FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
今回、函館から北海道に上陸したのは、八戸夜発のフェリーが取れなかったからです。
でも、廃線予定の江差線に乗る事が出来たので、結果的に函館上陸で正解でした。

江差線車内
江差線車内
天ノ川駅
天の川駅
廃線になると分かってから江差線・江差駅は大混雑で、江差駅は列車到着後、切符を買うのに30分以上掛かります。
15年前の春に一度だけ利用したことが有りますが、その時は1両に一人しか乗っていませんでした。
今回JR北海道のさよなら江差線の企画があったので、私もその企画の記念乗車券で往復し、硬券入場券セットを購入し江差線を後にしました。

江差線は道道5号線と並行して走っており、信号も無く踏切も殆ど降りないので、江差列車発車10分後にバイクで出発しても木古内駅で追いつきます。
道道5号線を走っていると、宮越駅を過ぎた辺りで私設の天ノ川駅が現れます。
私設の駅なので列車は止まりませんが、バス停でお分かりの通り、期間限定でバスが止まっていた様です。
この天ノ川駅、江差線の存続・振興の為に設置した物らしいので、廃線後はどうなってしまうのでしょうか。


神威岬
神威岬
国道337号線
国道337号線
翌日、天気にも恵まれたので、旬の雲丹と積丹ブルーを見るために積丹半島の方へ向かいました。
一時期、神威岬も積丹岬も崩落の危険から閉鎖されていましたが、今は補修されて先端まで行ける様です。
岬の先端まで往復40分の登り下りのある遊歩道なので、戻ってきた際に積丹ブルーソフトが一味旨くなります。

積丹で昼食を摂り、西へ向かうと札幌の辺りで日が落ち始めます。
札幌郊外を走る国道337号線は原野や牧地に新規整備された道で、片側2車線の直線道路が遙かに続きます。
撮影ポイントに良い感じですが、トラック等の交通量が多く、一般車も高速通過なので御注意下さい。


今回の(゚Д゚)ウマー
うに丼
雲丹丼
焼きとり弁当
焼きとり弁当
夏の北海道で雲丹の旬と言えば積丹なので、神威岬近くの「さわ」で生うに丼を賞味。
雲丹はバフンウニでなくムラサキウニで、開けてすぐのを盛ってあるので、臭みとかは無い柔らかい食感です。
その日取れた雲丹を出しているので、平日でしたが昼過ぎには売り切れになっていました。

函館のローカルコンビニとしてハセガワストアがあり、店舗内で焼き鳥を焼いて弁当にして売っています。
名前は焼き鳥ですが、鳥だけではなく豚肉も串焼きにして売っています。(寧ろ豚の方がメイン)
多めに買った焼き鳥・豚を肴にする為、黒ラベルを買ったら、GLAYのポストカードが貰えました。


今回の宿(キャンプ場)
函館ゲストハウス
みかさ遊園
三笠遊園
北海道の初日、函館ゲストハウスに予約を入れましが、どうも半分ライダーハウスの様な形みたいです。
ライダーハウスと言っても、貸切部屋は綺麗に掃除してあり、寝具も清潔な物が用意されています。
格安で泊まれるので、部屋にテレビは無く冷房も扇風機しかありませんが、無線LANが使えるので退屈はしません。

三笠近辺で、無料で夜でもある程度人がいるキャンプ場として、みかさ遊園キャンプ場でテントを張りました。
家族連れの多いキャンプ場で、ライダーの利用者は私一人でした。
温泉は桂沢湖方面に在り、買い出しは幾春別にコンビニが在りますが閉店が早いので、その時は三笠市街まで行く必要があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/272-97bb19ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ