FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

関東が雨になり、雨の中をバイクで帰宅するのも面倒なので山形の方へ逃げました。
福島市は朝のうち雨でしたが、出発する頃には雨も止み、終日雨具を使用することなくツーリングを愉しめました。

湯町足湯
かみのやま温泉足湯
伊勢屋温泉
伊勢屋温泉
置賜地方はダムカードを配布しているダムが少ないのですが、休日も配っている所が多いので白川・横川・長井のダムカードを収集できました。
上記のダムは資料館も併設されているので、ダム周辺の情報が色々と得られます。

ダムカードを集めた後にかみのやま温泉を散策し、疲れた足は足湯で癒します。
上記写真は1号源泉の足湯で、ケロリン桶が常備されています。
湯町の足湯だけで3箇所あり、徒歩圏内で5箇所あるので、散策がてら足湯巡りも面白いものです。

今回宿泊した伊勢屋は1号源泉から引湯しており、湯船は然程大きくありませんが宿泊客は少ないので、ほぼ貸し切りで入れます。
源泉温度は高めなのですが、流入量を絞って窓を開けてあるので程良い入浴温度になっていました。


今回の(゚Д゚)ウマー
ざるそばセット
高峰そば工房
伊勢屋夕食
伊勢屋夕食
出羽桜
出羽桜雪女神
辛みそラーメン
辛みそラーメン
白川ダムに行く途中に、手打ちそばの高峰そば工房があったので、ざるそばのセットで昼食としました。
蕎麦はやや固めに茹でられており、ゴマダレのそばがきと合わせて蕎麦を充分愉しめるメニューでした。

伊勢屋の夕食は基本精進料理ですが、トンテキのプレートも付いてくるので充分食は満たせます。
小皿の方は山菜料理がメインの淡白な献立なので、吟醸系の酒の肴としても頂くことができます。

宿で用意されている冷酒は混ぜ物入りだったので、日本酒ファンの方は持ち込み料100円払った方が幸せな気分になれます。
宿から徒歩5分の所に山小酒店があり、上喜元や銀嶺月山等の山形の地酒を扱っているので散策がてら買いに行けます。

その山小酒店で天童市の出羽桜 純米大吟醸 雪女神を購入し、持ち帰るつもりでしたが口直しに開けてしまいました。
吟醸特有の香りは維持しつつ、芳醇ながらやや辛口の呑み口で、淡白な肴にマッチする良い酒でした。

帰路として米沢を経由したので、久しぶりに米沢の龍上海で辛みそ赤湯ラーメンで昼食にしました。
米沢店の辛みそは辛めに作られてますが、スープとのバランスが良いので、麺と絡んで食を充分に満たしてくれます。


今回の宿:かみのやま温泉 姫の湯 伊勢屋
 食事と風呂は上記の通りで、部屋数も少ないので静かな雰囲気で温泉を愉しむことができます。
 買い出しは山小酒店付近にコンビニ等があるので、買い出しは困りませんが飲料は50円の持込料が掛かります。
 大きい湯船に入りたい方は、近くの下大湯が150円で入れるのでそちらを御試しください。
梅雨の晴れ間も中々無いので、連休中に雨が降らなかった東北へ湯治を兼ねたツーリングに出ました。
ツーリングのルート選定として、福島浜通りのダムカードを回収できるルートを走ってきました。

常磐道
常磐道2019
十綱橋
十綱橋2019
浜通りは国道6号線よりも並行している県道の方が走りやすく、ダムカードを配布しているダムも途中に幾つかあります。
只、帰還困難区域は二輪での走行は禁止され、常磐富岡~浪江は高速道路が使用必至になります。

常磐道の線量が高いと言っても、福一原発付近で2.5μSv/hであり、この地点に24時間滞在して胸部X線の被曝量と同じ位です。
放射線源がアルカリ金属のセシウムなので、湿潤な日本では雨で流される物ですが、二輪の通行解除は当面行われないようです。

飯坂温泉も震災直後は1μSv/hを越えていましたが、今は0.1μSv/hちょっとで関東より若干高めなくらいです。
以前は土湯温泉を含め観光客が少なめでしたが、ここ数年は震災前と同じ位に回復しているようです。
客も戻ってきたので、飯坂温泉の中心にある十綱橋は、橋幅が狭いのに人も車も多く通るのでいつも混雑しています。


今回の(゚Д゚)ウマー
トンテキ定食
トンテキ定食
入舟夕食
入舟夕食
宮泉
宮泉雄山錦
浪江町は嘗て全域避難区域でしたが、解除された後は幾つかの店舗が再興されており中心部は普通の都市と変わりません。
再興された店舗の一つである、なみえ肉食堂でトンテキ定食で昼食としました。
ビジネス客御用達なのか肉もボリュームのある厚切りで、独特なタレと絡んで食欲を満たせました。

今回宿泊した旅館入舟は相変わらず安価でありながら品数が多く、酒の肴にも合う献立なので酒も進みます。
写真以外にも2品追加され、いつもは揚げたての天ぷらですが今回はチキンステーキで食べごたえ充分でした。

今回の料理に合わせたのが宮泉 雄山錦 純米酒で、呑み口は中口で食中酒でも合う酒です。
雄山錦は淡麗辛口系が多いような気がしますが、宮泉は香りが高く呑みごたえもありました。


今回の宿:飯坂温泉 旅館 入舟
 飯坂温泉の定宿と化している旅館で、安くて温泉も入れて飯も美味いので気に入っています。
 玄関前の庇部分にバイク二台位駐車できるスペースがあり、バイクで行っても雨や夜露で濡れる心配はありません。
 朝夕共に部屋食で、朝食後はコーヒーも持ってきてくれて細やかなおもてなしの有り難い宿です。
さくらんぼの旬になったので、ダムカードと橋カードを集めつつ蔵王温泉まで行ってきました。
栃木アフターDC限定のダムカードはコンプリートできませんでしたが、橋カードはコンプリートできました。

蔵王プラザホテル露天風呂
蔵王プラザホテル露天風呂
かもしか
かもしか
ダム&橋カード
ダム&橋カード
今回宿泊した蔵王プラザホテルは蔵王温泉内でも大きめのホテルで、庭園を見ながら入れる半露天の大浴場があります。
蔵王温泉は日本湯数の硫黄泉で、低pHの温泉と特有の硫黄の香りが湯治効果をもたらせてくれます。

毎週日曜日は温泉街内で朝市をでやっていますが、この日は勘違いして温泉街内の朝の散歩に成りました。
蔵王温泉近辺はカモシカが生息しているようで、静かな朝だったせいか路地裏からカモシカが顔を出していました。
見た感じは子供のようで、動かずにいるとカモシカの方から近づいて来ます。

今回の道すがら、集めたカードでキャンペーンで貰ったホルダーが良い具合に埋まりました。
ダムカードの方は限定カードをコンプリートできなかったので、ノーマルカードで全部埋める予定です。


今回の(゚Д゚)ウマー
肉そば
坂内肉そば
蔵王PH夕食
蔵王PH夕食
六歌仙
六歌仙
冷たいラーメン
山椒冷たいラーメン
双子
さくらんぼ双子
喜多方周りで山形へ向かったので、休日は大混雑の坂内食堂に行き肉そばの大盛りで昼食にしました。
麺は喜多方特有の縮れ麺で、その麺が見えない程に柔らかいチャーシューが乗り、鹹味の効いたスープと相まった美味の一品でした。

蔵王プラザホテルは時期やプランを選べば格安で泊まれ、格安ながらも写真のように品数多めの夕食が提供されます。
肉が山形豚のしゃぶしゃぶと山形牛の陶板焼きの二品あり、他にお造り、天麩羅、種々の小皿等酒が進む献立になっています。

レストランには山形の地酒が多く用意されており、今回は東根市の六歌仙こまくさ(純米)を選択しました。
呑み口はやや甘口よりでありながらスッキリした感じで、肉にも魚にも合うような食中酒にぴったりな一献でした。

翌日の昼食もラーメンで、山形のB級グルメの冷たいラーメンを、上山の山椒そばやで食べてきました。
チャーシューは脂身抜きで、他は基本温かいのと同等ですが、冷たいと食感が変わるのでスープに差があるような感じでした。

さくらんぼの旬には多くの所でさくらんぼ狩りができますが、そんなに量も食べられないので普通に買って帰りました。
店舗によっては格外品の双子が売っており、安価ですが大粒なので甘く、見た目が悪いだけで高コスパなさくらんぼでした。


今回の宿:蔵王温泉 源泉湯宿 蔵王プラザホテル
 温泉と食事は上記の通りで、スカイケーブルそばの蔵王温泉でも一番高い所にホテルが建っており見晴らしは抜群です。
 県道沿いにコンビニが有り、朝市会場近くの酒屋には羽陽男山や銀嶺月山などの地酒を取り揃えた酒屋もあります。
 温泉街内に足湯が3箇所あるので、散策がてら足湯を愉しむことができます。
ブログパーツ