FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
何時も通行止めになっている川俣檜枝岐林道が、県境を越えて行き来できる様になりました。
田代山・安ヶ森林道も通行できますが、土呂部峠と川俣檜枝岐・田代山林道の通行はできないようです。

川俣檜枝岐林道
川俣檜枝岐林道
馬坂峠
馬坂峠
木賊温泉(岩風呂)
木賊温泉
川俣檜枝岐林道は殆ど通行止めなので、かなり荒れたダートを想定していたのですが、思った以上に平坦な林道でした。
寧ろ馬坂林道分岐迄の方が凹凸が激しく、雨の後は車が泥だらけになります。

川俣大橋から1.5時間程で、県境部分の馬坂峠に到着します。
正午だというのに気温が7℃程しか無く、峠付近は結構紅葉が進んでいました。
峠からは帝釈山と大倉高山への登山口が在りますが、紅葉の時期になると峠のトイレが閉鎖になるので御注意下さい。

檜枝岐側へ林道を下り、旧舘岩村へ向かうと山中に木賊温泉が在ります。
川の方へ下ると、硫黄臭のする温泉共同浴場が在ります。地元民の他、登山客の利用が多い様です。

唐沢林道
唐沢林道
安ヶ森林道
安ヶ森林道
湯西川温泉(共同浴場)
湯西川温泉
帰り道で唐沢林道を通った際に、峠部分をトンネルではなく敢えて旧道を通ってみました。
トンネルが出来ているので旧道は半ば廃道状態であり、狭隘路や泥濘地多数の四駆御用達の道です。
廃れ具合が大きいので、数年の内に通行止めになるかも知れません。

栃木県に戻る際に、今度は安ヶ森林道を経由しました。
渓流釣りをする人が多いので比較的走り易いダートですが、橋の欄干やガードレール等が全く無いので、明るい内の走破をお勧めします。

安ヶ森林道を抜けると、丁度湯西川の温泉街そばに出るので、この日二度目の温泉入浴です。
こちらも川のそばに在り近くに橋が在りますが、浴室の曇りガラスがどんどん増えているので、浴室内は見えなくなっています。

今回の(゚Д゚)ウマー
裁ちそば(開山)
裁ちそば
檜枝岐村には繋ぎを全く使わない十割蕎麦が在るので、開山で山菜大盛りそばを食べて来ました。
ちょっと硬めの蕎麦が、笊ではなく御椀に盛られて出て来ます。
他にも、「はっとう」と言う蕎麦もちの郷土料理が在るので、今日実方は是非。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/228-e24ba0c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ