FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
苦いコーヒーが飲みたくなったので、エスプレッソの機器を探していたら色々出てきました。
今回は直火式のエスプレッソメーカー(マキネッタ)購入したので、そのレビューでも。

「イルサ」6カップ用
ILSA
抽出完了時
espresso
エスプレッソメーカー(マシン)は、電気で動くポンプ式と、薬缶の様な直火式に分かれます。

一般的なのはポンプ式で、高圧抽出(9気圧程度)されるので、コーヒーの表面にクレマ(泡)が立ちます。
風味も良いらしいのですが、機械が高価で購入後のメンテナンスも手間が掛かります。
(放置すると黴臭くなる可能性があります。)

直火式は低圧抽出(2気圧程度)なので、クレマは立ちません。
しかし、メンテナンスは使い始めに気を付ければ、後は分解して水洗いする程度で済みます。

更に直火式はステンレス製とアルミ製に分かれており、アルミ製は使用頻度が少ないと黒ずみや白ヤケが出るらしいです。
他ユーザーの状況から鑑みて、自分にとってステンレス製の直火式が一番合っていると思い、「イルサ」6カップ用を購入しました(イタリア製です)。

使い始めは金属臭がするので、水だけの空運転(空焚きでは無い)、ドリップコーヒーの出涸らしでの空運転を3回行います。
上記空運転を行うことにより、マキネッタ内に程よいコーヒー油の膜が出来ます。

写真右は空運転時の写真なので色は薄いのですが、直火式でも店で出るような濃いエスプレッソが抽出されます。
エスプレッソは1カップ50cc換算なので、6カップ用でマグカップ2杯程度です。

ブラックでは多い感じですが、カフェラテやカプチーノで飲む場合は丁度良い具合の量に成ります。
(今回購入した「イルサ」は減量フィルターが付いており、指定量の半分でも作れます。)

マキネッタ使用後は、残ったコーヒーやコーヒー粉を水で流す程度にして乾燥させます。
明らかにコーヒー油が付着している感じですが、洗剤等で洗い流してはいけないそうです。

鉄鍋を空焼きしたり、土鍋で米のとぎ汁を煮たりと、調理器具は使い始めが重要らしいです。
(テフロン製はフッ化カルボニル等が発生するので空焚きしないでください。)

維持メンテナンスは、基本的に乾燥させることらしいです(清潔な状態で)。
「〇〇 使い始め」「〇〇 手入れ」で検索を掛ければ調理器具を長く使う手法が出てきます。

インスタントやドリップ式に比べれば手間が掛かるので、週末位しか使わなくなる様な気がします。
飲めるコーヒーの種類が増えたので、長く使っていこうと思います。
コメント
この記事へのコメント
エクス2つ トールサイズで デリバリよろ 時間どの位かかりますか?
2012/01/26(木) 07:19 | URL | はちもく #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> エクス2つ トールサイズで デリバリよろ 時間どの位かかりますか?
弱火で5分位で出来上がりです。
2012/01/26(木) 22:07 | URL | らすくぅ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/196-80a958b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ