FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
前日に西神楽にテント泊したので、当日は朝7時に美瑛に着く事が出来ました。
夏の休日は美瑛・富良野は大渋滞なので、朝一で動き出すのが吉です。

青い池
青い池
吹上の湯
吹上の湯
左の写真は、盆時期ならば美瑛の道の駅から到達するだけで4時間かかる通称青い池です。
上流にある温泉からのアルミニウム成分が池に混入し、波長の短い青い色が屈折し写真の様に見える様です。
立ち枯れの木々と青い湖面に映る遠景を愉しむならば、人影の少ない早朝の方が良いです。

青い池から上流方面に向かうと、曽てドラマでも使われた無料の吹上の湯があります。
こちらの温泉、更衣室がタープとスノコしかなく、源泉温度が高いので水流入のホースを外されると熱くて入れません。
水で埋めて辛うじて入って来ましたが、短時間でも湯あたりを起こして、岩場でこけました。


ファーム富田
ファーム富田
地獄谷
地獄谷
初めて北海道に行った際にファーム富田に行き、20年ぶりに再訪したら以前よりも遥かに大きく成っていました。
地物のラベンダーは終わっていますが、ハウス内には残っており、8月はサルビアが沢山咲いていました。
向かいにはとみたメロンハウスが出来ており、メロンやソフトクリーム等の軽食が食べられます。

ツーリング最終日前夜は大概温泉宿に宿泊しており、今回は登別温泉で硫黄泉を満喫してきました。
典型的な観光温泉街で、土産物屋林立の温泉街を抜けると地獄谷や、ロープウェイ利用でクマ牧場等もあります。
地獄谷は中央の噴泉池迄行く事が出来、その後展望台を周遊するルートで、温泉街から程良いぐらいの散策となります。


今回の(゚д゚)ウマー
万世閣夕食
万世閣夕食
イトコ丼
イトコ丼
白いカレーラーメン
白いカレーラーメン
北海道のバイキングは結構上質な物が提供されており、万世閣は北海道地物を生かした物が沢山あります。
写真の他に一人用のジンギスカンや、自作ラーメン等もあり量も種類も十分満足できます。

翌日余った一日で余市迄走りに行き、柿崎食堂でサーモンとイクラのイトコ丼を食べて来ました。
相変わらず昼過ぎでも大混雑ですが、新鮮な魚介類が比較的安価で味も良いのでお気に入りの店舗の一つです。

毎度の様に、北海道最後の食事は苫小牧味の大王でカレーラーメンを食べました。
変わり種の白があり、チーズとメレンゲが沢山載ったカレーラーメンで、白成分で辛さが若干抑えられます。
ジビエ餃子等の独特メニューもあり、スマホクーポンで煮卵が追加されます。


今回の宿:登別温泉 登別万世閣
 食事は上記写真の通りで、朝食も北海道食材を前に出した多品種な料理が提供されます。
 温泉は露天・内風呂共に濁り湯の硫黄泉で、サウナやジャグジーも併設されています。
 基本和室の様ですが、御一人様は洋室のベッドルームが比較的安価で利用できます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/394-89c31032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ