FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
丁度100回目の記事となった木曾・飛騨のツーリングレポートです。
毎年毎年新そばの時期は、長野へ行って新そばを食べてきてます。
去年は戸隠へ行きましたが、今年は2年ぶりに開田高原へ行ってきました。

姨捨SAからの眺望
姨捨SA
国道361号線
国道361号線
高速道路上限1000円なので、桐生太田IC→伊那ICを高速で移動しました。
途中長野道の姨捨SAからは、眼下に千曲市の街が一望できます。

伊那ICを降りたら、国道361号線の権兵衛トンネル経由で開田高原を目指します。
木曽路には高速道路が無く、高速道路のある伊那から開田高原へ向かうには狭隘路連続の峠越えが必要でした。
権兵衛トンネルのおかげで、昼過ぎには開田高原にアクセスできるようになり、また、トンネルの前後も改善され走り易くなっています。


濁河温泉(市営露天風呂)
濁河温泉
御岳山麓
鈴蘭スカイライン
開田高原で蕎麦を食したら、次は温泉へ行きます。
開田高原から高山へ向かうルートをちょっと変えて、秘湯と言われる濁河温泉へ行ってきました。
秘湯行っても温泉まで舗装はされているし、温泉街も形成されているので、そんなに敷居の高い秘湯ではないです。
ただ、比較的大きい街がある木曽福島駅もしくは飛騨小坂駅から、写真(右)のような山中の狭隘路を1時間以上走らなくてはなりません。
でも温泉に着けば、開放感溢れる市営の露天風呂があり、また、周りに何も無い山中なので、夜は星が良く見える温泉のようです。


今回の(゚Д゚)ウマー
開田そば
開田そば
宝ラーメン
宝ラーメン
飛騨牛スジ煮
飛騨牛スジ煮
今回のツーリング目的である、開田高原の新そばです。
開田高原は蕎麦で有名なので、民宿や旅館でもそばを提供しています。
今迄適当に開田高原の蕎麦屋に入っていましたが、今回は著名な霧しなで食べました。
やっぱり新蕎麦は香りが立って(゚Д゚)ウマーでした。

夕食は平湯温泉街にある、奥飛騨宝ラーメンでラーメンを食べて来ました。
ラーメンセットを頼むと、野麦すしという笹巻の鱒寿司が付いてきます。
麺を食べた後、スープに酢を入れて飲むと(゚Д゚)ウマーなラーメンでした。

写真(右)は晩酌の肴に頼んだ飛騨牛のスジ煮です。
リーズナブルな値段で飛騨牛を賞味する事ができました。
尚、平湯温泉は土産物屋で温泉卵をバラ売りしているので、宿泊しなくても温泉卵を賞味できます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/100-de3cd2e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ