FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

去年同様、今年も立春朝搾りを予約し、粕汁を肴に搾りたてを愉しみました。
今年も酒粕を貰い、去年は塩味の粕汁なので、今年は味噌仕立てにしてみました。

立春朝搾り2016
立春朝搾り2016
粕汁
粕汁2016

作り方は単純です。
①酒粕、だし昆布、干し椎茸を水で戻しておく。
②大根、人参、牛蒡を昆布・椎茸のだし汁で煮込み、その後湯通しした油揚げ、鮭、蒟蒻を入れて煮込む。
③一通り煮えたら酒粕を入れ、味噌で味付けし、葱を入れて一煮立ちさせたら完成。

鮭は普通の生鮭を使いましたが、味噌の味が濃厚なのでいい具合に食べられます。
毎度レシピ通りの分量で鍋を作ると溢れるくらいになるので、若干少なめ位で鍋一杯に作れます。

今年の立春搾りも良い具合の出来上がりで、ラベルには今年の干支である丙羊の文字が書かれています。
朝に搾ったので、半分は当日の夜に飲んでしまい、残りは上記の粕汁と共に愉しみました。
粕汁を作っても酒粕が余ったので、残りは甘酒にして飲んでしまいました。

日本酒好きならば、毎年立春頃の定期イベントとしてやって行けそうです。
年末まで暖冬だったので、白菜が安く手に入り台所にまだ残っていました。
塩ちゃんこ鍋を作り、飛露喜の新酒と合わせてみました。

飛露喜(かすみ酒)
飛露喜(かすみ酒)
塩ちゃんこ鍋
塩ちゃんこ鍋
塩ちゃんこのスープは鶏ガラベースで、そこに塩と擦りおろし生姜と擦りおろし大蒜を入れます。
後は、白菜、鶏肉、エノキ、椎茸、ネギ、油揚げ、豆腐をぶつ切りにして煮込むだけです。
一通り火が通った後、ニラを入れて一煮たちすれば完成です。

結構香りが強い物が入っているので、体力が付いて風邪も治りそうな感じの鍋です。
残ったスープもさっぱりした感じなので、シメにうどんを入れれば良い感じになります。

今回の鍋に合わせた飛露喜は廣木酒造最初の新酒で、名前の通りかすみの様な澱が沈んでいます。
中口位の呑口で、新酒特有のフレッシュな香りと味わいが愉しめます。

飛露喜も生酒が好きなのですが、生酒の種類が少ない以上に、飛露喜の入手自体が困難です。
運良く入手出来た際には、ゆっくり味わって呑んで行きたいと思います。
ブログパーツ