FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
四国へバイクで行くのは2回目ですが、1回目は内陸ばかり。
今回は四国の海岸線をトレースするように、岬巡りのツーリングです。

蒲生田岬
四国最東端
室戸岬
室戸岬
最果て好きなので四国最東端の蒲生田岬へ。
場所が分かり難い上に雨だったので、誰もいませんでした。
国道から40分ほど掛かりますが、途中に船瀬温泉があるので入浴がてら行くのもいいかもしれません。

徳島県から海岸線沿いに南西方向へ進むと、東の南端室戸岬に着きます。
写真右下に写っている中岡慎太郎像の視線の先辺りが、室戸岬の先端です。
岬が何処にあるのか分かり難いのですが、岬を境に進行方向が300度以上変わるので通り過ぎることはないと思います。


中岡慎太郎、坂本龍馬像
銅像
足摺岬
足摺岬
高知といえば写真左の人物が、大河ドラマの影響もあり知名度が再燃しています。
自分を含めこの二人の像が向き合っているとの勘違いしている人がいますが、実際は向き合っていません。
中岡慎太郎像は真南を向いており、坂本龍馬像は銅像自体は皇居を向いて顔はほぼ真東を向いています。

海岸線をトレースすると四国最南端の足摺岬に着きますが、高知市から180km離れているので結構時間が掛かります。
因みに足摺岬は、観光シーズン中自動車に交通規制がかかりますが、バイクは岬近くの駐車場まで行けます。
室戸岬もそうでしたが、岬到着の対価は眼前に広がる広い海と、踏破という達成感です。


今回の(゚Д゚)ウマー
鯨の尾の刺身
鯨刺身
鰹のタタキ
鰹タタキ
アイスクリン
アイスクリン
室戸の道の駅で鯨の尾が提供されていたので、小学生以来久しぶりに鯨を食べました。
冷凍鯨なのでそのままでは硬いのですが、御飯の熱で柔らかくすると食感も良くなります。
昔は安い肉でしたが、這般の理由で高級食材になったのは少々残念です。

奈半利のスーパーで、晩酌用に鰹のタタキを買いました。
閉店間際の半額処分品でしたが、地元で食べる鰹のタタキより断然(゚Д゚)ウマーでした。
鰹特有の生臭さがないので、鰹が苦手な人にもお勧めの一品です。

高知といえば色々なところでアイスクリンが売っています。
シャーベットのような食感のアイスで、桂浜を見ながら食べるのも一興です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/170-1325a8a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ