FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
前回、蔵王・会津にツーリングに行き、帰路の棚倉でバイクが走行中にエンジン停止。
また三井ダイレクト損保のロードサービスにお世話になり、バイクは大田原のモーターサイクルショップイワモトさんへ。
修理も終わったのでバイクを回収してきました。

オルタネーターコイル
コイル
モーターサイクルショップイワモト
モーターサイクルショップイワモト
結論から言うと、オルタネーターが発電していなく、バッテリー上がりでエンジン停止に成った次第です。
エンジン停止までの予兆として、夏なのにエンジンが掛かりにくい、スロットルを開くと急激な加減速を繰り返す等の症状がありました。

修理はオルタネーター内のコイルのみ交換をしてくれたので、部品代自体は思ったより安く済みました。
しかし、オルタネーター自体がバイクの最深部の様な所にあるので、工賃は部品代と同じだけ掛かっています。

車のオルタネーターは新品が高価なので、廉価な再生品であるリビルド品を使う事があります。
只、交換は素人には困難なので、整備工場任せの人が多い様です。

店長の方に故障の原因を伺ったところ、コイルよりも途中のケーブルが焼損しているのか、焦げた匂いがしたそうです。
バッテリーに充分な充放電の能力が無いと、充電に回る電気がケーブル内に停滞の様な形となりダメージを与える様です。

この一月ほど前にバッテリーが突然死し、バイクが不動となりましたが、それ以前からオルタネーターにダメージが蓄積されていた様です。
安物の中華バッテリーは突然死で不動と成るだけではなく、それと繋がる電装系をも蝕んで行きます。

安物買いの銭失いと成らない為には、国産古河か国産GSユアサのバッテリーの使用をお勧めします。
↓定価で買うと高価ですが、ネットで探せば安い所も見つかります。
FTX14-BS , YTX14-BS

来週、北海道にツーリングに出る予定なので、タイヤも前後ダンロップ製に交換しました。
グリップ感がブリジストン製とちょっと違う感じですが、レビューは後ほど。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/353-7fb1caaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ