FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
蕪嶋神社で祈願した御陰か、北海道上陸後、暴風雨は過ぎて雨も止んでいました。
苫小牧から洞爺湖迄、大回りできるほど天気も安定しているわけではないので、寄り道しながらの移動です。

登別温泉街
登別温泉街
室蘭港
室蘭港
行く途中に登別温泉があるので、温泉街の中にある共同浴場「さぎり湯」で先ずは朝風呂を愉しみます。
台風が来ていたので観光客は少なめでしたが、地元の人が多く来ているので午前中から盛況でした。
さぎり湯は無料休憩所もあるので、入浴後に適当な時間調整ができます。

胆振支庁の太平洋岸は道の駅が少ないので、室蘭の道の駅でうずらアイスでも食べながら一休みします。
台風一過で碧落一洗の青空がのぞき始めていますが、この写真の前後に散弾の様な突然の雨に襲われています。


洞爺湖
洞爺湖2014
ロングラン花火大会
洞爺湖花火2014
洞爺湖に着いてからは晴れ渡っていたので、夜になれば盆時期は湖畔で夜店や盆踊りもやっていたようです。
この日だけ特別だったかもしれませんが、湖畔にしても浴場にしても、日本語よりも中国語の方が多く聞こえていた気がします。

洞爺湖温泉と言えば毎晩花火大会をやっており、冬以外は15分位花火が打ち上がります。
写真の下に見える小さな光は花火鑑賞の遊覧船で、結構花火の近くまで行っている様です。
花火大会は9時頃に終わりますが、その後でも土産物店や飲食店が何店舗かは開いています。


今回の(゚д゚)ウマー
ホッキ丼
ホッキ丼
タラコ丼
タラコ丼
和風夕食
和風夕食
利き酒三酒
和風利き酒
フェリーターミナルから下船したら、朝食の為に一直線にマルトマ市場へ向かいます。
いつもホッキ丼とイカ刺しの様な気がしますが、ホッキ以外にも色々とメニューが豊富な店です。

登別の坂を下りれば虎杖浜迄遠くはないので、今年もたらこ家でタラコ丼です。
程良い鹹味が御飯に合う鱈子が乗っており、魚卵好きなら食べておきたい一品です。

北海道の温泉旅館は、安価な宿泊料金の割には結構良い食事が提供されます。
今回宿泊した和風では、豚のしゃぶしゃぶをメインとした懐石料理でした。
今回の食事のお供の酒は、二世古・八海山・山水の利き酒3種です。
この中で地酒は二世古だけですが、共に基本端麗辛口系なので万人受けする飲み口です。


今回の宿:洞爺湖温泉 洞爺山水ホテル 和風
湖畔に面していなく、一人用の部屋はさらに山側になりますが、一人でも格安で泊まれるコストパフォーマンスの高い宿です。
バイクは地下駐車場に止められ、wi-fiも一部の部屋をのぞけば館内の多くで使えるようです。
価格に対する設備の良さから、かれこれ3回目の利用になります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/307-dd109f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ