FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
日頃、TVや新聞の代わりにPCを情報端末として使用していますが、マザーボード電池切れのCMOSエラーが出始めました。
PCの筐体を開けるついでに、HDDの増設も行ってみました。

PC内部
HDD拡張
HDDベンチマーク
MD03ACA200
マザーボードの電池はCR2032を使用しており、私のPCは3年半程でCMOSエラーが出始めました。
CR2032電池は2個100円で売っているものでも十分使えるので、PC使用の負担にはなりません。
前の電池を抜いて、新しい電池を入れるだけなので、特に技術は必要ありません。(写真左黄丸)

HDD増設に至ったのは、円安でHDDやメモリが高騰しており、更に値上がりしそうなので交換した次第です。
今回増設したHDDは、容量2TBの東芝MD03ACA200で、生産国はフィリピン製でした。
東芝の中国製は元日立(HGST)の工場製らしいですが、フィリピン製は元富士通の工場製っぽいです。

ミニタワーの筐体なので、HDDを置くスペースが無く、使う事のない3.5インチベイにHDDを設置しました。
只、ネジ穴の位置がHDDとはずれているので、ヤスリでベイをを削ってHDDをネジ止めできるようにします。(左写真赤丸)

HDD購入後、HDDと接続するSATAケーブルが無い事に気付き、近所のコジマ・ヤマダに行きましたが、SATAケーブルは売っていませんでした。
どちらの店もPC専門店を系列に持ちますが、ITバブル期とは違い自作PCパーツは置かなくなったようです。

結局、DVDドライブは殆ど使わないので、そこからケーブルを抜いて新しいHDDで使用しています。
当面は問題ないので、後は楽天辺りでSATAケーブルを注文し、到着後DVDドライブに接続します。
SATA規格になって、マスタ・スレーブの設定が無いので、そこら辺の自由度は高くなっています。

HDDフォーマットの後、CrystalDiskMarkでベンチマークテストを行ったら、写真右の結果が出ました。
結果を見る限り良くも悪くもなく、至って標準的なようです。
後は耐久性ですが、これは使ってみないと分かりません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/330-d81d293a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ