FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
WELCOME
     │明日は何処へ行こうかな・・・。
     └──y────―――
      ∧∧
     (゚Д゚,,)
     /  |           lニ]]=ヘ
   ~OUUつ         -_//ヽ_〉二二[l、
  〈 ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   r´//ヽ l[重_)ニr'ニヽ
    〉      ヘ   |    ゝ,__,,ノ     ゝ,;_,ノ
''""'''"""'''~''"'''""''"'""~""^""""'''""'''""''''"^'"~"""''"
 ''""'''""''''                     ''''""''
     ''""'''"' '''"'"''""'''"'''
                                 ''"~" "'"`"'

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

色々とスマートスピーカーを弄り倒して、何とか使えるようになってきました。
Google Home Mini(以下GH)を例に、備忘録代わりとして記載しておきます。

GH設定
GH設定
BIOS-ON-OFF設定
BIOS-ON-OFF設定
スマートスピーカーは英語圏で開発されたものなので、一部日本語が不自由なところがあります。
「一階」・「二階」とグループを登録しても、「いちかい」・「にかい」と認識されているようです。
そんな時には「いっかい」と平仮名登録すれば、「いっかい(にかい)全部消して(点けて)」でグループ全部が消える(点く)が出来るようになります。

うちは一階・二階それぞれにGHが置いてあり、メイン照明を「電気」で登録してあります。
違うグループであれば、それぞれのグループの「電気」のみがON OFFとなります。
同じ名前にしてしまうと当然連動してON OFFなので、隣室の和室は「和室の電気」にしてあります。

「和室の電気」では長いので、「照明・明かり・ライト」等でON OFFを設定することも考えましたが、どうしてもメインの「電気」と連動してしまいます。
どうも「電気」を含めた4単語が全て同一の単語と登録されているようで、4単語以外で始める登録にしないと連動してしまうみたいです。

一方、グループ外の単語であってもグループ内に同じ単語がなければ、そちらのON OFFも出来るみたいです。
画像左を例にすると、一階のGHで二階の「こたつ」をON OFFしたり、二階のGHで一階の「和室の電気」をON OFFしたりできます。

これを利用して、一階に居ながら二階のPCを起動させるように設定しました。
まず、PC電源に繋がっているケーブルのコンセントをスマートプラグに接続し、それをコンセントに接続します。
GHアプリでスマートプラグを「パソコン」と登録すれば、この時点でGHを使ってPCへの通電がON OFFできます。

次にPCによって設定は違いますが、PC起動時にDeleteキーを押しBIOSの設定画面に入ります。
Power Management SetupからPower ON設定でPower ONを選択します。
セーブした後Exitで出て、PCをシャットダウンすれば、通電と同時にPCが起動できるようになります。

PC操作後Windows手動シャットダウンの後、「パソコン」のスマートプラグをOFFにしないと次にGHでPC起動ができなくなります。
この煩雑を回避するには、ルーティンの「おやすみ」で「電気」と「パソコン」をOFFにする設定にすれば、寝る時の消灯と同時にOFFにすることができます。

Windowsがアップデートする度に起動の時間がかかるようになり、またアンチウィルスソフトやWindowsの更新確認もあるので、安定的に使えるのに電源ONから数分掛かっています。
この機能を使えば、PCを使う5分前から声で別室のPCを起動でき、また待機電力の節約にもなり便利になりました。
Amazon echo dotが安く手に入ったので、一つの部屋にAIスピーカーが2つになりました。
機能性を向上させるために100均の製品でホルダーを作ってみました。

Google home mini
グーグルホームホルダー
Amazon echo dot
エコードットホルダー
Google home mini(以下GH)は製品の上部にスピーカーとマイクがあるので、縦向きに吊るす様な形にするとよく声を拾うようになります。
Amazon echo dot 第3世代(以下AE)は横にスピーカーとマイクがあるので、置くように設置したほうが声を拾ってくれます。

GHを壁掛け状態にするのに、ダイソーで売っているスポンジホルダーが丁度良い具合の寸法になっています。
若干上部を手で広げれば落ちない程度にGHがはまり、吸盤が付いていた所に結束バンドやS字金具を付ければどこにでも引っ掛けることができます。

AEはセリアで売っている大きめのスポンジホルダーを少々変形させる必要があります。
上部を広げて下部を窄めるようにすれば良い具合にホールドしてくれるのですが、吸盤部分との溶接が取れます。
溶接2箇所のうち1箇所なのでそのまま使えますが、気になるなら瞬間接着剤で再固定できます。

GHもAEもBluetoothでペアリング出来るのですが、パスキーが通るのはAEの方だけです。
折角パスキーも通って、PCのスピーカーとしてAEが使えるようになったので、AEをPCモニタに固定することにしました。

PCモニタへの固定に使ったのは、ダイソーに売っている100円バイスです。
上記で作ったAEとホルダーにT字金具を結束バンドで固定し、更にそれをバイスに結束バンドで固定しています。

低い位置にAEを置くよりも音は響くようになるし、こちらの声も上手い具合に拾ってくれます。
Echo dotはAmazon echoシリーズの中でも音が良くないようですが、モニターにおまけで付いているスピーカーよりは音が良いと思われます。

Bluetoothでスピーカーを接続すると電波を介している都合上、ほんの僅かですけれど動画との間にズレが生じます。
Amazon echo dot背面にはAUXポートが有り、有線接続できそうですが、これはAEからの出力専用のようです。
音楽ゲームとかなら不都合があるかもしれませんが、普通の動画鑑賞なら特にストレスは感じません。

AIスピーカー2つも要るのかと疑問に思うかもしれませんが、GHとAEの欠点をそれぞれ補完できているので意外に2つで便利に使えています。
3年位前にも電源ボタンが陥没し修理したF-01Fのスマホですが、再度電源タンが陥没してしまいました。
メーカー修理期限も過ぎて修理もしてもらえそうもないので、自力で修理してみることにしました。

ケース開封
F-01F01
基盤とボタン
F-01F02
このスマホだけではなく、他にもボタン陥没の症状で使用不能に成っているスマホが多くあるようです。
ケースを開封してしまうと防水機能もなくなり、保証も無くなるのでメイン端末は別に用意しておきます。

ケースの開け方は液晶画面とケース(裏蓋)の間に隙間があるので、そこにツメを刺しヘラ等を使って隙間を広げます。
防水パッキンを兼ねている粘着剤が基盤周囲に巡らされているので、精密ドライバー等で粘着剤を剥がしていきます。
ケースは基盤にツメで引っかかっているような感じなので、ゆっくり引っ張ればケースが外れます。

写真右が基盤のボタンですが、音量ボタン(黃丸)はケースボタンとの接続部品が付着していますが、電源ボタン(赤丸)は部品が脱落しています。
接続部品は厚さ0.5mm位のプラスチック片なので、適当なプラスチック片を0.5mmの厚さに切断し、電源ボタンに両面テープで貼り付けました。

今度は逆方向にケースのボタンが脱落しないように、基盤にケースを被せていきます。
結果として電源ボタンがカチカチとした感覚になり、電源がON OFF出来るように成ったので修理は成功しました。

メインスマホは別に購入したので、MVNOのSIMを刺してカーナビ代わりにするために工場出荷状態に戻しました。
しかしGoogle Mapが異常に重く、ナビが起動してもGPSが上手く補足できないので、ナビとしての再利用はできませんでした。

以前にMVNO仕様化したMOTOROLA PHOTONがあるので、3Gのサービスが続く限りこちらをナビとして使います。
F-01Fがナビとして使えないのは、以前に修理した際にAndroidが4.2→4.4にアップグレードしたため、初期状態のGoogle Mapでもメモリリソースが足りなくなっているような気がします。

普通にテキストファイルや画像読み込みは出来るので、Wi-Fiで接続して新聞代わりに使っていこうかと思います。
今年は年末休暇の配列が良かったので、和倉温泉で忘年会2日目です。
天気も良かったので、和倉温泉街を散策しながら景色を堪能してきました。

七尾湾
七尾湾
七尾湾ライトアップ
七尾湾ライトアップ
和倉温泉は七尾湾岸沿いに林立する温泉で、海岸から能登島とそこに架かる二本の橋が望めます。
今年は天気が良かったので、能登島大橋とその右手奥に冠雪の立山連峰を見ることができました。
温泉街内は温泉卵を作ったり、甘味を食べられる所もあるので、入浴前の散歩に丁度いい具合です。

宿泊した宿守屋寿苑は七尾湾に向かって敷地内から桟橋が伸びており、夜になると庭と桟橋がライトアップされます。
桟橋の突端は星とイルカのライトアップされたモニュメントがあり、突端には夜更けまで人が訪れていました。
和倉温泉は目の前が海の静かな温泉街で、夜は遠くに能登島大橋の光が見えるくらいで、ゆったりと過ごすことができます。


今回の(゚Д゚)ウマー
のと河豚御膳
能登河豚御膳
宿守屋寿苑夕食
能登キュイジーヌ
能登ミルク
能登ミルク
越後の恵み
越後の恵み
石川県は天然河豚漁獲量日本1位らしく、能登食祭市場にある加賀屋で鉄ちり鍋をメインにした御膳があったので、それで昼食にしました。
温泉旅館の加賀屋と系列が同じなので味わいも彩りもよく、この鉄ちり鍋を肴に日本酒を一献行きたい所でした。

宿泊した宿守屋寿苑の夕食は地元食材による旬コースで、食後はスイーツバイキングで甘味が食べ放題です。
付出の香箱ガニから始まり、近海魚ののお造り・のど黒の煮付けなどバラエティに富んだ献立で酒も進みます。

温泉街内の店舗の入れ替えが幾らかあったようで、中心付近に能登ミルクの店舗があり、そこでジェラートで休憩にしました。
濃厚な味わいのジェラートが散策で疲れた体を癒やし、宿に帰ってからは同店舗で売っていた飲むヨーグルトを愉しみました。

翌日帰路途中にある米山SAでもグルメグランプリのメニューが提供されており、地元豚をメインとした越後の恵みで昼食にしました。
雪室熟成豚はロース照り焼きにしてあり、地元食材の副菜の小皿が彩りを添え、食も見た目も満足の一品でした。


今回の宿:和倉温泉 宿守屋寿苑
 食事は上記の通りで、温泉は食塩泉の大きな湯船と露天風呂が用意してあり、時間帯によってジャグジーが楽しめます。
 部屋は七尾湾向けに作ってあり、海を見ながらリクライニングしたり、また部屋風呂も海向きなので海を見下ろしながら風呂に入ることもできます。
 宿の近くにコンビニが有り、温泉街中心迄それほど離れていないので、散策がてら観光や買い出しもできる便利な立地です。
今年も友人達と北陸の温泉で忘年会をしました。
年末は大雪になる北陸ですが、今年は暖冬で全く雪がありませんでした。

劔岳
劔岳
つるぎ恋月温泉
つるぎ恋月温泉
今回宿泊した越中つるぎ温泉は富山県の上市町にあり、立山連峰の麓にある一軒宿です。
暖冬かつ快晴で宿の窓からは立山連峰が良く見え、写真中央の山の奥にある冠雪している山が劔岳になります。
雪の北陸も良いものですが、冬の空気が澄んだ空の下、朝日に照らされた劔岳が撮れて満足しています。

宿の温泉は茶褐色のアルカリ性単純温泉であり、湯上がりは古い角質が取れるのか、すべすべした感じになります。
露天風呂の他、サウナ・薬湯・寝湯・ジャグジーがあり、日帰りでも充分楽しめるので地元の方が結構多いようです。
昼間は日帰り客で混んでますが、夕方以降は宿泊客用になるので、ゆっくりと温泉を愉しむことができます。


今回の(゚Д゚)ウマー
旅味覚膳
旅味覚膳
磯花の膳
磯花の膳
吟醸剱岳
剣岳生酒
NEXCOがサービスエリアで新メニューコンテストをやっており、東部湯の丸SAは信州幾山河の旅味覚膳を提供していたので、そのメニューで昼食にしました。
鴨汁の戸隠そばをメインに、信州素材の握り寿司とサラダ・デザートの組み合わせでできており、味も彩りも良い愉しみながら食べられる一食でした。

宿泊した宿の夕食は磯花の膳で、お造り・鍋物・揚げ物と順を追って出てくる献立に成っています。
富山と言えば白エビであり、揚げ物は白エビのかき揚げで御飯は白エビの釜飯であり、海鮮メインの献立に辛口の日本酒が進みます。

その食事に合わせたのが黒部市銀盤酒造の剱岳であり、種類は吟醸で火入れなしの生酒でした。
宿提供のラインナップは全部辛口でしたが、劔岳は中口に近い呑み口で、吟醸ながら生酒なのでスッと入っていく感じの食中酒として合う一献でした。


今回の宿:つるぎ恋月
 温泉と食事は上記の通りで、建屋は結構広く、ロビーでは地元の水のフレーバーウォーターやコーヒーのサービスがあります。
 周囲は田んぼで店舗等は全く無いので、滑川ICからアクセスする方はインター近くのコンビニで買い出ししておいた方が良いようです。
 部屋は広くて綺麗であり、小型冷蔵庫と自販機コーナーに製氷機もあるので、部屋飲みにも困ることもありません。
ブログパーツ