FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
標高の高い白馬は雨に降られましたが、大町まで標高を下げると雨が全くなくなりました。
曇天の冷涼な気温の下、2日目は佐久に向かってツーリングです。

千曲ビューライン
千曲ビューライン
岩村田祇園祭
岩村田祇園祭
白馬・大町から上田方面へ抜けるには、一部狭隘路が続きますが県道55号線を使うのが早道です。
長野県は南北方向にに尾根が走っているので、東西方向は山岳ルートになりますが、バイクには愉しいワインディングになります。

上田から別所温泉方面に向かうと、途中に千曲ビューラインに入るルートがあります。
上田~佐久間の国道18号線は混みやすいので、交通量が少なく景色も良い千曲ビューライン経由の方がお勧めです。

宿を予約した日に岩村田の街中で祭りをやっていたので、その地元の祭りを鑑賞してきました。
丁度中心商店街で祭りのピークになっており、神輿を担ぐ子供達に消防団からの放水が浴びせ掛けられていました。

その後、本業の人達の大きな神輿と、吹奏楽団の行進があり、花火が上がって終了でした。
因みに放水は観客側にも飛んでくるので、うかうかしているとびしょ濡れになります。


今回の(゚д゚)ウマー
黒部ダムカレー
福来家カレー
佐久ホテル夕食
佐久ホテル夕食
生酒
戸塚酒造
よもぎ焼酎
よもぎ焼酎
ジオそば
ジオそば
大町に来たら黒部ダムカレーを食べたいので、本業はラーメン屋の福来家でダムカレーを食べて来ました。
船に見立てたフライは鮭フライで、結構量が多いのですが、さっぱりした味わいのカレーなので小食の人でも食べられます。
150円の水が付き、黒四にかけて964円ですが、儲けが少ないのかメニューに無いので直接注文してください。

今回泊まった佐久ホテルは1000円プラスで夕食が付き、個出しの料理としては思った以上の物が出てきました。
更に写真から2品位追加され、酒の肴としてもおかずとしても充分な質と量の料理でした。

佐久ホテルのすぐ近くに戸塚酒造と言う小さな酒蔵があり、一部の酒を佐久ホテル専用ラベルの商品で出しています。
成分から見て本醸造の生酒で、軽い口当たりの中口の飲み口であり、料理に合う食中酒の酒です。

佐久ホテルは宿泊料金が格安なのですが、ホテル内で醸しているよもぎ焼酎と、栽培している天茶が無料で戴けます。
よもぎ焼酎を天茶で割ると甘口焼酎になり、幾らでも入って行くので、嗜む程度に戴いておいた方が翌日安心です。

翌日、内山峠越えで群馬県に入りましたが、猛暑で食欲が落ちたので、道の駅しもにたでジオ蕎麦を食べて来ました。
下仁田特産の蒟蒻をジオパークに見立てた蕎麦で、蕎麦に千切り大根が混ぜてあり、さっぱりとして食べ易い一品でした。


今回の宿:天然温泉 佐久ホテル
 長野県でも有数の古い温泉旅館の様で、過去に偉人の方も泊まっており、それが部屋名になっています。
 食事と酒は上記の通りで、基本二名以上の様ですが、閑散期は一名でも格安で泊まれます。
 温泉は冷泉なので加温ですが、湯船内が見え無い程の褐色の濁り湯で、ツーリングで疲れた体に温泉成分が沁みます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/387-7dfaa0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ