FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

年末進行で忙殺される中、週末の休みが取れたので日光温泉へ行ってきました。
世界遺産に登録された東照宮脇にある温泉なので、散策する所は沢山あります。

東照宮
東照宮
二荒山神社
二荒山神社
法隆寺もそうでしたが、世界遺産に登録されてから拝観料が値上げされ、東照宮は階段から先が有料区域です。
関東に住んでいる人ならば遠足で三猿や眠り猫を見ているので、特に入る気も起きませんでした。
外国の観光客や御高齢の方も多く、そう言った方々は嬉々として入っていきました。

東照宮脇の参道からは二荒山神社へ繋がっており、こちらも世界遺産ですが参拝は無料です。
付帯設備や宝物殿は別途料金となりますが、神社本来のお参りはプライスレスなので道中の安全を願っておきましょう。
因みに世界遺産区域内にはポケストップやジムが沢山あり、日本限定のカモネギも出ます。


神橋
神橋
春茂登大浴場
春茂登温泉
東照宮を越えて反対側に降りると、日光渋滞のメッカである神橋交差点近くに出ます。
交差点の形状から考えて神橋は歩道として供用されていたような感じですが、世界遺産登録後は一端が壁で閉鎖されています。
渡れない橋なのに渡橋料300円掛かりますが、無料開放で橋が傷むのよりは良いのかもしれません。

今回宿泊したホテル春茂登の日光温泉は、pH8.5位のアルカリ単純温泉で、別途貸し切りの家族風呂もあります。
地下ではありませんがホテルの最奥部にあり、壁の月光型照明を見ながら、やや温めの温泉に長く入っていられます。


今回の(゚д゚)ウマー
魚ラーメン
匠仁坊
春茂登夕食
春茂登夕食
九平次
九平次山田錦
焼きカレー
焼きカレー
行きの途中で鹿沼を経由したので、週末は魚だしのラーメンを出す匠仁坊で昼食としました。
鹹味よりも出汁がメインのスープで食も進み、麺が足りなければ替え玉もできます。

春茂登の夕食は日光なので湯葉料理が付き、天ぷらや煮つけの他に小鍋はすき焼きが出ました。
廉価な宿泊費の割には、部屋食でこれだけの量と質が提供されたので満足な夕食でした。

今回泊まったのは栃木県ですが、愛知県の醸し人九平次(山田錦)が手に入ったので、夕食の供としました。
相変わらず濃厚な飲み口ですが、料理の味を妨げることはないので、食中酒のワインのような感じで頂けます。

帰りに道の駅はがに寄り、そこのレストランに焼きカレーなる物があったので、それで昼食にしました。
カレーと生卵にチーズをトッピングしたものを焼いており、カレーとグラタンの中間のような味わいの一品でした。


今回の宿:日光温泉 ホテル 春茂登
 食事と温泉は上記写真の通りで、新しめの感じの部屋には、加湿器を兼ねた空気清浄機が置いてありました。
 ロビーの土産物屋には昔ながらの土産物も置いてあり、セルフですがウェルカムドリンクサービスもやっています。
 格安の宿泊費なのでサークル合宿や外国人の利用も多い様ですが、煩く感じることなく静かに過ごせました。
先日福島へ行く用事があったので、帰り道に猪苗代町の中ノ沢温泉で一泊。
安達太良山の麓から6㎞位引き湯している、12軒程の旅館街のある温泉です。

中ノ沢温泉街
中ノ沢温泉街
温泉街地図
中ノ沢地図
上が温泉神社、下が郵便局の間にあるのが温泉街で、食堂や土産物店、菓子店等が温泉街内にあります。
郵便局にポケストップがあり、近くの菓子店にも入るので、中ノ沢温泉名物の天ぷら饅頭を食べながら休憩も取るのも一興です。

中ノ沢温泉の旅館の多くが日帰り入浴が出来、それぞれ個性に富んだ露天風呂を有しています。
温泉神社の近くに露天風呂の写真の入った旅館街の地図があるので、気になる他の湯を愉しむこともできます。


花見屋露天風呂
花見屋露天風呂
母成グリーンライン
母成グリーンライン
今回泊まったのは庭園露天風呂のある花見屋で、やや硫黄臭のする強酸性の温泉です。
飲泉も出来るようで、コップも置いてありますが、pH2なので飲泉後は速やかに口を濯いだ方が良いと思われます。
中ノ沢温泉は、秋田の玉川温泉と並んで湧出量日本一であり、源泉温度も高めですが引き湯の間にいい具合に温度が下がるようです。

翌日は嘗て有料道路であった母成グリーンラインから郡山を経由し帰宅しました。
前日経由した国道115号線を含め、中ノ沢温泉付近は走っていて楽しい道路が沢山あります。
中ノ沢温泉経由のバスもありますが、朝夕に2~3本位しかないので、公共機関利用の方は御注意ください。


今回の(゚д゚)ウマー
花見屋夕食
花見屋夕食
稲川
稲川
陶板焼きに蒸し鶏と肉料理がメインで、刺身やもずく酢の海等の料理もつく夕食でした。
基本酒の肴となる料理で、おかずを食べきっても、シメのご飯は釜飯なので味噌汁で食べられます。

今回食事の供としたのが、地元猪苗代町の稲川生貯蔵酒です。
淡麗でやや辛口の飲み口で、食中酒として呑むにはちょどいい具合の酒です。
因みに土産売り場にある、大吟醸や大辛口の四合瓶も注文出来るので、興味のある方は是非。


今回の宿:中ノ沢温泉 花見屋旅館
 結構格安の宿泊料金の割には上記のような風呂と食事が提供され、部屋も広めでコスパ高めです。
 建屋自体は古いのでしょうけども、リフォームされ清掃も行き届いているので快適に過ごせます。
 卓球やカラオケもあるので、多人数で行っても退屈はしないと思います。
ブログパーツ