FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
道の駅で稚内だけ行っていなかったので、今回のツーリングは稚内に行くことが目的の一つでした。
天候不順で幾度か雨に降られましたが、宗谷支庁に入ったら碧落一洗の蒼天が広がりました。

エサヌカ線
エサヌカ線
宗谷丘陵
宗谷丘陵
稚内近辺を走る時は何時も国道沿いを走っていましたが、国道から外れた部分にライダー垂涎の道があることに気付きませんでした。
西に地平線の広がるサロベツ原野があるように、東側にはエサヌカ線と言う道路の果てが霞んで見える道路があります。
場所は分かりにくいのですが、晴天の下、地平線を目指し滑走する愉悦はライダー冥利に尽きるというものです。

宗谷岬から真南に丘を登り南下すると、奥にオホーツク海を控える宗谷丘陵が広がります。
晴天の日は青い空・海、白い雲・風車と、緑の丘陵地が良い具合の調和を醸し出します。
稚内迄遠く、途中寄る所も少ないのですが、上記の風景を見るだけでも来る価値があります。


白いダート
白いダート
ノシャップ岬の夕陽
ノシャップ岬夕日
宗谷丘陵から西側へ下っていくと、帆立の貝殻を敷き詰めた白いダートがあります。
写真は逆光気味で余り白く見えませんが、ダートの先に海に浮かぶ利尻島を見ながらフラットなダートを走る事が出来ます。
道を間違えると風車整備用のダートに入り、宗谷丘陵の奥地に迷い込むので御注意ください。

夕方になり雲が広がりましたが、水平線付近に雲が無かったので、水平線に落ちる夕日を見る事が出来ました。
利尻島は写真のもっと左側にあるので、同じフレーム内に夕日と島を入れるのは秋以降でないと多分無理です。


今回の(゚д゚)ウマー

ホタテカレー

ノシャップ岬丼
日本一の帆立の水揚げを誇る猿払の道の駅で、ホタテカレーを賞味してきました。
前迄は帆立の枚数で値段の違うカレーでしたが、今は6枚だけのメニューになったようです。
他にも帆立メニューがあり、持ち帰り用に帆立飯の道の駅弁もあります。

北海道に上陸して海鮮丼を食べていなかったので、ノシャップ岬にある「みなとや」でノシャップ岬丼を食べました。
色々な具材を食べられてお得な丼ですが、ノシャップ岬近隣の店舗は日の入り目安に閉店するので営業時間に御注意を。


今回の宿:稚内海員会館
南稚内駅前にある格安の和室メインの旅館で、バイクは建屋内に置かせて貰う事ができます。
稚内は南稚内駅の方が中心部の様な感じなので、近くに居酒屋も何店舗かあり、呑みに行く事もできます。
風呂・トイレは共同でwi-fiは使えませんが、朝食が500円で食べられるので、朝からしっかり食べられます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/310-377acba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ