FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
気紛れに温泉宿の空きを調べたら、鬼怒川の温泉宿が空いていたので、そのまま予約。
鬼怒川・川治は一般道でも4時間で行ける、手頃な温泉地です。

鬼怒川温泉
鬼怒川温泉
鬼怒川温泉街
鬼怒川温泉街
今回泊まった宿が、鬼怒川温泉宿の最北の方にあるので、窓からは川沿いの温泉宿が一望できました。
バブル期に栄耀栄華の温泉宿も、川の左岸は廃墟が多く、機能しているのは右岸の宿が殆どです。

鬼怒川温泉の温泉街と言われるものは、くろがね橋近辺のみで他の個人商店は閉店が多くみられます。
大型のホテルも多いので、温泉地の娯楽はホテル内だけで済ませる所が多いようです。

ふれあい橋
ふれあい橋
鬼怒川公園駅前
鬼怒川公園駅
鬼怒川温泉に来たと分かる撮影ポイントとして、ふれあい橋と鬼の絵の描いてある階段があります。
鬼怒川温泉には国道・吊橋を含め5本の橋があるので、橋を渡りながら散策もできます。

丁度桜の時期だったので、鬼怒川公園駅前は桜が満開で見頃でした。
川の左岸(線路側)は狭いので駐車場は有りませんが、右岸の方は公園や広場の駐車場が幾つかあるようです。


今回の(゚д゚)ウマー
夕食
風夕食001
焼酎類
風夕食002
今回泊まった宿は格安でありながら、ビール60分飲み放題でした。
ビールはキリンとアサヒが飲み放題なので飲み飽きませんが、料理が少なめでした。
ビールで腹を膨らせようとしてピッチを上げて飲むと、時間差で酔いが回ってきます。
また、この宿は焼酎の揃いも良く、飲み放題と別に焼酎一杯無料券も貰えます。


今回の宿:復興御宿 富双江葉大馬 鬼怒川秘極の湯 風
料理に関しては上記の通りで、足りないならば簡単な物なら追加注文できるようです。
半年くらい前に改修再オープンした宿なので、室内は綺麗で、部屋の風呂はシャワー室に改装されていました。
格安ですが、宿泊客もそれ程多くないので、温泉も静かに入っていられます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/340-3e5fdba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ