FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
GW以降引きこもりが続いていたので、思い付くまま新潟県の妙高にある関温泉へ。
水戸から往復777kmで、一泊ツーリングには丁度良い距離です。

二度上峠
二度上峠
関温泉
関温泉
行きが群馬・長野を経由し、渋川を過ぎれば良い具合の山岳・高原道路が楽しめます。
群馬県道54号は二度上峠からの浅間山位しか眺望が在りませんが、車も少ないので走り易いルートです。

関温泉はすぐ裏にスキー場が在り、降雪期でなければ直前でも予約は取れます。
泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、鉄コロイドを多く含むためか茶褐色の湯になります。
急峻な地形に10軒位の宿が温泉街を形成し、近隣散策はちょっとした登山の様に成り、霧も発生しやすいので御注意を。


国道405号線
国道405号線
田子倉湖
田子倉湖
帰り道の上越横断に国道403・405号線を経由しました。
道の駅も良い具合に在り、道路も整備されて走り易いのですが、峠に差し掛かる度に両側1車線の道に成ります。
道の駅に寄る必要が無い場合は、ほぼ並行して走っている広域農道を経由する手もあります。

魚沼・会津のルートは、田子倉湖か奥只見湖を経由するルートが在りますが、奥只見湖側は未だ冬季閉鎖が解除されていません。
どちらも日本有数の豪雪地帯で、田子倉湖近辺の山や道路脇には雪が残っています。
一昨年の新潟長野集中豪雨の様に、福島-新潟間は自然災害が発生すると、磐越道と国道49号線以外は長期通行止めに成ります。

今回の(゚Д゚)ウマー
ます重
マス重
とん汁定食
とん汁定食
へぎ蕎麦
清兵衛へぎ蕎麦
豊賀
晩酌豊賀
旧倉渕村の満寿池でます重定食(1050円)を食べました。
養殖鱒を蒲焼にしてあるので川魚特有の臭みも消され、テイクアウト用に弁当としても販売しています。

旧新井市の名物らしいので、同じ妙高市ですが足を延ばして「たちばな」へとん汁を食べに行きました。
とん汁と御飯と漬物で900円(並)ですが、思った以上に量が在ります。
食べ方がよく分からないので、私は蓮華に御飯を入れ、ミニ雑炊を作って食べました。

帰り道に魚沼を経由するので、十日町の清兵衛でへぎ蕎麦大盛り(1000円)を食べて来ました。
場所が分かりにくく、国道253号線のトンネル(薬師・名ヶ山)の隙間100mから県道に入り、薬師トンネルの上に在る民家の様な建屋が清兵衛です。
自家製麺のつるつるとした食感の旨い蕎麦で、食後はおまけの小天麩羅と濃い蕎麦湯で蕎麦を満喫できます。(うどんもやっています。)

宿での晩酌用に長野県小布施町の地酒豊賀を購入し、鮪の刺身で一献と行きました。
肴の買い出しは関温泉から国道18号線に下り、旧新井市側へ1㎞程向かうとナルスと言う深夜10時迄営業の地元スーパーが在ります。

今回の宿:妙高関温泉 湯の宿 泉山
個人経営の宿で、全面リフォームしたのか綺麗な屋内でwi-fiも無料で使え、エレベーターも設置されています。
1泊3000円と廉価ですが、アメニティーの類は有料で、食事なしが基本プランの様です。
ゴミは持ち帰りの一方、持ち込みは容認で、スーパーも遠くはないので問題はありません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/260-07e9e2f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ