FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
バックカメラとモニターが安かったので、ジムニーに付けてみようかと考えました。
しかし、ジムニーにバックカメラをDIYで付ける人は殆どいないので、手探りでの設置です。

配線
バックカメラ配線
バック電源
バック電源
ジムニーはナンバーの所へカメラを付けると低すぎるので、ハイマウントストップランプの所へ設置しました。
(写真1枚目赤丸,写真3枚目)

ハイマウントストップランプケースと、バックドア下パネル(緑矢印)は外すのが楽なのですが、バックパネルの取外し・取付は手間が掛かります。
サイドパネルのビスとピン(緑丸)を外せば、赤線のルートで車内に信号線と電源線を引きこめます。

バックドアと車内の間はゴムの蛇腹管を経由しますが、ビデオケーブルのピンが中々入っていきません。
シリコンスプレーで滑らせる手もありますが、スプレーを買いに行くのが面倒なので、ケーブルを切断し、蛇腹管通過後半田付けで再接合しました。

信号線は車内の端を経由し(青線)、運転席の方へ取り回します。
電源線はジャッキ収納部分にサービスホール状の物が有るので、そこを経由し、バックライトから電源を取ります。(写真2枚目)
車外にエレクトロタップ剥き出しは嫌なので、一応、ビニールテープを巻いて簡素な防水にします。

バックカメラ
バックカメラ
モニター
バックモニター
バックカメラのGNDは、ハイマウントストップランプの固定ネジから拝借。
配線の殆どを隠す事が出来たので、ハイマウントストップランプ周りはスッキリした感じになりました。(写真3枚目)

バックを映すモニターはツイーター横へ設置。(写真4枚目)
バックギヤ連動なので、普段は消えています。

後ろは綺麗に纏まったのですが、モニターから出ているケーブルがとても短く、モニター裏にあるケーブルピンが外から丸見えの状態です。
取り敢えずモニターは仮設置なので、これから色々考えて行きます。

思った以上に設置に時間が掛かり、運転席から最後部迄の距離が短いジムニーでは、バックカメラのメリットが普通車より薄い様な気がします。
でも死角が減るのと、駐車場のラインと車体の平行が分かり易いので、興味がある方は参考程度に。

(2013.2.3追記)
カメラ1680円,モニター2180円,その他配線は100円ショップ流用ですが、カー用品店に行ったら純正は数倍高くてびっくりしました。
因みに、上記設置法だとカメラが車内にあるのでレンズは汚れませんが、夜は画像がよく見えません。(昼はよく見えます。)
更に、安価なカメラは撮影方向がずれており、かなり右向きにしないと補助線と車体の延長方向が合致しません。
モニターは上記位置にあると、バックミラーに近く視点距離が同じになるので、ナビ画面よりも使い勝手はいいと思われます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/238-6abf955f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ