FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

まだ残暑が続く日々でしたが、夏休み明けで温泉宿に空きが出てきたので塩原元湯温泉へ行ってきました。
暑いときに熱い温泉に入って、湯上がりに飲むビールは格別なものです。

元湯温泉街
元湯温泉街
ゑびすや温泉
ゑびすや温泉
旧塩原町は11の温泉地から温泉郷を形成しており、今回行ったのは奥塩原にある元湯温泉です。
塩原温泉は基本単純泉ですが、奥塩原の元湯と新湯は高濃度の硫黄泉で濁り湯になっています。
渓谷沿いにある元湯温泉は3件の温泉宿が経っており、それぞれに個性的な湯があり日帰り入浴もできます。

今回宿泊したゑびすやは、男湯は混浴であつ湯の弘法の湯(奥)とぬる湯の梶原の湯(手前)からなっており、梶原の湯は夏でも長湯ができます。
弘法の湯は前回来た時は間欠泉でしたが、今回は常時かけ流しでした。
弘法の湯の源泉温度は結構高めなので、気温が高い日は一度どこかへ溜めて冷ましているかもしれません。

ゑびすやの温泉はかつて乾固したものを胃腸薬として売っていた事もあり、温泉入り口には飲泉所もあります。
宿泊すると翌朝の朝食に温泉水で炊いた温泉粥が提供され、仄かに温泉が香るような体に優しい感じのお粥でした。


今回の(゚Д゚)ウマー
たきざわラーメン
たきざわ醤油ラーメン
ゑびすや夕食
ゑびすや夕食
骨酒
骨酒
矢板市には美味いラーメン屋が幾つかあり、今回は手打ちラーメンのたきざわで手打ち醤油の大盛りで昼食にしました。
スープはちょっと濃いめで、縮れ麺にスープがいい具合に絡まって、夏場の汗を書いた時もあり美味たる一品でした。

ゑびすやは元湯温泉でも格安で宿泊できますが、夕食の品数も多く、一品一品が手の混んだ料理になっています。
お造りに肉の小鍋の他、岩魚の塩焼きなどもあり、これらを肴に酒が進みます。

その夕食に合わせたのが岩魚の骨酒であり、丸焼きにした岩魚から良い具合の出汁が日本酒に染み出しています。
魚の匂いは少々しますが、気にならない人はエキスのふんだんに入った酒なのでガンガン行ける感じです。
裏メニュー的な扱いなので、チェックイン時に頼んでみないと提供されるかどうか分かりません。


今回の宿:塩原元湯温泉 ゑびすや
 温泉と食事は上記の通りで、女湯の方は弘法の湯のみが掛け流しになっているようです。
 冷蔵庫は共用の物があり、エアコンはありませんが標高の高い山の中なので、窓を開けておけば夏場でも結構涼しい感じです。
 元湯温泉は旅館以外に何もないので、買い出しは山を下った国道沿いのコンビニや土産物店で済ませたほうがいいです。
北海道ツーリングの最終日は、フェリーの早出や休航に備えて苫小牧近くの温泉宿に泊まっています。
今回は札幌の奥座敷定山渓温泉にて、北海道ツーリングのシメとしました。

定山渓温泉
定山渓温泉
夕張農道
夕張農道
上の写真は定山渓温泉の写真でよく使われるアングルで、後ろに映るのが今回宿泊したホテルミリオーネです。
定山渓温泉の宿は多くが国道から下がった渓流沿いにあり、土産物店は温泉街内にありますがコンビニ等は国道沿いにあります。
お盆時期には花火が上がり、ミリオーネの谷側の部屋ならば外出しなくても花火が見えます。

今回のツーリングでダムカード集めをして、ナビの通りに走ったら結構未走区間を走ることができました。
原野の中の一本道も有名所は人が多くいますが、農道や市道の中にはあまり知られていない良い景観もありました。


フェリーからの朝日
フェリーからの日の出
ダムカード類
北海道ダムカード
ツーリングの疲れのせいか夕食後にすぐ寝てしまい、気が付いたら日の出の1時間前でした。
夏場は水平線付近が霞んでいることが多いのですが、この日は綺麗に晴れ上がり船をシルエットにした朝日が撮れました。
船内に日の出の時間が掲示してあるので、日の出目当ての人が屋外デッキに出ていました。

今回、岩手・青森・北海道のダムカードを集め、途中からマンホールカードと北海道150周年のテッシカードも加わり41枚回収してきました。
寄り道しながらルートを考えるのが好きな人なら収集後に達成感が得られ、カードホルダーに整理すれば旅の思い出にもなります。
因みにダムカード類はトレーディングカードと同じ大きさなので、100均で売っているカードホルダーに綺麗に収まります。


今回の(゚Д゚)ウマー
もりそば大盛
もりそば大盛り
ミリオーネ夕食
ミリオーネ夕食
スープカレー
ファームヤードスープカレー
さんふらわあ夕食
さんふらわあ夕食
桂沢ダムのダムカードを貰いに三笠市幾春別へ行ったので、街の中心にある更科食堂の大盛り蕎麦で昼食にしました。
炭鉱時代からあるような味のある建屋で、歯ごたえのある白い蕎麦は人気があり、地元内外からお客が来ていました。

宿泊したホテルミリオーネの夕食はバイキングであり、北海道の食材を使った焼きたて揚げたての料理が沢山食べられます。
アルコール類は強気の価格設定ですが、沢山飲みたい方は飲み放題メニューも用意してあります。

由仁町の広大な畑の中にファームヤードという一軒家のレストランが有り、そこで地元野菜を使用したスープカレーで昼食にしました。
野菜は基本素揚げにしており、野菜の旨味とスープの香ばしさがマッチした美味の一品でした。

さんふらわあ夕方便の夕食が以前と変更されており、主菜の一品を選択し副菜類はバイキングという形になっていました。
今回はシェフのオススメの冷しゃぶを選択し、揚げ物とサラダと共にビールを愉しむことにしました。


今回の宿:定山渓万世閣ホテルミリオーネ
 食事は上記の通りで、風呂は露天・サウナ・源泉・ジャグジーと一通り揃っている温泉設備になっています。
 温泉饅頭も土産物もホテル内で買うことができ、カラオケ・居酒屋・プールもあるのでホテル内で全てが完結できます。
 バイクはエントランスから少し歩きますが、基本屋根のある所へ止められるので雨の日でも心配はありません。
層雲峡に宿を散ってあったので、日本海岸から北海道内陸にまた戻りました。
朱鞠内湖経由で層雲峡に至るルートは、原生林と無料高速区間なのでかなり燃費良く走れます。

朱鞠内湖畔
朱鞠内湖畔
ペンション銀河温泉
ペンション銀河温泉
日本最大の湛水面積を誇る朱鞠内湖は、キャンプ場などのレクリエーション設備があり、ダム管理所ではダムカードも配っています。
朱鞠内湖畔は旭川や美深と並ぶ日本の寒極で、嘗て記録した-41.2℃のモニュメントがあります。
朱鞠内湖近辺は宇津内湖を含めダムの堤体が3つあり、この極寒の地でダムの建築をした当時の苦労が偲ばれます。

ペンション銀河は個人経営の小さな旅館ですが、温泉は源泉かけ流しに拘っており、清掃後7時間かけて湯船に温泉を溜めているようです。
層雲峡温泉は源泉温度高めの単純泉で、保温効果高めで湯上り後も汗がしっかり出ます。
黒岳の登山後や、ツーリングの疲れを癒やしてくれる安息効果のある温泉でした。


今回の(゚Д゚)ウマー
うにうに丼
うにうに丼
P銀河夕食
ペンション銀河夕食
十一州
十一州
苫前に地元海産物を提供する喫茶食堂ココカピウがあり、そこで二種類のウニ両方が楽しめる、うにうに丼で昼食にしました。
濃厚な味のバフンウニと、口当たりのよいムラサキウニが複層に重なって乗っており、ご飯とともにかき込む贅沢な丼です。
日本酒ファンの人はこれだけ大量のウニがあると、これを肴に吟醸系の酒が欲しくなります。

宿泊したペンション銀河の夕食は品数も多く、お造り、天ぷら、小鍋と酒の肴になる献立も多くなっています。
山菜類は地元食材で、具沢山の牛肉の鍋もあり、酒は持ち込み自由なので好きな酒で料理を愉しむことができました。

その持ち込んだ酒で選択したのが、札幌市にある日本清酒の十一州・純米吟醸です。
北海道の酒は淡麗辛口が多いのですが、この十一州は中口程度の呑み口で、火入れ酒ですが味も香りもしっかりした酒でした。


今回の宿:層雲峡温泉 温泉ペンション銀河
 温泉と料理は上記の通りで、黒岳登山の客層のために朝5時頃からの朝食にも対応してくれます。
 部屋は綺麗で冷蔵庫が置いてあり、エアコンはありませんが、標高が高いので窓を開けていれば涼しい風が入ってきます。
 層雲峡温泉は洋風な温泉街を形成しており、土産店・日帰り湯・コンビニなどが一通り温泉街内にあるので、徒歩で温泉街を愉しむことができます。
未走区間踏破も兼ねて、この日は温根湯温泉から遠別町の旭温泉まで走りました。
道北地方でテッシ武四郎カードの配布も知ったので、途中からこのカードも収集に入りました。

サンルダム
サンルダム
キタキツネ
キタキツネ
国道40号線と並行して道道101号線が走っており、終点の下川には道内で一番新しいサンルダムがあります。
去年できたばかりなので真っ白な堤体が目に映え、資料館併設で休憩も取れます。
道道101号線は原生林の中を走り、マイペースで縦走できますが、住宅の類も殆どないので事故には気をつけてください。

北海道に行けばキタキツネがウロウロしていますが、中にはダムの管理所などを棲家にしているキツネもいます。
管理所の人が言うには、オコジョやテンの他ミンクやアライグマなどの外来種と喧嘩することがあるらしく、キタキツネも生存競争は熾烈なようです。

夕暮れのオロロンライン
オロロンライン
旭温泉浴場
旭温泉浴場
オロロンラインは西側に海があるので、夕方に走ると夕映えのゆるいアップダウンの直線路を走ることができます。
日の入りまで待てば利尻島をシルエットにした夕日が見られますが、チェックインの時間もあるのでこの日はパスしました。

遠別町にある旭温泉は、ハロゲンイオンが多いモール温泉の旭の湯と、茶褐色濁り湯の食塩泉である富士見の湯が愉しめます。
日を跨いで男女浴室の入れ替えがあるので、内湯や露天風呂の形状が違い、またサウナもあるので色々な温泉が満喫できます。
広い休憩室があり食事も取れるので、地元の方が多く来ていました。


今回の(゚Д゚)ウマー
下川うどん
下川うどん
旭温泉夕食
旭温泉夕食
下川町は冷涼な気候から上質な小麦が取れ、その小麦を使った下川うどんが名産であり、その名産を天ざるうどんの形でみなみ家で食べてきました。
食べごたえ充分なコシのある手延べうどんで、地産品の天ぷらと合わせて十分満足の行く一品でした。

旭温泉は夕飯の品数が多く、お造りや煮付けも海産物が多く、小鍋は道北沿岸名物のたこしゃぶでした。
冷酒として提供されたのは國稀(多分佳撰)であり、料理の味を引き立てる淡麗でやや辛口の酒です。
ビールや焼酎など他にも酒の種類は色々あったので、地魚を肴に充分に食事と酒が愉しむことができます。


今回の宿:旭温泉
 温泉と食事は上記の通りで、外観は山小屋風な建屋ですが、中は新しく綺麗であり部屋にはエアコンと冷蔵庫が備え付けてあります。
 情報誌にはライダーは格安で泊まれる部屋があるとの事ですが、大広間に空きがないと開放していないらしく、繁忙期はライダールームでの宿泊は無いようです。
 立地は遠別町と初山別村それぞれ街中の中間位にあり、店舗の類も街中にしか無いので、買い出しや所用はそちらで済ませておいたほうが良いです。
二日前までの天気予報と打って変わり、急激に天気が回復したので釧路湿原へ足を伸ばしました。
夏場の釧路湿原は曇りばっかりなので、予定を変更して釧路湿原へ行っただけの価値はありました。

コッタロ展望台
コッタロ展望台
サルルン展望台
サルルン展望台
コッタロ展望台は、複数ある釧路湿原の展望台の中でも湿原の中央付近にある展望台です。
駐車場脇にトイレが併設され、そこから10分も歩けば南東方向を一望できる展望台へ辿り着くことができます。

コッタロ展望台からフラットダートを5kmくらい走ると、サルボ・サルルン展望台の駐車場へ行くことができます。
サルボ展望台経由でサルルン展望台まで20分以上掛かりますが、サルルン展望台からはサルボ展望台とは逆の塘路湖を奥にした景観が広がります。
サルルン展望台から駐車場へショートカットができますが、急勾配で道幅も狭いのでお勧めはできません。


鶴見峠
鶴見峠
つつじ荘大浴場
つつじ荘温泉
阿寒湖・釧路湿原は共に北海道で有名な観光地ですが、この区間をカーナビに従うと鶴見峠経由の道道1093号が案内されます。
砂利は比較的フラットですが、峠道なのでアップダウンがあり、スピードが出ない砂利道が14km続きます。
オフ車でなければ覚悟を決めて走るか、20km遠くなりますが舗装の国道経由でも行くことはできます。

温根湯温泉は住宅街のような所にあり、宿泊できる温泉はつつじ荘を含め3軒あります。
泉質はかすかに硫黄臭のする単純硫黄泉で、源泉温度は高めです。
円形の湯船はあつ湯になっていますが、四角い方はぬる湯になっており、地元の方も日帰りで沢山来ていました。


今回の(゚Д゚)ウマー
角煮ラーメン
あげ冨角煮ラーメン
つつじ荘夕食
つつじ荘夕食
くーる
くーる
昼食は標茶駅近くのあげ冨で、豚の角煮の入った角煮ラーメンを食べてきました。
店構えは地方の個人店ですが、ラーメンはしっかりと個性のあるスープが麺に絡み、溶けるような角煮が食を満たしてくれました。

温根湯温泉でも格安で泊まれるつつじ荘ですが、食事はしっかりしておりお造りから焼き物等、地元食材で品数多めでした。
予約時間通りに配膳してくれるので、温かいものは温かい内に食べられるので酒も進みます。

つつじ荘で提供される冷酒は男山酒造のくーるで、やや辛口の生貯蔵酒になります。
食中酒として作られている酒で、料理の味を引き立てながら心地よく酔うことができます。


今回の宿:温泉ホテル つつじ荘
 温泉と食事は上記の通りで、温根湯温泉では格安でありながら部屋数も多く、ネット予約の枠も多いので予約も取りやすくなっています。
 昭和を彷彿とさせるような古い作りでタバコ臭のする部屋も多く、タバコ臭がイヤな方は予約時に禁煙部屋を指定したほうが確実です。
 コンビニやスーパーは近くにあり、温泉上階の物干し部屋で洗濯物もよく乾き、旅の中継地点として便利な宿です。
ブログパーツ