FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
ゴールデンウィーク前半が好天の様なので、思い付くままに温泉宿を検索。
湯西川温泉に安い宿があったので、休息を兼ねて行ってみました。

湯西川温泉
湯西川温泉
前沢稲ヶ沢林道口
前沢林道口
湯西川温泉は標高が高いので、昼間でも10℃前後しかありません。
しかし、気温が低いので4月の下旬でも、茅葺の建屋と桜の花の景色を見る事が出来ます。

ジムニーで来たので、前沢稲ヶ沢林道を越ようかと思いましたが、途中土砂崩れで通行不可でした。
余りに崩落規模が大きいので、ジムニーでも越えられませんでした。
春先は雪崩等による崩落もあるので、林道を満喫できるのは夏以降のようです。


コイン冷蔵庫
SVMHT104
旧自販機
自販機
湯西川温泉には昭和時代を髣髴とさせるものが多く、鄙びた温泉で湯治や休息を求める人には良い所です。
泊まった宿はブラウン管テレビが置いてあり(デジ-アナ変換)、冷蔵庫もコイン販売冷蔵庫を転用した物が置いてあります。

川辺に下りれば民家の軒下に250ml缶専用の自販機が在りましたが、遉に稼働はしていませんでした。
地方の鄙びた温泉に行くと、この手の物はまだまだ置いてあるので、昭和の日に因んで昭和を満喫するのも面白い物です。


今回の(゚Д゚)ウマー
和豚もち豚カツ丼
和豚もち豚カツ丼
10割蕎麦
10割蕎麦
仙禽&鹿刺し
仙禽&鹿刺し
道の駅やいたで、地元の豚を使用したカツ丼があったので注文。
旅行中は胃が靠れるので油物は避けていますが、卵とじのカツ丼は例外的に食べられます。

旧藤原町の三依地区にそば街道なる物が在るので、その振興会の一つである古代村で十割蕎麦を食べました。
つなぎが無いので短く切れやすい蕎麦ですが、香りが高く、塩でも蕎麦を食べる事が出来ます。

温泉料理と言えば日本酒が合うので、栃木地酒の仙禽で鹿刺しや山菜の天麩羅を頂きました。
TVで紹介もされた仙禽ですが、今回はクラシックラベルの仙禽で醸造法もいつもの仙禽とは違うようです。
最初の一口は甘いという感じでしたが、酔いが回るうちに結構酸味を強く感じるワインの様な日本酒です。
従来仙禽は呑んだことが無いので、今度は従来品と呑み比べたい物です。
(宿や湯西川の酒屋では、仙禽は売っていないので御注意を)

・クラシック仙禽 亀の尾50 ((株)せんきん:栃木) 「無濾過,原酒,瓶囲い瓶火入れ」
  原料米:亀の尾,精米歩合:50%,アルコール度:15%,
  日本酒度:?, 酸度:?,  価格:1500円(4合)


今回の宿:湯西川温泉 はたご松屋
廉価な宿で長期滞在の湯治客もおり、料理も地産地消の物が出て来ます。
上記にもある通り、クラシックな宿で休息目的には最適ですが、華やかな娯楽を求める所では御座いません。
屋上に露天風呂が在り、布団も羽毛布団でよく眠れます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/251-9449f801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ