FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
カーポートが狭く、自転車が通りにくいという苦情が身内からあったので、ミラーを自動で折り畳める様に手を加えました。
ミラーを開閉するには、スイッチ操作をエンジン稼動中に行わなければならないので、特に夜間に利便性を発揮します。

事前準備
事前準備
パネル外し
パネル外し
今回使用した物はキーレス連動ドアミラー格納装置 TYPE−E ジムニー用です。(クリックで楽天に飛びます)
安価なTYPR-Eがジムニーで使用できる事と、販売店がジムニーの配線詳細の表示、及び送料無料クーポンがあったのでパーソナルCARパーツ楽天市場店での購入です。

まず事前準備として、格納装置にギボシ端子が付いていないので、ギボシ端子をカシメます。
その際に、常時・ACC・GND(-)は他のギボシ端子の間に割り込ませる様にする為、オスメスのギボシ端子をカシメた導線の真中に半田付けし、熱収縮チューブで絶縁します。(写真一枚目左下)

後は、細線用のエレクトロタップにオスギボシ,メスギボシを付けた導線を二個ずつ準備します。(写真一枚目右下)
ジムニーのドアミラースイッチ配線が極めて短いので、電工ペンチを挿入する隙間が無く、メーカー非推奨ですが、これ以外に端子を繋ぐ手法が困難な為です。

更に、ギボシのキャップに接続する配線の色、及び接続側(ミラー・スイッチ)を書いておくと便利です。
配線を間違うと格納装置だけではなく、車のECUも破壊される可能性があるので、臆病な迄に慎重な方が賢明です。

実際に格納装置を設置する際は、ハンドル下のパネルを外します。(写真二枚目)
パネルを外すとミラースイッチに手が届く様になり、スイッチの四隅の爪を押して外します。
(左しか外れない時は、表から精密ドライバーでこじると外れます。)

配線接続
ミラースイッチ
ミラー格納装置
ミラー格納装置
取付説明書に再三再四書いてありますが、ミラーとスイッチの間の配線を間違うと自動格納装置が壊れる模様です。
しかし、ミラースイッチ配線が短くパネル下のスペースも狭いので、スイッチを外した穴を利用して幾度と確認を行いながら配線を接続していくしかありません。

ドアロックでミラーを収納する為に、スピーカー近くの配線からドアロック時瞬間12Vの配線をエレクトロタップで分岐します。
これが結構面倒なので、ACCオフでミラー収納でも構わないなら、ACC電源の方へ繋いでも良いそうです。

ミラー格納装置自体は100円ライター位の大きさしかないので、他の配線束に結束バンドで固定しました(写真赤丸)。
取付作業が終了したら配線が大幅に余るので、これも結束バンドで束ねて適当な部分に固定します(写真青丸)。

全ての作業が終了したら、Type-Eの装置なのでACCオンでミラー展開、ドアロックでミラー収納である事を確認します。
Type-Eの装置は、自動でミラーを展開・収納する為には、従来のミラースイッチを常時展開方向に倒しておきます。
中立・収納側にしておくと、ミラーが自動で収納された後、自動で展開する事が在りません。

取付初日なので、利便性はよく分かりませんが、狭い駐車場などでぶつけられたりする可能性は減りそうです。

今回の工費
ドアミラー格納装置:1680円,ギボシ端子セット(20ヶ):450円,細線用エレクトロタップ(5ヶ):500円
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/242-82bd4f6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ