FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
温泉ハシゴで湯治の旅なので、2日目は越前温泉(玉川温泉)を目指します。
平湯からならば、国道158号線をトレースなので、迷う事無く快適に進めます。

分水嶺公園
分水嶺公園
大野市
大野市
国道158号線を行くと、郡上と高山の境付近に分水公園があり、分水点を見る事が出来ます。
左が長良川で右が庄川の起点となり、それぞれ太平洋と日本海へ流れて行きます。

旧武生市や越前岬へ向かうには、途中から国道476号線を使うのが近道ですが、酷道に選定される程道路は狭隘です。
ただ、峠の手前付近で大野市内が一望できるビューポイントがあり、今の時期は田圃の畦道に芝桜が咲いています。

越前岬夕日
越前岬夕日
越前温泉(玉川温泉)
玉川温泉
夕方に日本海へ来たら、海へ沈む夕日を見に行きます。
越前岬は近くに高台へ上る道路が在り、写真の様に眼下に越前岬を臨む夕日が見られます。

越前海岸には小規模な温泉が沢山在り、それらをまとめて越前温泉と言うようです。
今回宿泊したのはその内の玉川温泉で、泉質は単純温泉の様です。


今回の(゚Д゚)ウマー
荘川蕎麦
荘川蕎麦
海鮮丼
海鮮丼
イナダ刺身
イナダ刺身
国道158号線を走っていた際に、五連水車を見つけ、路線バスの旅に出ていた事を思い出し心打亭に立ち寄り。
名物の荘川蕎麦も、飛騨牛の牛丼も(゚Д゚)ウマーでした。

山間ばかり走り、帰りも山道なので海鮮が食べたくなり、越前町の出みせで海鮮丼を賞味。
冬は越前ガニが食べられますが、今の時期は旬の地魚で舌鼓です。

越前海岸の厨地区にはバイパスが走っていますが、旧道の方へ行くと、まるさんという魚屋併設のコンビニが在ります。
そして、その晩は越前港産のイナダを肴に、地酒の黒龍を一献といきました。

今回の宿:玉川温泉 玉島荘
越前海岸では数少ない御一人様歓迎の宿で、大浴場も温泉で24時間入れます。
食事の評判もいい様で、冬場は越前ガニも食事として提供されるようです。
宿泊費が安い分建屋は古く、風呂トイレ共用ですが、静かで布団も良質なのでよく眠れます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/253-0af0e828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ