温泉です。
大浴場は最上階にあり写真の様に太平洋が一望ですが、露天風呂は近隣建屋の都合上、空しか見えません。

ホテルからは温泉の名の通り塩屋崎が見え、黄昏以降は灯台からの光が確認できます。
ホテル近隣最大の観光地ですが、海岸沿いの県道382号線が震災復旧中なので、アクセスは大きく迂回する必要がある様です。
土産屋は小名浜地区にら・ら・ミュウと言う海産物物産館があり、洋菓子ならばいわき中央IC近くに白土`屋のジャンボシューがあります。


今回の(゚д゚)ウマー
生シラス丼
生シラス丼
ホテル夕食
ホテル夕食
宮泉(純米酒)
宮泉
温泉に行く途中にある道の駅になった日立おさかなセンターで、旬の生シラス丼で昼食にしました。
水揚げ1時間位で丼にした新鮮なシラスで、卵黄と合わせればコクも出て食が進みます。
他にも冬が旬の魚で出来た定食や丼物など、多くのメニューがあります。

料理が自慢のホテルだったので、友人たちのリクエストの下、アワビの姿焼きと牛ステーキの膳を頼みました。
標準で旬である鮟鱇の小鍋も出て来ており、肉と海鮮で酒も進みます。

今回の料理に選択したのが、会津若松市にある宮泉銘醸の会津宮泉(純米酒)です。
最近人気の上がってきている写楽の地元向けブランドで、基本福島県内のみでの販売の様です。
火入れの酒ですが、やや甘口で香りが立っていながら呑みやすく、呑みすぎ注意な酒です。


今回の宿:ホテル塩屋崎
 温泉や料理は上記の通りで、基本夕食は部屋食で、朝食は広間の様です。
 近辺に店舗の類はありませんが、北に徒歩5分位の所にコンビニがあるので、買い出しは困りません。
 眼下では防波堤と復興道路の建設中ですが、オーシャンビューと塩屋崎の景観で見晴らしは良いです。
新年あけましておめでとうございます。
このブログも今年の9月で9年目に突入しますが、相変わらず思いつくままの行き当たりばったりで進めます。

2016年初日の出
2016初日の出
2016年初日の入り
2016初日の入り
山間にごり
2016山間にごり
今年も例年と同じように年明けを確認した後、寝不足気味で初日の出を見に行きました。
旧旭村の小さな海水浴場ですが、震災後砂浜が縮小し、今年は殆ど無くなっている様な状態です。

毎年初日の出時に海岸を馬で散歩する人は来ていませんでしたが、初乗りのサーファーは沢山います。
水平線からの日の出とはなりませんでしたが、5分遅れ位で綺麗な初日の出が見られました。

初日の出を見たので、今年初の日の入りを見るために、夕方県庁の展望台に向かいます。
こちらは地平線近くまで雲が無く、筑波の尾根に落ちる夕日が最後の一片まで見られました。

折角新年初日なので、日本酒を一瓶開ける事にします。
今回は新潟県上越市にある新潟第一酒造の、山間発泡にごりです。

山間は青ラベルが吟醸のにごりで、黄ラベルが純米のにごりで、飲み口はどちらもやや辛口です。
昔は四合瓶はネジ口でしたが、王冠に変わったのでアイスピックでガス抜きしないと確実に噴きます。
やや辛口の飲み口が食中酒として合うので、正月料理に合わせるといい感じです。
ブログパーツ