FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
梅雨に入り、外出も儘成らないので大人しく家呑みです。
栃木には良い地酒が沢山在り、良い酒を売る酒屋も多くあります。

大那 吟のさと
大那 吟のさと
鳳凰美田 純米吟醸
鳳凰美田 純米吟醸
1本目は旧湯津上村にある菊の里酒造の大那で、生産石数も300石程と小さい酒蔵です。
今回呑んだのは那須産の酒米吟のさとの純米吟醸酒で、九州以外ではあまり作られていない酒米の様です。

純米吟醸生酒なので飲み口は軽めと思ったのですが、結構辛口でした。
菊の里酒造が究極の食中酒を信条ととしている様で、吟醸でも辛口なので食事と共に飲める酒です。
辛い酒でも2~3日で飲み口が丸くなるのも在りますが、この酒は特に変化はなくやや辛口で不変でした。


2本目は小山市にある小林酒造の鳳凰美田で、生産石数は1200石在り栃木県内なら多くの酒屋で見受けられます。
飲み易さが好評だったので、純米吟醸生酒の4合瓶で試してみる事にしました。

評判に違わず飲み易い酒で、開栓後の吟醸酒特有の馨の立ち上がりも良い具合です。
ここ最近辛い酒が続いたので一寸拍子抜けな感じでしたが、天塩を肴に酒単体を賞味する形の酒です。
この酒、調べても原料米は不明でした。しかし、酒質から言っても良い米を使っている様です。
因みに、この酒も開栓後3日位置きましたが、飲み口は不変でした。


・大那 吟のさと(菊の里酒造:栃木県大田原市) 「純米,吟醸,生酒」
  原料米:吟のさと, 精米歩合:50%, アルコール度:16~17%,
  日本酒度:+1, 酸度:1.7, 価格:1680円(4合)

・鳳凰美田 純米吟醸 (小林酒造:栃木県小山市) 「純米,吟醸,無濾過生酒」
  原料米:?(酒造好適米), 精米歩合:55%, アルコール度:16~17%,
  日本酒度:+2, 酸度:1.4,  価格:1575円(4合)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/262-5f2e1146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ