FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
MOTOROLA PHOTON (ISW11M)を持っていましたが、2年の縛りが取れたので解約してきました。
PHOTONは弄ればMVNOでも使える様になるので、ネットで検索を掛けながら弄ってみました。

SIMロック解除後
SIMロック解除
完了画面
MVNO化
作業をする前の注意ですが、Androidのシステムを「改造」する形になるので、補償の類を受けられなくなります。
それに失敗すると、スマホが立ち上がらなくなるので(通称:文鎮化)、その点を理解の上作業してください。

・必要な物
 PHOTON本体,PC,クレジットカード(SIMロック解除費用)

・必要とされるスキル
 中卒程度の英語力,コマンドプロンプト・ファイルの階層構造の理解

・作業の流れ
 SIMロック解除 → root化 → Androidシステムの書き換え → PHOTONのAP設定

私は以下のサイトを参考に、MVNO仕様化を行いました。
http://dekomoriutamaru.com/blog-entry-906.html
SIMロック解除費用は€4.99で、相場により変わるので722円の請求が来る様です。(2014.7.2現在)


基本、上記サイトで作業は完了するのですが、幾つかの補足説明を。
・「smali-1.4.2.jar」と「baksmali-1.4.2.jar」は新バージョンは使用しない
  新しいバージョンを使うと「c:\photon\tmp」の下に「out」フォルダが作成されず、先に進めません。

・ES ファイルエクスプローラー(1.5 Cupcake)によるSuperUser許可は早くやる
  もたもたしていると、この端末では使えませんという警告が出ます。

・pppd-ril.optionsの書き換え・保存に失敗したら、ES ファイルエクスプローラー(1.5 Cupcake)再インストール
  上記の許可の失敗や他の理由で、システムの書き換えが出来なくなっています。

私はMVNO回線として、下記のOCN モバイル ONEを利用しています。
OCNは日ごとの容量規制なので、速度規制がかかっても0時で解除されます。

OCN モバイル ONEを利用する際は、pppd-ril.optionsのuserとpasswordは契約書のユーザー名とパスワードを入れて下さい。

全ての作業が完了・成功すれば、写真右の様に3G通信同期の青アイコンに代わります。
上記作業でアンテナピクト問題・セルスタンバイ問題は回避されますが、アイドル状態の電池消費が大きいので、Deep Sleep Battery Saver等でバッテリーをセーブして下さい。

ちなみに、スマートパスは解約12時間以内にアプリが全削除になるらしいのですが、ドコモの回線になったのか未だに消えていません。
とは言う物の、スマートパスの新しいアプリは認証が必要なので、認証不要の一部のアプリしか動かせません。


↓OCN モバイルONE 標準SIM(クリックで飛びます)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/302-d26ab62e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ