FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

用事が済んだら早々に帰宅するつもりでしたが、大口のクーポンが手に入ったので白石の温泉にもう一泊することにしました。
白石温泉と名乗っているのは薬師の湯だけですが、白石・白石蔵王駅からも遠くはないのでアクセスは便利です。

薬師の湯大浴場
薬師の湯大浴場
安達太良山
安達太良山2019
薬師の湯の大浴場は、大浴槽・ジャグジー・露天風呂からなっており、ジャグジー・露天は温泉ではないようです。
温泉温度は高めに設定してあるようで、保温効果も高く入浴後も暫く温かい状態が持続します。

3月の南東北は山に雪が残っているので、蔵王山や安達太良山が頂上だけ冠雪する風景が見られます。
日本海側でも里の方は着雪は少なくなりますが、日本海側へ峠越えをする際はまだ冬タイヤ必須のようです。


今回の(゚Д゚)ウマー
薬師の湯夕食
薬師の湯夕食
蔵王
蔵王生貯蔵
薬師の湯朝食
薬師の湯朝食
温泉ぶためし
温泉ぶためし
薬師の湯も食事の質が高く、格安プランでも献立表と共に写真のような品数多めの夕食となります。
食前酒に始まり、御造り・鍋物の他創作料理が出て、酒と共に一通り愉しんだ辺りで釜飯が炊き上がります。

薬師の湯提供の冷酒は地元白石市酒蔵の蔵王で、生貯蔵酒の形で出てきます。
淡麗のやや辛口な飲み口で、料理の味を引き立てる軽い感じの酒です。

朝食はバイキングスタイルで、一般的なメニューの他、地元食材の豆腐や野菜を使用した一品もあります。
ご飯は健康粥も用意してあるので、朝の食が細い人も食べられる品揃えになっています。

昼食は朝食食べ過ぎで余り食べられなかったので、道の駅安達のみどり湯食堂にて温泉ぶためし小にしました。
溢れるばかりの大に比べれば御椀一杯程度ですが、肉はしっかり入っているので、充分食べごたえはあります。


今回の宿:白石温泉薬師の湯
 温泉と食事は上記の通りで、老人福祉施設併設の宿であり、格安プランの部屋は施設の上の階になります。
 観光施設はキツネ村に近いためキツネ村送迎プランも有り、キツネ村・駅循環で当日・翌日の送迎をしています。
 館内に土産物店や自販機も複数あるため買い出しに行く必要はありませんが、買い出しが必要な際コンビニ等は白石の街まで行かないと無いようです。
宮城に所要があったので、前泊として穴原温泉に泊まってきました。
穴原温泉は奥飯坂の別名があり、飯坂温泉とは違った閑静な温泉街になっています。

穴原温泉街
穴原温泉
いづみや露天風呂
いづみや露天風呂
穴原温泉は四方を山に囲まれており、大きめの旅館が林立する温泉街です。
写真右下の奥十綱橋を渡ると天王寺や、すりかみ浄水場方面へ行くことができます。
すりかみ浄水場では浄水場カードも配っているので(平日のみ)、興味のある方は急勾配を登って行ってみてください。

穴原温泉は飯坂温泉と同様源泉温度高めで、広い湯船で源泉かけ流しでも充分熱めの湯になっています。
今の時期ならば露天風呂の温度が丁度よい具合で、吐出口から離れた所で長湯もできます。
いづみやは摺上川沿いに立っている宿なので、新緑や紅葉の時期は露天風呂から色を見ながら温泉を愉しむことができるようです。


今回の(゚Д゚)ウマー
天そば
平田天そば
いづみや夕食
いづみや夕食
榮川
榮川生貯蔵
いづみや朝食
いづみや朝食
道の駅ひらたでは手打ち蕎麦をやっており、価格も安いので天ぷら蕎麦で昼食としました。
短めの麺に歯ごたえのある蕎麦と、エビと地元野菜の天ぷらが良い具合の調和となっている高コスパの一品でした。

いづみやの夕食は品数が豊富で、カニ付きプランにしても鱈鍋と豚の陶板焼きと、酒が進むようなメニューがテーブル狭しと提供されます。
揚げたてエビフライを食べている間に、鍋物焼物が出来上がるので順を追って料理を頂くことができます。

提供される冷酒は辛口の会津ほまれと甘口の榮川があり、今回は磐梯町の榮川生貯蔵酒を選択しました。
榮川の特徴が甘口なのに淡麗であり、インパクト弱めの食中酒な感じなので、私は燗酒にする方が好きかもしれません。

翌日の朝食も品数豊富で、ごはんのおかわり3杯したくなるのを自称する位のことはあります。
ロビーで朝は中華粥、夜はちゃんこうどんを振る舞っているので、宿泊中は腹がへることはありません。


今回の宿:旬樹庵 湯めし いづみや
 温泉と食事は上記の通りで、食事が良くて部屋も広い割には穴原温泉では格安の宿です。
 穴原温泉街自体は旅館しかないので、買い出しや観光等は飯坂温泉がメインになり、最寄りのコンビニまで1km位です。
 飯坂温泉駅迄も2km位なので歩ける距離ではありますが、送迎もやっているようなので予約時にご相談ください。
冬なので購入したバイクの走行距離が伸びず、慣らし運転が中々終わらないので房総半島を縦断してきました。
ダムカードを集めつつ水戸から往復450km位なので、慣らし運転の半分くらいが完了します。

南房総早春
南房総早春
千葉ダムカード
千葉ダムカード
2月といえども房総半島南端は結構温暖なので、彼岸桜と菜の花の開花が同時に見られます。
上の写真は和田浦の写真ですが、鴨川の道の駅では花摘みの営業も開始していました。

千葉県のダムカードは東側が休日も頒布していて、西側が平日のみの頒布の傾向があるようです。
今回、初日に印旛沼から南下し、翌日亀山ダムから北上する形でダム周りをしたら、東金ダムを除く千葉のダムカードが全て集まりました。(東金ダムは平日のみ)

更に土浦で平日に頒布している霞ヶ浦導水の物と合わせて13枚貰うことができました。
因みに、天皇陛下御在位三十年の年なので、5月末まで一部のダムで在位三十年記念カードも頒布しています。


今回の(゚Д゚)ウマー
味噌ラーメン
味噌ラーメン
鈴木屋夕食
鈴木屋夕食
寿萬亀
寿萬亀
全国チェーンのラーメンめん丸は千葉県東金市に本社があり、千葉のご当地ラーメンというわけではありませんが四街道で味噌ラーメンを食べてきました。
濃厚な赤味噌のスープと、それに絡むオリジナル麺の塩梅がよく、餃子も小口で注文できるので食欲を充分に満たせます。

夕食は食事評価の高かった魚拓荘鈴木屋で、沢山の海鮮と共に地酒を一献と行きました。
地魚のお造りからサザエのつぼ焼きと、地元の漁師鍋にいたにたの他、色々な種類の魚料理を愉しむことができます。
料理の品数も多く初見の物もありますが、料理の内容については担当の方が説明してくれます。

今回の料理に合わせたのがお隣鴨川の寿萬亀で、中口くらいの純米吟醸生貯蔵酒です。
魚料理に合うような程よい呑み口と、個性を強く主張しない香るような吟醸香が余韻として愉しめる酒でした。
辛口の冷酒がご所望の方は、腰古井と君の井の用意もあるようです。


今回の宿:お魚料理の宿 魚拓荘 鈴木屋
 食事に関しては上記の通りで、風呂は温泉ではありませんが井戸水を沸かせた大きな湯船の大浴場があります。
 隣接のコンビニが無くなり、スーパーと地酒酒屋が少し離れたところにあります。(基本持ち込み御遠慮です。)
 低価格で高サービスの宿ですが食事時間に縛りがあるので、早めの食事を取りたい方は予約段階で告げていた方が良いようです。
ブログパーツ