FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
以前にHDD認識不能となったDVR-1/1.0Tですが、とうとう内蔵HDDがクラッシュしてしまいました。
PCに繋いで確認しても、BIOS段階で認識しないので完全に御臨終の様です。
HDD換装ついでにHDDの容量もアップしてみました。

東芝2TB HDD
DT01ACA200
換装後
DVR-1-2014
私が購入したDVR-1には、Seagate製のST31000528ASが装着されており、3年弱でクラッシュとなりました。
ネットの評判を見てみると、このHDDの型番は2年越えでクラッシュする事が多々あるので、平均的なのかも知れません。

今回換装するHDDとして選んだのが、容量2TBの東芝DT01ACA200です。
DVR-1はSATA HDDならば相性問題は少なく、1TBと2TBの価格差も殆ど無いので上記HDDを選択しました。

同じスペックでWesternDigitalのWD20EZRXもありますが、HGST(日立)のOEMということでDT01ACA200を選びました。
只、DT01ACA200は中華製なので、マレーシア製のWD20EZRXを選択するかは微妙な所です。

取り敢えず購入後は、PCに接続し初期不良が無いか確認を取ります。
1863.01GB≒20億バイトなので、指示容量も存在し、HDDとして認識できている事も確認できました。

後はDVR-1の旧HDDと換装するのですが、至って作業は単純です。
HDDを挿げ替えて、電源投入後、HDDを初期化すれば今迄と同様に使えます。
HDDが2TBあっても、HDD初期化自体は2分程度で終了します。

HDD容量が倍に増えたので、327時間の予約が可能になりました。
DVR-1シリーズは互換性重視にしている様で、姉妹品のDVR-W1は4TBのHDDを換装した人がいる様です。

このDVR-1を修理として電器店に持ち込んだ場合、HDD代+技術料で新品と等価の1.5万円は請求されたと思われます。
今回、HDD容量増大を含めても、修理の半額程度で済みました。

消耗品交換程度の修理ならば、ネット検索とバルク部品購入で修理可能な家電は幾らかは在ります。
ただし、下手をすると家電修理は感電の危険性があるので、自己責任でお願いいたします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/291-de34c1d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ