FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

九州ツーリングのシメとして、フェリーに乗る前に大分の筋湯温泉に行って来ました。
近くの由布院や阿蘇の温泉は被害があったようですが、筋湯温泉は殆ど影響が無かったようです。

岡城址
岡城址
阿蘇山
阿蘇山2016
温泉へ行く途中で竹田市を通ったので、竹田市の一番の観光資源である岡城址へ行って来ました。
滝廉太郎が幼少期に過ごした地であり、荒城の月のモチーフとなった城址で、本丸跡近くには滝廉太郎像もあります。

国道502号線を竹田市方面に向かうと荒城の月が流れるメロディーラインがあり、聞きそびれた方は本丸跡に登れば車が通る度に音楽が聴けます。
本丸跡迄の往復なら40分位で行けますが、順路を一通り回ると1.5時間位掛かる登り下りなので御参考までに。

今回の熊本地震の時に阿蘇山も噴火した様ですが、阿蘇の麓付近を通過した時は既に落ち着いていた様でした。
天空の道や温泉など阿蘇近辺は走って愉しい道が沢山ありますが、阿蘇大橋も崩落し周辺道路も規制中なので、阿蘇の愉しみは次回以降に取っておくことにします。


筋湯温泉
筋湯温泉
青の洞門
青の洞門
今回の宿泊地である筋湯温泉は九重町の山中にあり、比較的小規模な旅館が軒を連ねる鄙びた温泉街です。
3m位の高さから落ちてくる日本一の打たせ湯の有名な温泉で、共同浴場と合わせ地震後の客足誘致の為、無料開放されていました。
打たせ湯の刺激が強いと思われる方は、共同浴場の岩風呂にもソフトな打たせ湯があります。

筋湯温泉内に小さな土産物店はありますが、かなりの山中なので近くに店舗の類は全くありません。
コンビニやガソリンスタンドも無いので、その手の用がある方は竹田市内で済ませておくことをお勧めします。

温泉からの帰りに、道徳の教材にも使われている恩讐の彼方にのモデルとなった青の洞門を走って来ました。
小説の中にある様な復讐とか懺悔とかは関係なく、禅海和尚が普通に人を雇って貫通させた日本最古の元有料道の様です。
明治時代に拡幅され、今は並行して国道も走っているので当時の面影はありませんが、周辺の環境から曽て交通の難所であったことを偲ぶことは出来ます。


今回の(゚д゚)ウマー
チキン南蛮カレー
チキン南蛮カレー
大黒屋夕食
大黒屋夕食
とり天定食
とり天定食
チキン南蛮の起源は延岡市らしく、その起源の地のにある道の駅北川はゆまでチキン南蛮のカレーを食べてきました。
マヨネーズをトッピングしたチキンカツカレーみたいな感じでそれぞれの相性はよく、カレーなので小腹が空いた程度でも入って行きます。

大黒屋の夕食は地元豚のしゃぶしゃぶで、シメに饂飩か雑炊が選べます。
旅行中は野菜や繊維質が不足するので、大量の野菜が出てくるのは凄くありがたいものです。
量や種類が少ないと思われる方は、居酒屋の様なメニューも別注であり、馬刺しも要予約で出してくれるそうです。

翌日、大分と言えばとり天なので、玖珠の道の駅でとり天の定食を食べて来ました。
唐揚げでも天ぷらでも無い様な独特な鶏の揚げ物で、酒の肴にもなりそうな御当地の一品でした。


今回の宿:筋湯温泉 大黒屋
 夕食に関しては上記写真の通りで、居酒屋程ではありませんが酒の種類は結構多めにあります。
 小さな宿ですが湯船は全部で5カ所あり、全部が貸切の家族風呂なのでゆったりと入っていられます。
 旅館の内装が古民家を彷彿とさせる鄙びた造りなので、窓からの風景と合わせ落ち着いた感じの旅館です。
連日天気に恵まれたので、宮崎南端の都井岬から北端の延岡まで海岸線を走りました。
海岸線沿いは渋滞していると逃げ場が無いのが難点ですが、空いていて天気が良いと気分よく走れる箇所が沢山あります。

都井岬
都井岬
日南フェニックスロード
フェニックスロード
都井岬には御崎馬と言う野生馬がおり、GWの時期ならば新たに生まれた仔馬も幾匹か見受けられます。
餌を求めて高い方へも登ってくるので、都井の海を背景に草を食む馬の写真も撮れます。
結構観光客慣れしている様ですが、やはり馬なので迂闊に近づいたり触ったりするのは止めた方がいいです。

都井岬から宮崎市迄は日南フェニックスロードの名の通り、青い海をバックにフェニックスの生い茂る道が何カ所かあります。
芋を洗う猿の幸島や、サンメッセ日南等沢山の観光地がありますが、その分行楽シーズンは容赦なく渋滞します。(バイクは辛うじてすり抜けできます。)
道の駅も混んでいるので、南郷~宮崎間は山側の田野経由も時期によってはアリです。


鬼の洗濯板
日南海岸
リニア実験線
リニア実験線2016
フェニックスロードも日南市を過ぎて宮崎市内に入ると、海岸線沿いに波状岩の地形が現れます。
別名鬼の洗濯板とも呼ばれ青島が一番有名ですが、道の駅フェニックスからも見られます。
道路の混雑に疲弊したら旧道に入り、マンゴーソフトでも食べながら鬼の洗濯板を見て休憩を取りましょう。

都農町の海岸線沿いを走ると、曽てリニアモータカーの実験を行っていた鉄道遺構が現れます。
20年位前に実験が終了してからは放置状態だったみたいですが、今は端から端迄ソーラーパネルの発電所になっていました。

日向以北の国道10号線は混雑気味ですが、広域農道を使えば一気に延岡迄行けます。
広域農道から直進すると、土々呂経由で東九州自動車道の無料区間に入れるので、延岡の混雑を回避して大分県に入れます。


今回の(゚д゚)ウマー
ぶりプリ丼ぶり
ぶりプリ丼ぶり
チキン南蛮
チキン南蛮(おぐら)
ヨーグルッペ
ヨーグルッペ
串間市の海沿いに日帰りの串間温泉があり、そこで地元で取れた鰤を用いたぶりプリ丼ぶりを食べて来ました。
野菜と鰤の切り身が沢山入った丼で、温泉卵を掛けて、味噌ダレ若しくは醤油ダレで戴きます。
鰤の脂を野菜で抑える様な感じで、今度は温泉上がりにでも食べたい一品です。

宮崎と言えばチキン南蛮ですが、タルタルソースを掛ける形の起源となった「おぐら」で夕食としました。
おぐらのチキン南蛮は洋食で、ナイフとフォークで大きいチキン南蛮を適宜切って食べます。
宮崎市のおぐらは中心街の路地裏にあるので、地図かナビが無いと見つけ難いかもしれません。

宮崎の御当地乳酸菌飲料としてヨーグルッペがあり、プレーンタイプは九州各地のコンビニやスーパーで売っています。
宮崎県内のスーパー等の量販店でしたら、マンゴー味やリンゴ味の変わり種も売っています。
宮崎に旅行する機会がありましたら、宮崎の味として愉しんでみてください。


今回の宿:ホテル ブリスベンズ
 宮崎駅近くはビジネスホテルの激戦区で、安価な割にサービスが良く、今回は朝食付きプランのあるホテルブリスベンズを選びました。
 部屋にユニットバスがありますが、1階に大浴場&サウナもあり、通路にはミネラルウォーターの給水器もあります。
 駅近でありながら車350円、バイク200円で駐車場が利用でき、スーパーも近く便利です。
ツーリングの中日に雨に当たり、こんな日は早めにチェックインして洗濯をしてしまいます。
翌日は晴天になり、鹿児島県内で色々と面白い物を見かけました。

桜島
桜島
国道69号線?
国道69号線
志布志支所
志布志市所
当初の予定では桜島を一周するつもりでしたが、前々日に噴煙1000m以上の噴火がありました。
雨と火山灰でドロドロになるのも嫌なので、今回は遠目に眺めるだけでした。

道路標識や青看板の逆おにぎりマークは国道の印で、二桁国道は58号線迄しかありません。
しかし、霧島市牧之原には国道69号線と言う不可解な青看板があります。
元県道69号線時に六角マークと間違えて作り、国道504号線昇格後も訂正無く使われていると言うカラクリの様です。

テレビでも取り上げられた、志布志市志布志町志布志の志布志市役所志布志支所に行ってみました。
志布志市のキャッチコピーは志あふれるまちの様ですが、この看板で既に溢れ返っています。
他にも駅のトイレが男志・女志だったり、側溝の蓋に志の文字など、色々な所に志が溢れています。


今回の(゚д゚)ウマー
ざぼんラーメン
ざぼんらーめん
板蕎麦
板蕎麦
鹿児島の御当地ラーメンは色々あり、その一つのざぼんラーメンを空港近くの店舗で食べて来ました。
鹿児島ラーメンは豚骨系とは限りませんが、ざぼんラーメンはあっさり系の豚骨で野菜が沢山載っています。
大根の漬物は食べ放題で、ラーメンの脂分と合わさって美味でした。

夕食も鹿児島県内でチェーン展開している、そば茶屋吹上庵で板蕎麦を食べて来ました。
卵焼きも御勧めの様だったので、それを肴に梅酒で晩酌にしました。
蕎麦の方も美味しい蕎麦で、価格の割に結構量もあり腹も充分膨れます。


今回の宿:ステーションホテル隼人
 宿のオーナーもバイク乗りで、ビジネスホテルでありながらライダーも多く泊まりに来ます。
 駅とは反対方向にスーパー・コンビニ・飲食店があり、屋根付きの所に停められるので雨の日も安心です。
 洗濯機は無料で有料の電気乾燥機がありますが、近くに強力な乾燥機のあるコインランドリーもある様です。
佐賀の嬉野から、福岡・熊本を経由して宮崎京町温泉迄一気に走りました。
いつもは比較的空いている海沿いの国道501号線ですが、熊本市内が規制中の為、大型トラックが沢山走っていました。

球磨川
球磨川
真幸駅
真幸駅
有明沿岸は高規格道路もありとても走り易いのですが、今回の地震で熊本・八代市は一部の道路に交通が集中していました。
しかし球磨川沿いは、無料の南九州道に車が流れる事もあり、交通量が少なくとても走り易くなっています。
八代~人吉間は湛湛たる水をたたえた球磨川を横目に、マイペースで走りを愉しむ事ができます。

チェックイン迄に時間があったので、真の幸せに入るとの語呂合わせの真幸駅に行ってみました。
三段スイッチバックのある穏やかな雰囲気の駅ですが、肥薩線内でも峻険たる区間で、曽ては多くの天災に見舞われたようです。
大畑駅と同様に使用済み切符入れの中に燕が巣を作っている一方、大畑駅と違って駅舎内に名刺等の張り紙は禁止になっています。


京町温泉街
京町温泉街
玉泉館露天風呂
玉泉館
京町温泉は宮崎では数少ない温泉街のある温泉地で、駅前の京舞銀天街では朝市も開かれる様です。
温泉街と言っても飲み屋街の様な感じで、駅近くの住宅地に温泉旅館がポツポツとある様な温泉地になっています。
周りが住宅地なので、コンビニやスーパー・飲食店があり、温泉地でありながら利便性はそこそこ高く成っています。

京町温泉の源泉温度が高めなのか、内風呂は結構熱く、露天風呂で丁度良い具合の湯加減でした。
今回泊まった玉泉館の露天風呂はすっぽんぽん風呂の名を冠しており、奥には洞窟状の風呂もあります。
玉泉館は日帰り入浴もしており、宿泊・日帰り問わず、この露天風呂が家族風呂として追加料金なしで貸切にできます。


今回の(゚д゚)ウマー
荒瀬ダムカレー
荒瀬ダムカレー
玉泉館夕食
玉泉館夕食
昼食に道の駅坂本で、今は撤去中の荒瀬ダムを模した荒瀬ダムカレーを食べて来ました。
曽ての8本の水路を再現した8本切りのトンカツが乗っており、価格の割には食べ応えのあるカレーでした。

玉泉館の夕食は野菜蒸しの陶板焼きをメインに、刺身に天ぷらと中々品数の多いメニューでした。
酒のメニューが無かったので、今回はビールにしましたが、焼酎等もも提供している様です。


今回の宿:京町温泉 玉泉館
 食事・風呂は上記写真の通りで、内風呂は男湯・女湯・貸切家族風呂があります。
 基本10畳の部屋がメインの様ですが、本館側には6畳の部屋とシングル部屋があり、格安で提供されています。
 バイクが1~2台で来るならば、玄関横の屋根付きの所へ停めさせて貰う事ができます。
九州に上陸した後は、予約の取ってある嬉野温泉へ向かいます。
移動時間に余裕があったので、途中平尾台で観光目的の寄り道をしてきました。

平尾台
平尾台2016
千仏鍾乳洞
千仏鍾乳洞
新門司のフェリーターミナルからちょっと南下すると、秋吉台と並んで有名なカルスト台地平尾台があります。
道の両側に奇岩がゴロゴロしており、天気の良い日はハイカーの人も沢山見受けられます。

平尾台の地下には鍾乳洞があり、今回は国の天然記念物指定の千仏鍾乳洞へ行ってみました。
全長の半分の900m位まで電気照明があり、更にその半分の480mから先は写真の様に地下水の小川の中を歩いていきます。

最深部で大人の膝位まで水につかり、地下水が結構垂れてくるので、ライダージャケットを着ている人はそのまま着て行った方が良いです。
電気照明より先は立ち入り禁止にはなっていませんが、完全装備で自己責任で行ってほしいとのことです。(因みに滝が3つ位あります。)
入場料の800円で水の中を闊歩できる鍾乳洞もそうはないので、中々希少な体験でした。


嬉野温泉街
嬉野温泉街
遊歩道
嬉野遊歩道
今回の宿泊地である嬉野温泉は、斐乃上・喜連川と並ぶ日本三大美肌の湯で、共同浴場近くにはちょっとした温泉街があります。
共同浴場のシーボルトの湯がありますが、宿泊者は200円で他の旅館の温泉にも入れるキャンペーンもやっています。

嬉野はお茶が有名で、温泉街に茶の販売店の他に、緑茶を出す喫茶店も幾つかあります。
温泉街には足湯もあるので、散策ついでに足湯とお茶で休息するのも良いかもしれません。

温泉街と逆方向には川沿いに遊歩道があり、夕暮れ時は川面に夕日が綺麗に反射します。
温泉街にも酒屋はありますが、遊歩道の先にある酒屋の方が酒の揃いが良い様です。


今回の(゚д゚)ウマー
ちゃんぽん
チャンポン2016
一休荘夕食
一休荘夕食
温泉に行く途中、神埼市の味楽で昼食にチャンポンを食べて来ました。
豚骨ベースのスープに具沢山のチャンポンで、充分に腹が膨れました。
因みにこの店はラーメンが390円で食べられます。

宿の一休荘の夕食は佐賀牛の陶板焼きがメインで、他にも魚や煮付け等種類の多い献立が提供されました。
嬉野の地酒に東一がありますが、お隣鹿嶋市の能古見が気になったので、純米吟醸で乾杯です。
九州の中でも佐賀は日本酒が旨い所なので、旨い酒と地肴で羽化登仙の心地です。


今回の宿:嬉野温泉 低料金の宿ビジネスの宿 旅館 一休荘
 格安の料金でありながら上記の食事が部屋食で提供され、部屋に安楽椅子もあるので、椅子派の人も寛げます。
 温泉は広くはありませんが、貸切の家族風呂が二つあるので、窮屈な感じはありません。
 宿の中が古民家の様な鄙びた感じの作りなので、ノスタルジックな感じで宿泊が出来ます。
熊本で地震がありましたが、敢えてキャンセルせず観光で応援と言う事で九州へ向かう事にしました。
去年同様、行きは大阪までの自走で、2日間中部・関西のツーリングを愉しみました。

和田峠
和田峠
木曽路
木曽路2016
1日目は佐久IC迄高速を使い、後は木曽路を南下し岐阜羽島を目指します。
佐久から西・南西方面に向かうには、三才山・和田峠の有料トンネルがありますが、途中のセブンイレブンで回数券がバラ売りしています。

三才山の方は回避ルートはありませんが、和田峠はバイクならば九十九折れの旧道でも苦になりません。
和田峠旧道は頂上が交互通行のトンネルになっており、ここを過ぎると採石場のダンプが増えます。

木曽路に入るのに、諏訪・岡谷・塩尻のいずれかは通過しなければなりませんが、岡谷は南北方向ならば比較的空いています。
今回権兵衛トンネルから木曽路に入り、宿場町ごとに道の駅もあるのでマイペースで走って行けます。


奥永源寺道の駅
奥永源寺道の駅
国道163号線
国道163号線
羽島から滋賀方面に向かう際に、曽ては酷道と言われた石槫峠の国道421号線を通りましたが、今は石槫トンネルが出来ており大幅時短となりました。
滋賀県側のトンネルを過ぎた辺りに奥永源寺の道の駅があり、廃校になった政所中学校の校舎を再利用した建屋になっています。
因みに、この道の駅には元祖飛びだし注意のキャラクター「飛び出しとびた」君のグッズが売っています。

奈良から大阪方面に向かう際に国道163号線を使いましたが、大阪府内に入ると道が開けて坂の先に大阪の街が一望となります。
比較的急勾配の下り坂と、片側二車線の道ですが、坂を下りきる前に覆面に二台の車が捕まっていました。


今回の(゚д゚)ウマー
すんきカレー
すんきカレー
空天丼
空天丼
オムライス
DRCオムライス
名門大洋夕食
名門大洋夕食
岐阜の酒
岐阜の酒
1日目の昼食は木曽町の道の駅で、地元の漬物すんきを使ったカツカレーを食べてきました。
漬物入りと言っても、そんなに強い個性がある訳ではないので、変わり種のトッピングのカツカレーな感じです。

岐阜羽島駅からちょっと行った所に、天つゆなしで食べる空天丼の店があったので、そこで夕食です。
カラッとした天ぷらの食感が愉しめる一品で、今回はセットメニューでエビマヨ丼も頼みました。

翌日はバイク好きオーナーのDear Road Cafeでオムライスで昼食にしました。
ケチャップ多めのふわとろなオムライスで、結構腹も膨れます。

フェリーに乗ったら風呂に入り、レストランでバイキング形式で夕食にします。
名門大洋フェリーはメニューに刺身が出たり、チョコファウンテンをやっていたりとバラエティ豊かです。

今回、岐阜の酒で選んだのが小左衛門と三千桜です。
小左衛門は結構愉しめましたが、三千桜の方は生原酒なのに9か月前の蔵出しなので、ちょっと諄くなっていました。


今回の宿:ウィークリー翔岐阜羽島ホステル
 岐阜県を中心に全国展開しているウィークリーホテルの系列で、ここは一泊1900円です。
 安い代わりにアメニティーが無い、管理人が特定時間以外不在などありますが、個室で共同大浴場があり人工温泉です。
 旅行慣れしている人には全然問題ないので、安くてもドミは嫌な方には良い宿だと思います。
ブログパーツ