FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
天気が良くて、安宿も見つかったので、気の向くままに房総半島へ。
房総半島は特定の時期に人が来なくなるので、安く宿も取れてツーリングに最適です。

第一・第二海堡
海堡1・2
内房湾岸
内房海岸
穴子目当てに富津へ行き、食後に富津岬で東京湾岸と海堡を見ながら食休み。
以前は釣り客が左手の第二海堡へ上陸していたようですが、今はどちらも立ち入り禁止の様です。

千葉県は北部以外が海に囲まれていますが、海が見える所は混んでいて、空いている所は防風林で海は見えません。
海を見ながら気分よく走りたいならば、館山・白浜等の南房総の方迄行く必要がある様です。

野島崎夕日
野島崎夕日
御宿海岸
御宿
野島崎は朝日と夕日が両方見られ、今の時期は水平線ではなく伊豆大島へ夕日が沈みます。
翌日早起きして野島崎へ行きましたが、残念ながら水平線からの朝日は見られませんでした。

帰り道は外房沿岸を走り、途中、御宿で昼食を摂った後、御宿の砂丘を散策しました。
御宿の海岸は童謡「月の沙漠」のモデルとなった砂浜であり、正午のサイレンに月の沙漠が流れます。
因みに、九十九里は国道と県道が並行して走っていますが、道路は狭くとも海沿いの県道の方が交通量が少なく走り易いです。

今回の(゚Д゚)ウマー
はかりめ二色丼
はかりめ二色丼
炙り海鮮丼
炙り海鮮丼
うめっぺ丼
うめっぺ丼
富津の穴子丼「はかりめ丼」が味違いで食べられるので、いそねで2色はかりめ丼を食べて来ました。
個人的にはさっぱり塩味の、さわやか丼の方が好きでした。

館山の御当地丼として館山炙り海鮮丼が出来たので、おしゃれ鮨 海の花で夕食。
1500円で在りながら、結構量が多く、コストパフォーマンスはかなり高めです。
夜も食べられる店舗は海の花だけなので、海鮮丼を肴に地酒を一献もいいかもしれません。

帰りの御宿たなか寿司で、ランチメニューのうめっぺ丼で昼食。
海鮮ちらし丼ですが、寿司屋なのでネタも良く800円で食べられるので、これもコストパフォーマンスが上々です。

今回の宿:南房総白浜温泉 ホテルリゾートイン白浜
平日限定ですが、海の見られる広い部屋で、温泉も入れて一人素泊まり3000円です。
到着時間が不定のライダーには素泊まりは有り難く、近くに10時迄営業のスーパーもあります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/231-e2175540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ