FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

リモコンキーのロック動作の距離が短くなったのと、誤動作が出てきたので電池を交換することにしました。
6年間全く交換していないので、頃合い的にも交換時です。


リモコンキー
リモコンキー
KTC プラス(クロス)ベビードライバー

リモコンキーはメーカー問わずに大概が1本のビスで固定されており、そのビスさえ外せばカバーは簡単に取れます。
只、このビスが結構強く固定されており、精密ドライバーで開けようとすると力が上手く入らずなめることになります。
ベビードライバーを使って押すように回せば、なめることなくビスを外すことができます。(画像クリックで楽天に飛びます。)

ジムニーの場合はリモコンキーの電池はCR1220で、100円ショップでも買うことができます。
ツメをずらして電池を入れ替えるだけなので、特に難しい作業ではありません。

時折発生していた誤作動の内容ですが、ドアをロックし施錠したはずですが、何故かすぐロックが解除されてしまいます。
電池を交換した直後なのに、同様の誤作動が再発生していました。

リモコンキーの中を見ると埃が大量に詰まっており、基盤のスイッチ部分に接するゴム面には水分が付着していました。
誤作動の原因は電池の容量減よりも、水分や埃の可能性が大きいと思われるので、奇麗に掃除した上で再発生しないかしばらく様子を見たいと思います。

リモコンキーを開けて分かったことですが、全く防水処理などは行われてはおらず、水没させたら基盤にすぐ水が回る構造になっています。
リモコンキーが使い物にならず新規で作り直すとなると、大体8千円前後は掛かるようです。

販売店などに持っていくと、電池交換だけで540円位とられるようです。
リモコンキー内のクリーニングまでやってくれるならいいのですが、ただの電池交換なら自分でやった方が良い気がします。

(2017.10.25 追記)
リモコンキーの電池交換だけではロック後の即ロック解除、ロック解除後の即ロックの誤作動は直っていませんでした。
しかし、車載バッテリーを交換したら上記の誤作動は発生しなくなりました。
ロック制御自体は車載バッテリーで行っているので、車載バッテリー劣化でも誤作動が起きるようです。
東北の方に所用があったので、前泊地として飯坂温泉に泊まってきました。
飯坂温泉は宿泊料金が安いわりに、部屋が奇麗で食事が沢山出る宿が多くあります。

飯坂温泉街
飯坂温泉街
天竜閣露天風呂
天竜閣露天風呂
飯坂温泉は写真の様に摺上川の両岸に旅館が林立し、飲食店や土産物店は駅の近くにあります。
共同浴場の他、無料の足湯も3か所あるので、温泉街を散策しながら足湯で休憩も良いものです。

飯坂温泉のコンビニは、駅併設のファミリーマートが1店舗あるだけです。
温泉街内に円盤餃子を出す店が幾つか夕方から営業しているので、酒と夕食はそちらで摂る事も出来ます。

飯坂温泉は源泉温度が結構高い所が多く、源泉かけ流しの所は工夫して温度を下げている様です。
今回宿泊した天竜閣でも、適度に温度を下げた源泉が吐出されており、秋の空気の中露天風呂を愉しむ事が出来ました。


今回の(゚д゚)ウマー
円盤餃子定食
円盤餃子定食
天竜閣夕食
天竜閣夕食
末広
末広生
照井の南矢野目店は平日なら円盤餃子を定食として食べる事ができ、100円プラスで具沢山の卵かけごはんになります。
パリパリのおいしい餃子ですが、22個は結構量があるので、ラーメンを頼んだ人とシェアする位でちょうどいい具合です。

宿泊した天竜閣は結構格安の宿泊料金の割には食事が沢山出てきており、写真は標準の和懐石の夕食です。
牛すき焼きとカニがメインで、他にも御造りや煮つけなど種類も豊富で酒が進みます。

今回食事の供に選んだのが、会津若松の末広生酒で、福島で一番最初に開発された生酒のようです。
飲み口は中口位で、生酒なのでフレッシュ且つすっきりした後口で、食中酒としてよく合う酒でした。


今回の宿:飯坂温泉 ホテル天竜閣
 温泉と食事は上記写真の通りで、温泉は川沿いの別館、食事は基本会場食です。
 たまに安いプランが放流されますが、こちらは本館になるので、温泉への移動が少ない方が良い方は標準の別館の方を選んでください。
 部屋の中にやや大きめの冷蔵庫がありますが、コンビニから離れているので、ホテル内で買うか早めの買い出しをしていた方が良いです。
北海道滞在中、晴れていたのは実質2日だけでした。
曇っていても温泉と食は愉しめるので、今年の北海道はそちらに偏重でした。

洞爺湖温泉街
洞爺湖温泉街
ロングラン花火大会
ロングラン花火大会
北海道ツリーングの最終日は苫小牧に戻る事を考えて、洞爺湖・定山渓・登別いずれかの温泉へ泊っています。
洞爺湖温泉は大きなホテルや旅館が連なる温泉で、土産物店や飲食店の他、コンビニやドラッグストアなど温泉街には色々な店舗が揃っています。

冬場や荒天の時を除いて夜になると花火大会をやっており、洞爺湖を横断するように15分に渡って花火が上がります。
洞爺湖畔には幾つかキャンプ場があり、花火は結構高く上がるので、キャンプ場からも花火を愉しむ事が出来ます。

神威岬
神威岬
神威岩
神威岩
北海道最終日に碧落一洗とばかりに晴れたので、積丹半島まで足を伸ばしました。
積丹も抜けるような青空だったので、神威岬近辺は積丹ブルーで真っ青になっていました。

駐車場から見える丘の先端が左写真であり、その先に見える白い灯台が岬の先端で、駐車場からの往復で1時間位掛かります。
岬の先端には右写真の神威岩があり、300°以上の青い水平線と蒼穹の景観が広がります。
苫小牧迄200km戻る必要がありますが、積丹ブルーと下記のうに丼の為に来た甲斐はありました。

因みに、この後余市で給油後にエンジンが掛からなくなり、血の気が引く思いをしました。
ダメ元で押し掛けしてみたら、何とかセルが回りエンジンが再起動しました。
原因と修理内容はまた後々。


今回の(゚д゚)ウマー
スープカレー
スープカレー
ホテル夕食
洞爺観光ホテル夕食
生うに丼
うに丼
カレーラーメン
カレーラーメン
サッポロクラシック
サッポロクラシック夏の爽快
札幌の「べす」で、北海道御当地グルメのスープカレーで昼食としました。
一番シンプルなチキンカレーで、中辛の2辛でありながら結構ホットであり、スープなだけにスパイシーな味わいを楽しめる一品でした。

洞爺観光ホテルはビジネスプランなら結構格安で泊まれる一方、食事は写真の様にしっかり出てきて、ちゃんちゃ焼きも付いてきました。
今回選択した酒は、旭川の男山くーる(生貯蔵酒)で、食中酒に合うやや辛口の飲み口で北海道限定らしいです。
旨い酒と十分な御膳で満足な感じですが、ハーフバイキングもあるので、大食漢の人も食い足りないと言う事はないと思われます。

翌日積丹へ向かったのは、積丹ブルーの他に旬の積丹のウニを食べるためであり、一番有名な「みさき」へ行ってきました。
店主がウニ漁師なので、新鮮な生ウニが丼いっぱいに敷き詰められ、口に含むと独特の香りと僅かな甘さが広がります。
積丹にはウニ丼屋が沢山ありますが、漁の具合や客の量によっては早期売切れや臨時閉店もあるので気を付けてください。

北海道最後の食事は、いつもの如く味の大王でカレーラーメンであり、スマホクーポンで味玉をおまけして貰いました。
餡のようにとろみの付いたカレーのスープは良く麺に絡み、最後まで冷めにくく、カレーとラーメンの両方を愉しめる一品でした。

北海道限定のビールとしてサッポロクラシックがありますが、茨城や埼玉ではセイコーマートで結構買うことができます。
ただ、季節限定品は北海道でも限られた店舗でしか販売がなく、上記の夏の爽快は今年の夏だけの限定品です。
ノーマルと飲み比べた感じは、淡麗な感じの飲み口で、爽快感を出すために味わいよりも喉ごしを優先したような感じでした。


今回の宿:洞爺湖温泉 洞爺観光ホテル
 食事に関しては上記写真の通りで、酒も種類が多く、価格は一般的な旅館の設定でした。
 温泉は広い大浴場と露天風呂があり、洞窟風呂の方にサウナやミニ露天風呂もありますが朝は閉鎖されています。
 大きな温泉ホテルなので外国のツアー客の方も沢山いますが、泊まった時はマナーの良い人が多く静かでした。
今年の盆休みの北海道は太平洋側が連日雨だったようで、北寄りの方が雨が降りにくかったようです。
中標津から層雲峡へ行くのに、帯広経由のルートもありましたが、天気の良さげな北見回りにしました。

開陽台牧場
開陽台牧場
摩周湖
摩周湖2017
ライダーの聖地のような扱いになっている開陽台でしたが、曇天ではあまり見所もありません。
展望台の下には結構勾配のある牧場が広がっており、日によっては放牧している牛が見受けられます。
写真の右手の方に見えるのはオフロードのバイクで、広大な牧場内をバイクを使って整備や牛追いなどを行っている様です。

麓が晴れていても視界が数メートルになる事もある摩周湖ですが、この日は曇天でありながら湖面を見る事が出来ました。
霧の摩周湖とは言いますが、確率1/2位で湖面を見る事が出来ているので、函館山からの夜景よりも見える確率が高いと思われます。
国立公園内の駐車場はバイク200円ですが、摩周湖は硫黄山と共用なの半券でもう一方が無料で利用できます。


硫黄山
硫黄山2017
層雲峡温泉
層雲峡温泉街
半券もあったので山を下って、そのまま硫黄山へ行ってきました。
写真の様に蒸気の立ち昇るすぐ近くまで行く事ができ、硫黄山の蒸し卵は山の方ではなく売店の方で売っています。
正式な売店でしか蒸し卵は買えなくなったので、卵売りの注意看板表記がちょっとだけ変わったようです。

今回宿泊したホテルからちょっと離れた所に層雲峡温泉の温泉街があり、一般的な温泉街とは違い欧米風の通りや建屋で統一されています。
建屋内は普通の温泉街と同様に土産物店や日帰り温泉施設などがあり、観光客相手に夜まで営業している様です。
温泉に入る時間が取れない方は無料の足湯もあるので、石北峠・三国峠前後の休憩地として利用する手もあります。


今回の(゚д゚)ウマー
エゾシカバーガー
エゾシカバーガー
ホテル夕食
層雲峡ホテル夕食
千歳鶴
千歳鶴
ジビエかどうか分かりませんが、摩周の道の駅でエゾシカのハンバーガーと地元の低温殺菌乳で昼食にしました。
脂肪少なめのあっさり系のハンバーガーで、脂肪の味の濃い牛乳と合わせ満足のいく組み合わせのメニューでした。

夜は宿泊した層雲峡観光ホテルで、ズワイガニ食べ放題のバイキングで夕食となりました。
選んだ酒は札幌の千歳鶴 純米生酒で、中口でフレッシュな飲み口の一献がホテルオリジナルのラベルで出てきます。
バイキングのメニューは一般的な物が多いのですが、酒は強気の価格設定で色々な種類の物が置いてあります。
旨い酒で蟹が食い放題なので、どんどん酒も蟹も進みます。


今回の宿:層雲峡温泉 層雲峡観光ホテル
 食事に関しては上記の通りで、温泉大浴場はとても広く、湯着を着て入る混浴の露天風呂は層雲峡温泉最大です。
 宿泊するタイミングにもよりますが、安いビジネスプランでも高層階のダブルルームなのでゆったりと寛ぐことができます。
 徒歩圏内に温泉街とちょっと有名なセブンイレブンがあり、買い出しに困る事もないと思います。
ブログパーツ