FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

また福島へ行く用事ができたので、今年5回目の飯坂温泉です。
半月前に入舟に泊まりましたが、今回はもう一つの格安宿の平野屋へ宿泊です。

平野屋温泉
平野屋温泉
小峰城址
小峰城址
飯坂温泉の源泉温度は高いのですが、平野屋は温泉流入量が少ないので冬場はこの大きさの湯船で適温な感じになります。
温泉吐出口にはクラシックな白ケロリンが置いてあり、結構な頻度で貸切状態で入れます。
女湯の方が湯船が小さいのですが、そちらの方が温度が低めのようです。

帰りのルートとして白河を経由し、白河駅裏手には大きな無料駐車場があるので、車を置いて駅近辺を散策しました。
小峰城址の三段櫓は無料で利用でき、櫓から白河の街を一望できます。
駅の観光案内所ではマンホールカードを配っており、駅に隣接して図書館や交流会館もあります。


今回の(゚Д゚)ウマー
わっぱ飯
わっぱ飯
平野屋夕食
平野屋夕食
天明閏号
天明閏年
白河ラーメン
アビラセット
三春ダムの近くに三春の里 田園生活館があり、物産館と食堂が併設されています。
そちらの茅葺屋根の食堂では、田舎料理のセットと成った定食が食べられます。
今回はわっぱ飯とけんちん汁を主とした定食を頂き、凍み餅や根菜の煮付けなど量も豊富で腹も膨れました。

平野屋は二食付きで5千円と5.5千円のプランがありますが、5.5千円で上記の様な大量の食事が提供されます。
品数が多くても一品一品手が込んでおり、若い人ならば最後まで美味しく頂けます。
私は過去二回は完食できたのですが、今回は少し残してしまったので次回は品数を減らしたいと思います。

その夕食に合わせたのが曙酒造(会津坂下町)の天明であり、4年に一回出る閏号荒セメで精米30%の純米大吟醸になります。
30%精米でありながらリーズナブルな価格で、甘露を思わせるほどの濃厚でフルーティーな感じの呑み口であり、本来は酒単体で愉しむ酒のようです。

翌日の白河で白河ラーメンを食べたく、駅近くのアビラで白河ラーメンとカレーのセットで昼食にしました。
ラーメンスープがやや濃い目で、そのスープが縮れ麺と絡み、カレーを足しても千円行かずリーズナブルなお店でした。


今回の宿:平野屋旅館
 食事と温泉は上記の通りで、大きめの宿を二人くらいで回しており、飯坂温泉では最安の宿だと思われます。
 コンビニ併設の駅から徒歩一分と立地もよく、駐車場も併設されているので車でのアクセスも問題ありません。
 ネックは建屋が古いという事ですが、宿の色々な所に旧来の設備があるので、クラシックが好きな方は愉しめる宿です。
12月第一週に福島に所要があったので、その後に飯坂温泉に一泊。
飯坂温泉は今年4回目ですが、全部入舟旅館でした。

入舟大浴場
入舟大浴場
あぶくま洞
あぶくま洞
飯坂温泉の源泉は熱いので、入舟旅館では竹樋で源泉の一部を湯船外に流すことにより湯温の調整と掛け流しを両立しています。
この日は気温が低かったので、竹樋が外されており適温より若干高めの温度に成っていました。
湯船との出入りを繰り返せば程よく体が温まり、入浴後のビールが旨くなります。

飯坂に行く途中でマンホールカード回収と同時に、あぶくま洞を周る予定でした。
閑散期は土産券付きの割引クーポンを発行していますが、Visa若しくはMaster Cardが必須なのを現地に行くまで気付きませんでした。

洞窟に入る気も失せたので、入り口近辺の山々の散策に変わりました。
あぶくま洞はセメント等に使う石灰石の採掘中に発見された洞窟で、写真の白い物は雪ではなく石灰石の採掘跡です。


今回の(゚Д゚)ウマー
入舟夕食
入舟夕食
若波
若波純米吟醸
入舟旅館は消費増税で若干宿泊費が上がりましたが、それでも宿泊費に対して品数多めの料理が提供されます。
天ぷらは揚げたてを食べられるように時間差で出てきて、翌日の朝食も食後にコーヒーが部屋まで持ってきて貰えます。
この日も肉に肴とバランスの良い献立で、これらを肴に酒が進みます。

料理に合わせたのが福岡の若波酒造の若波で、純米吟醸酒になります。
フルーティーな呑み口の味わい深い酒ですが、シャープな感じで呑み飽きることはなく酒単体でも愉しめる一献でした。


今回の宿:飯坂温泉 旅館 入舟
 建屋は古いのですが清潔感があり、値上げ分を考慮しても飯坂温泉内ではコスパは上位クラスの宿です。
 冷蔵庫内にビールとジュース位しかありませんでしたが、バラエティを増やすため地ビールや外国ビールも入るようになりました。
 高速のWi-Fiも無料で使えて、コインランドリーもあるので、ビジネスユースにも適しています。
40周年記念車のジムニーも来年には10年目なので4回目の車検です。
今回は時間がなかったので、45分で終了の触れ込みのマッハ車検を通してきました。

車検進行画面
マッハ車検
ジムニーを購入した販売店は普通の預かり車検もやっていますが、すぐに終わるマッハ車検も並行して始めていました。
車検証と標章を後日取りに行かなければならないのは同様ですが、検査が45分で終わるので忙しい時には助かります。

予約を入れて店舗の方へ行くと、マッハ車検専用の椅子に案内され、検査の様子を見ながら検査の具合が確認できます。
写真の灰色のドットの部分に検査箇所の合格可否が表示され、タッチすると不合格のレベルの表示もされます。

100項目位あり、整備しなくても車検が通るのも警告表示になりますが、交換したくないなら拒否できます。
交換しないと車検が通らない項目は交換必須になるので、事前に自分で交換しておいた方が安く済みます。

今回ワイパーブレードが自前交換の倍掛かりましたが、要交換から交換しないまま3年は経っていたので交換することにしました。
ブレーキフルードが前回車検で交換して1万km位しか走っていないのに、汚れが最悪レベルに成っていました。
過去に4年2万kmで何とも無かったのですが、安全を取るのと工賃含めて3千円なので交換することにしました。

エアーエレメントやクーラントブースター、発煙筒など千円台で交換できるものを追加したので整備費だけで1.3万円掛かっています。
検査と追加整備も合わせて1時間位で終了したので、本当に時間が節約されます。

過去に通した車検と金額について以下に纏めてみました。

今までに車検で掛かった経費
 法定費用+検査料+代行料+整備費=合計(整備費抜き合計)
・2013年(販売店サービスパック車検)
 34070+8925+8925+3780=55700円(51920円)
・2015年(ユーザー車検)
 34400+3000+0+597=37997円(37400円)
・2017年(出光車検)
 33070+8000+0+10320=51390円(41070円)
・2019年(販売店+マッハ車検)
 32770+(14300-1500)+(2200-1500)+13838=60108円(46270円)

整備費抜きだけで見てもユーザー車検が一番安いのですが、検査ラインに掛からない所は全く無検査無整備です。
法定検査と車検場代行をしてくれる出光車検が次点ですが、平日のみなのと代車代別の縛りがあります。

マッハ車検は、ユーザー車検に1万円弱の追加で法定を含めた100項目の検査が入り、拘束時間も1時間程です。
部品交換が入ると金額が跳ね上がるので、自主的に事前点検をした上で車検に望めば料金も時間も大幅に浮きます。
スマートプラグが思った以上に便利なので、スマートリモコンも購入してみました。
AIスピーカー連動でもっと便利になるかと思ったのですが、中々の曲者でした。

スマートリモコン
スマートリモコン
TV連動
テレビセット
購入したのは、アマゾンがサイバーマンデーで安売りしていた2千円くらいのスマートリモコンです。
大きさはトミカよりちょっと大きいくらいで、SWEという中国のメーカー製でした。

スマートプラグと同じSmart lifeのアプリで管理できるのですが、この登録が難解でした。
色々試しましたが、結局全てが中途半端でした。
 ・三菱電機のエアコン(1995年頃製):電源ON以外は何もできない。
 ・三菱電機のテレビ(2016年製):リモコンの赤外線すら受信しない。
 ・東芝のテレビ(2016年製):電源のON OFF以外できない。

上記の内、三菱のエアコンと東芝のテレビは、赤外線が受信できるのでDIY機能で機能が追加できます。
Smart lifeのシーン設定とGoogle Homeのルーティン機能で、なんとかGoogle Home miniを使い声で東芝のテレビを操作できるようにしました。

それでも使えるのは電源ON OFF,音量上下,入力切替,チャンネル順選局で、チャンネル逆選局は何故かできません。
まあ2千円が無駄にならなかっただけ良しとします。

一方でChorome castをTVのHDMI端子に繋げば、Google Homeを使ってTVでYouTubeが見られるようになっていました。
HDMI-CEC機能を使えばスマートリモコンなしでもTVがON OFFできて、Google Homeに話しかければ電源ONと同時にYouTubeが再生されます。

ただChorome castを使ってYouTubeを再生すると、入力がHDMIに変わり自動で地上波には戻りません。
リモコンを使って入力を地上波に戻せばいいだけですが、折角なのでスマートリモコンで地上波に戻すように設定しました。
スマートリモコンが小さいので、TVの前に置いても特に邪魔にはなりません。(写真赤丸)

Chorome castは通電していると異常に熱くなるので、使用の際に通電するように買い増ししたスマートプラグで管理する予定です。
上記迄の設定を使って、声でTVにYouTubeと地上波の番組を流すことが出来るようになりました。

色々ありましたがスマートリモコンは、玄人志向のキワモノシリーズに比肩するくらい面倒な物でした。
価格が高いスマートリモコンは対応リモコンが増えるみたいですが、手持ちの家電と連係出来るとは限りません。
デジタルガジェットが好きな方は、アマゾンのユーザーレビューを見ながら使えるようになるかもしれませんので試してみてください。
スマートプラグを2個買って、自室設置後余った物を隣部屋に設置しようとしましたが、引掛シーリングが殆ど動きません。
自室の配線を隣部屋に移し、自室に新規配線を作ることにしました。

接続ケーブル
接続ケーブル
新配線
新配線
前回の Google Home - 天井照明連動化の配線系は、既存の引掛けシーリングを外さなくてもスマートプラグを装着することができます。
(新規と既存の引掛シーリングを逆にするような感じです。)
既存の引掛シーリングに近い位置へ新規引掛けシーリングを付ければ、殆ど部屋の明るさに影響がないと思われます。

今回、新たに配線を引くに当たり、部品を少なくして煩雑感を解消しました。
まず、接続するケーブルが長すぎたので、最小限の長さにカットして両端に細工しました。

一端はプラグが下を向いている必要がないので、横向き型の差し込みプラグにしてあります。
もう一端は棒端子を接続し、電工ペンチでカシメた後、挿入部以外は熱収縮チューブで絶縁します。

前回は引掛けシーリングをコンセント化しましたが、VVFケーブルを露出形コンセントに接続すれば部品が減ります。
露出形コンセントは接地側が指定されているので、白ケーブルを接地側に結線します。

後は露出形コンセントを天井面に設置し、スマートプラグ・接続ケーブル・引掛けシーリングの順に繋げば完了です。
スマートプラグには極性がありませんが、一応露出形コンセントと引掛けシーリングの接地側は揃えてあります。

余分な部品や配線が無くなったので、天井部分がスッキリとしました。
スマートプラグを含め増設部品は2千円掛かっていないので(AIスピーカー除く)、既存照明を利用すれば照明のスマート化も安くできます。
ブログパーツ