FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
九州に上陸した後は、予約の取ってある嬉野温泉へ向かいます。
移動時間に余裕があったので、途中平尾台で観光目的の寄り道をしてきました。

平尾台
平尾台2016
千仏鍾乳洞
千仏鍾乳洞
新門司のフェリーターミナルからちょっと南下すると、秋吉台と並んで有名なカルスト台地平尾台があります。
道の両側に奇岩がゴロゴロしており、天気の良い日はハイカーの人も沢山見受けられます。

平尾台の地下には鍾乳洞があり、今回は国の天然記念物指定の千仏鍾乳洞へ行ってみました。
全長の半分の900m位まで電気照明があり、更にその半分の480mから先は写真の様に地下水の小川の中を歩いていきます。

最深部で大人の膝位まで水につかり、地下水が結構垂れてくるので、ライダージャケットを着ている人はそのまま着て行った方が良いです。
電気照明より先は立ち入り禁止にはなっていませんが、完全装備で自己責任で行ってほしいとのことです。(因みに滝が3つ位あります。)
入場料の800円で水の中を闊歩できる鍾乳洞もそうはないので、中々希少な体験でした。


嬉野温泉街
嬉野温泉街
遊歩道
嬉野遊歩道
今回の宿泊地である嬉野温泉は、斐乃上・喜連川と並ぶ日本三大美肌の湯で、共同浴場近くにはちょっとした温泉街があります。
共同浴場のシーボルトの湯がありますが、宿泊者は200円で他の旅館の温泉にも入れるキャンペーンもやっています。

嬉野はお茶が有名で、温泉街に茶の販売店の他に、緑茶を出す喫茶店も幾つかあります。
温泉街には足湯もあるので、散策ついでに足湯とお茶で休息するのも良いかもしれません。

温泉街と逆方向には川沿いに遊歩道があり、夕暮れ時は川面に夕日が綺麗に反射します。
温泉街にも酒屋はありますが、遊歩道の先にある酒屋の方が酒の揃いが良い様です。


今回の(゚д゚)ウマー
ちゃんぽん
チャンポン2016
一休荘夕食
一休荘夕食
温泉に行く途中、神埼市の味楽で昼食にチャンポンを食べて来ました。
豚骨ベースのスープに具沢山のチャンポンで、充分に腹が膨れました。
因みにこの店はラーメンが390円で食べられます。

宿の一休荘の夕食は佐賀牛の陶板焼きがメインで、他にも魚や煮付け等種類の多い献立が提供されました。
嬉野の地酒に東一がありますが、お隣鹿嶋市の能古見が気になったので、純米吟醸で乾杯です。
九州の中でも佐賀は日本酒が旨い所なので、旨い酒と地肴で羽化登仙の心地です。


今回の宿:嬉野温泉 低料金の宿ビジネスの宿 旅館 一休荘
 格安の料金でありながら上記の食事が部屋食で提供され、部屋に安楽椅子もあるので、椅子派の人も寛げます。
 温泉は広くはありませんが、貸切の家族風呂が二つあるので、窮屈な感じはありません。
 宿の中が古民家の様な鄙びた感じの作りなので、ノスタルジックな感じで宿泊が出来ます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/378-86839e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ