FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
稚内から礼文島に渡り、今回渡道の主目的である4時間コースのトレッキングコースを歩いて来ました。
前日と当日の朝に雨が降り、前半は泥濘の中のトレッキングでしたが、幸い雨は降りませんでした。
ネット上の礼文島は蒼天の下の写真が多くなっていますが、夏の道北・道東は曇天が多くなっています。

スコトン岬
スコトン岬
トレッキング道
礼文島トレッキング
礼文島のトレッキングコース起点はスコトン岬であり、バスは1日5便しかないので計画的に利用してください。
晴れれば樺太が見えたり、アザラシもいたりするようですが、この日はどちらも見られませんでした。
曽て宗谷岬と共に最北端を名乗っていましたが、厳密な測定で宗谷岬が北にある事が分かり、こちらは最北限を名乗っています。

ネット上の写真だとハイキングコースの様に歩き易い感じですが、コースの半分は上記写真の様に藪漕ぎ状態でした。
歩きにくいからと藪の方に足を入れると、穴が開いているところがあるので、まっすぐ歩いた方が良いようです。
北側斜面は乾燥しにくく、泥濘も解消されにくいので、足元を覆うカバーがあった方が便利です。


ゴロタ岬
ゴロタ岬
ゴロタ浜
ゴロタ浜
最初の難関がゴロタ岬の直前にあり、岬に近付くほど急勾配になり、岬で休憩を取らずには先に進めません。
急坂、藪漕ぎの艱難辛苦を越えて、岬からの風光明媚を満喫しようとしましたが、五里霧中で何も見えませんでした。
写真に写る黄色い花は礼文島の秋の花の様で、コース内には紫の花を含め、この二つが多く咲いていました。

ゴロタ岬を下りてもまた藪漕ぎですが、ゴロタ浜前後は階段状に整備してあり比較的歩き易くなっています。
ゴロタ浜の先に鉄府集落があり、限界を感じた方はここで道道方面に戻れば、2時間位で終わります。
澄海岬前にも急勾配・藪漕ぎがあるので、鉄府集落内で休憩とトイレを済ませておきましょう。


澄海岬
澄海岬
道道40号線
道道40号線
実質最終目的地である澄海岬からは、礼文島の西海岸が一望でき、車でも来られますが徒歩で来た方が達成感があります。
澄海岬には食事を摂る所もあり、朝スコトン岬を出発すれば、昼食時には澄海岬に着きます。
更にここから南下すれば8時間コースですが、途中で放棄できないので覚悟して臨んで下さい。

澄海岬から浜中バス停迄が4時間コースですが、船泊に宿を取っていれば浜中から30分弱で歩いて着けます。
日頃運動不足でありながら、船泊まで合計16㎞位を4時間で歩けたので、思った以上にハイペースで歩いていた様です。

宿に荷物を取りに行った後、バイクで来たので、礼文空港と金田ノ岬を周り軽く島内ツーリングを楽しんで来ました。
利尻・礼文共にレンタルバイクが5000円/日であり、稚内-礼文-利尻-稚内のバイクフェリー積み込み計1万円(750cc以下)なので、ミドルクラス以下ならバイクを持ち込むのも大して変わりません。
因みに、礼文島のコンビニはフェリーターミナル北にセイコーマート1店舗しかないので、トレッキング前の買い出しはそこでやっておいた方が良いです。


今回の(゚д゚)ウマー
海憧夕食
海憧夕食
うにおにぎり
うにおにぎり
今回海憧の予約を取ったのは、料理の評判が良く、この日も多品種の地元食材料理が出ました。
雨で漁に出られず、うには練うにでしたが、カニに刺身にと腹は充分に膨れます。
御主人の奥さんが元群馬県民らしく、ホームページからクーポンを発行すれば、群馬県民はビールが1杯無料です。

トレッキングで疲労困憊になり昼食を摂りませんでしたが、その後小腹が減ったのでフェリーターミナルでウニのおにぎりを買いました。
崩れにくい様に焼きウニだか蒸しウニになっており、腹も心も満足な一品です。


今回の宿:礼文島 民宿 海 憧
 元ユースホステルを改築した民宿であり、部屋も綺麗で冷蔵庫は共用の物が廊下にあります。
 コインランドリーは2カ所あり、風呂は男女別れていますが、トイレは共用なので使用の際は注意書きを見てください。
 格安でありながら食事もしっかり摂れ、休息も充分に取れるので、登山やトレッキングに良い具合の宿です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/355-d51e8856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ