FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
ジムニー購入の際、安く上げるためにカーステも付けなかったのでDIYで取り付けです。
カー用品店で購入&取付依頼するよりも、ネット通販&自分で取付の方が1万円以上安くなります。
JB23Wのこのタイプのパネルでの詳細情報が少ないので、ここに記しておきます。

インパネ外し
インパネ
カーステ取付
カーステ
作業内容の大まかな流れは、①インパネ外し、②ベース外し、③ベースにカーステ取付、④車側とカーステ側のケーブル端子接合、⑤車-ケーブル-カーステの接合、⑥ベース取付、⑦インパネ取付です。
図説はクラリオンのHPに掲載されているので、そちらをご参照ください。

①最初の難関のインパネ外しですが、パネル下端をドライバー等で少し浮かし、力業で手前に引き剥がします。
このパネルになってから、爪(写真赤丸計6箇所)がキノコのような形になり折れにくくなりましたが、折れる可能性は0ではないので自己責任でお願いいたします。
インパネにはハザードスイッチ&シガーソケットのケーブルが付いているので(写真黄丸)、そのケーブルを引きちぎらない様にご注意ください。

②ベースはネジ留め(写真青丸4箇所)されているだけなので、ネジを外せば引き出すだけです。

③ベースへカーステを取り付けるわけですが、私はネット上で評判の良かったcarrozzeriaDEH-P650を付けました。
後継のcarrozzeriaDEH-P760も出ているのですが、P760よりもP650の方が自分好みのデザインだったのでこちらにしました。

④車とカーステをつなぐケーブルですが、比較的新型のジムニーはホンダ車と同じ20ピン用ジョイントカプラーです。
ジョイントカプラーケーブルとカーステ電源用のケーブルの同じ色を繋いで、電工ペンチでカシメるだけです。
因みに電工ペンチは、ダイソーで売っている420円の物で充分です。

ケーブル&カプラ位置
ケーブル
取付完了
完了
⑤車配線とカーステを繋ぐわけですが、説明書通りバッテリーのマイナス端子を外し、始めにアース線を接続します。
写真赤丸がオーディオケーブルで、下の方にカプラ(写真黄丸)が有るのが分かると思います。
このカプラを引き出すのが第二の難関で、手前からは見えないところに結束バンド(写真青矢印辺り)で固定されています。
ケーブルを引き出す際は、助手席側のパネル下から覗き込んで結束バンドを切断してください。
そして引き出したカプラに、ケーブルとカーステを繋げます。

⑥⑦上記の作業が完了すれば、後は②①の逆手順でベースを固定し、インパネを填め込み全作業完了です。

ネット上ではカーステ取付を1時間位で完了しているようですが、私は第二の難関のせいで4時間くらい掛かりました。
でも、カーステレオの電装系が理解できたので、無駄な時間にはならないと思っています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/161-58adadc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ