FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

標高の高い白馬は雨に降られましたが、大町まで標高を下げると雨が全くなくなりました。
曇天の冷涼な気温の下、2日目は佐久に向かってツーリングです。

千曲ビューライン
千曲ビューライン
岩村田祇園祭
岩村田祇園祭
白馬・大町から上田方面へ抜けるには、一部狭隘路が続きますが県道55号線を使うのが早道です。
長野県は南北方向にに尾根が走っているので、東西方向は山岳ルートになりますが、バイクには愉しいワインディングになります。

上田から別所温泉方面に向かうと、途中に千曲ビューラインに入るルートがあります。
上田~佐久間の国道18号線は混みやすいので、交通量が少なく景色も良い千曲ビューライン経由の方がお勧めです。

宿を予約した日に岩村田の街中で祭りをやっていたので、その地元の祭りを鑑賞してきました。
丁度中心商店街で祭りのピークになっており、神輿を担ぐ子供達に消防団からの放水が浴びせ掛けられていました。

その後、本業の人達の大きな神輿と、吹奏楽団の行進があり、花火が上がって終了でした。
因みに放水は観客側にも飛んでくるので、うかうかしているとびしょ濡れになります。


今回の(゚д゚)ウマー
黒部ダムカレー
福来家カレー
佐久ホテル夕食
佐久ホテル夕食
生酒
戸塚酒造
よもぎ焼酎
よもぎ焼酎
ジオそば
ジオそば
大町に来たら黒部ダムカレーを食べたいので、本業はラーメン屋の福来家でダムカレーを食べて来ました。
船に見立てたフライは鮭フライで、結構量が多いのですが、さっぱりした味わいのカレーなので小食の人でも食べられます。
150円の水が付き、黒四にかけて964円ですが、儲けが少ないのかメニューに無いので直接注文してください。

今回泊まった佐久ホテルは1000円プラスで夕食が付き、個出しの料理としては思った以上の物が出てきました。
更に写真から2品位追加され、酒の肴としてもおかずとしても充分な質と量の料理でした。

佐久ホテルのすぐ近くに戸塚酒造と言う小さな酒蔵があり、一部の酒を佐久ホテル専用ラベルの商品で出しています。
成分から見て本醸造の生酒で、軽い口当たりの中口の飲み口であり、料理に合う食中酒の酒です。

佐久ホテルは宿泊料金が格安なのですが、ホテル内で醸しているよもぎ焼酎と、栽培している天茶が無料で戴けます。
よもぎ焼酎を天茶で割ると甘口焼酎になり、幾らでも入って行くので、嗜む程度に戴いておいた方が翌日安心です。

翌日、内山峠越えで群馬県に入りましたが、猛暑で食欲が落ちたので、道の駅しもにたでジオ蕎麦を食べて来ました。
下仁田特産の蒟蒻をジオパークに見立てた蕎麦で、蕎麦に千切り大根が混ぜてあり、さっぱりとして食べ易い一品でした。


今回の宿:天然温泉 佐久ホテル
 長野県でも有数の古い温泉旅館の様で、過去に偉人の方も泊まっており、それが部屋名になっています。
 食事と酒は上記の通りで、基本二名以上の様ですが、閑散期は一名でも格安で泊まれます。
 温泉は冷泉なので加温ですが、湯船内が見え無い程の褐色の濁り湯で、ツーリングで疲れた体に温泉成分が沁みます。
久しく遠出していなかったので、長野の方へツーリングへ出かけて来ました。
梅雨は明けていないのですが、この時期は炎天下よりは曇天の方が体力的に走り易いものです。

利根沼田望郷ライン
利根沼田望郷ライン
みみずくの湯
みみずくの湯
茨城から長野へ行く場合、高速か国道50・18号が最短ですが、走っていて面白味もありません。
金精峠・鳥居峠を経由する栃木・群馬の山岳ルートなら適度なワインディングもあり、50㎞遠くなりますが楽しいルートです。

途中、沼田の街中に入ると混雑するので、利根沼田望郷ラインから月夜野経由で中之条方面へ抜けてしまいます。
後閑辺りの抜け道に隘路がありますが、途中道の駅もあったりで基本走り易いルートです。

折角白馬村まで来て、駅から遠くない所に八方温泉もあるので、夜まで営業しているみみずくの湯に入って来ました。
内湯と露天風呂のある共同浴場で、露天風呂からは眼前に八方尾根が広がります。

昼に行けば温泉うどんとかもやっている様ですが、夜は飲料の自販機しかありません。
スマホの割引画面を見せれば100円引きになるので、500円の券を券売機で購入してください。


今回の(゚д゚)ウマー
山賊焼
川場田園プラザ
ベーコンステーキ
グリンデル
豊賀
toyoka2016.jpg
ここ数年で人気が上がってきている川場田園プラザの道の駅で、山賊焼と焼き立てパンで昼食です。
コッペパンにソーセージを挟み、ホットドッグ作って池の端のベンチで食べていました。
ここの道の駅は来場者が多く、バイクは駐輪場に停められますが、車は数百m先の駐車場になる事もあります。

白馬のグルメを調べていたら、自家製ベーコンを出す洋食店があったので、グリンデルにてベーコンステーキ定食で夕食にしました。
厚切りのベーコンに程良く火が通してあり、量は多めながら、脂もさっぱりした感じなので最後まで美味しくいただけます。
人気店ですぐに駐車場が一杯になりますが、変形部分にバイクなら1~2台位は停められそうな感じです。

長野は二番目に酒蔵数が多いので、長野に来たら日本酒を愉しむのが旅の醍醐味です。
今回は小布施町の豊賀 純米吟醸を選択し、肴は駅近くにあるスーパーでサラダ類を調達しました。
女性杜氏の醸す酒で、日本酒度+3ながらやや甘口の口当たりのいい飲みやすい酒です。


今回の宿:五竜ドライブステーション
 スキーシーズンがピークの宿で、それ以外の客数の少ない時期は、相部屋感を避けるようにベッドの割り振りをしてくれます。
 フェリーの二等寝台の様なベッドで、不幸にもイビキの人が近くになったら、耳栓等で自己防衛するしかありません。(フロントでも売っています。)
 格安なのでシャワー200円ですが、近くの十郎の湯の割引券がフロントにあるので、温泉に行くという手もあります。
オートバックスから、夏のセールと誕生月のバースデー葉書が届きました。
ポイントやら景品やら沢山貰えたので、貰ったポイントでリアワイパーのゴムを交換しました。

リアワイパー
リアワイパー
去年も貰ったポイントでフロントのワイパーゴムを交換したので、今年はリアワイパーです。
リアワイパーの使用頻度はとても少ないのですが、きっかけが無いと交換しないので、この際交換してしまいます。

メンテナンス会員なら工賃無料で交換して貰えますが、抜いて挿し直すだけなので自分で交換してしまいます。
ワイパーゴムは色々な種類が置いてありますが、一番安価なオートバックスのプライベートブランドで充分なので、それを購入しました。

因みにジムニー(JB23)のオートバックスブランドワイパーゴムの型番は、
 フロントワイパー: F40G, F45G
 リアワイパー: F30G
になります。(上記型番クリックで楽天からでも買えます。)

慣れないとゴムの溝にブレードをはめるのに苦労しますが、1回やれば慣れてしまうと思います。
あとゴムにカーボンの粉がまぶしてあるので、結構な頻度で手が汚れるので注意して作業してください。

手間や廃棄物の大きいメンテナンスは店任せの方が良いかもしれませんが、数分で終わる様なメンテナンスは、自分でやった方が安くて早いものです。
福島の方に所用があったので、足を延ばして飯坂温泉に行って来ました。
半年前に行った時には既に紅葉も終わっていましたが、今回は新緑の時期での温泉です。

飯坂温泉
飯坂温泉2016
松尾芭蕉像
飯坂芭蕉像
左は半年前と同じ構図で愛宕山の展望台から撮った写真です。
前回は曇っている事もあり、くすんだ感じでしたが、今回は晴天の下新緑に映える温泉街が一望できました。

飯坂温泉の温泉街や旅館街は、飯坂温泉駅近辺に集中している様な感じです。
駅前には十綱橋と松尾芭蕉像があり、飯坂温泉のイメージとしてよく使われるアングルです。

ちゃんこちゃんこの湯
ちゃんこちゃんこの湯
華滝露天風呂
華滝露天風呂
飯坂温泉の足湯は2カ所あり、一つが駅から橋を渡ってすぐにあるちゃんこちゃんこの湯です。
こちらは源泉直入で物凄く熱く、水を入れる事もできないので、冬以外は旧堀切邸の方の足湯が良いかもしれません。

今回泊まった華滝には窓が無い内湯の様な露天風呂がありますが、暑い時には直射日光が遮られ良い感じです。
今回は宿泊客は少なめで且つ気温が高かったので、内湯も露天も宿泊中はほぼ貸し切り状態でした。


今回の(゚д゚)ウマー
華滝夕食
華滝夕食
金寳
金宝
泉川
泉川
華滝は宿泊費が安めでしたが、夕食が沢山出てきます。
数が多くても料理の質は高めで、上記の写真の他に3品位追加されます。
要望があれば、馬刺しなどの別注料理も承る様です。

今回の料理に合わせたのが、郡山の酒蔵である金寳の純米酒です。
食中酒に合うやや辛口の飲み口で、冷酒として提供されるのでスイスイ入って行きます。
華滝は冷酒が二種類あり、辛口の本醸造酒も置いてあります。

行きの途中で寄った酒屋で、入手困難である飛露喜の地元向けブランド泉川を購入しました。
精米55%ながら最近まで普通酒で売り出していたもので、吟醸に変わってからも1升2000円位で買えます。
飲み口は結構薄めの感じで、旨さとコスパに関しては、有名処の地元向けブランドである喜久泉や朝日鷹と似たような感じです。


今回の宿:飯坂温泉 くつろぎの宿 華滝
 食事と風呂に関しては上記の写真の通りで、部屋もリフォームしてあるのか結構綺麗になっています。
 駅から離れた所に立地しているので、駅まで歩いてから買い出しの後、温泉街を周って帰ってくればいい散策ルートになります。
 小さいながら売店もあるので、そこで御土産や軽食なども買えます。
ブログパーツ